IWGB
FC2ブログ

伏線というか構成の妙

2019.01.16.Wed.19:12
一度ブン投げた「あめぐれ」終わりました-。

投げた理由は前に言いました
序盤のテキストの表現が異様に引っ掛かったのが1つ。
なんでこうも単語覚え立ての中学生のような
いちいち気取った言い方するのだろう?と。

そこを乗り越えて序盤のクライマックスまで行けば
あとは普通に楽しめただけに、
序盤のかったるしさがちと解せませんでしたね。

で、序盤のクライマックスを経て一気に緊張感が増してからの
ガラッと展開が変わる中盤については・・・正直ちょっとダレますね。

各ルートの主人公の言動に
「や、もっとできることあるやろ」とか
「何度もやり直してる割りに学習しないなぁ」とか
「またやり直せる」という甘えがあるためか
主人公の甘さと緊張感のなさが目立ちまして。

ただ、サブを除く各ヒロインの√は
キャラとのイチャコラが思った以上に濃かったなと。

今作同様、冬茜氏がシナリオを担当した「彩頃」は
キャラよりお話の筋やら伏線を重視したようにも見えたのですが
今回はそこへの描写も増えたように思えました。

で、面白いと思ったのは某ヒロインの扱い。
一旦個別で投下しておいて
「あれ?イチャコラしないで終わっちゃったよ?」
って思わせてからの、後で再度出番となるところ。

あえて一旦間に置いておくことで
再登場になってからの存在感が違うなぁと。

前述の「彩頃」はメインヒロインに個別が存在しない、という仕様。
今回もソレに近い仕様ですが、そのうち彼女の場合は
一旦その前に仮にでも個別を置いておく、というやり方は
後になっての違和感もなく上手いなぁと。

ということで、コトハ終盤からクライマックスに至るまでは
相当に楽しめました。

で、クリア後の「アフター」が某ヒロインの個別ともなるワケですが
かなりお遊び要素の強いストーリーで、
某ヒロインとの兼用でもあるので、これも正直ダレるなぁと。

某サブと片方が実はエロエロだった、という以外見所が少なくて、
これなら中盤の個別でイチャコラしてた2人のアフターのほうが
最後までちゃんと締めてて面白かったな、と。

ということで
序盤と終盤のクライマックスはかなり楽しめた、
けど序盤の序盤と終盤の終盤は正直アレだった、
ってのがワタシのシナリオの印象になりますね。

絵の方では。
塗りのせいなのか、各ヒロインの焦点が
イマイチあってない印象を受けてまして。
おかげで「実は集団で洗脳されてて、
それを解けばみんなマトモな視線になるのかも」
ってくらいに思うくらいには違和感ありました。

また原画のほうでも、キャラデザの安定感はさすがですが
前作や「マジチャ」に比べると
ボディラインが一部が妙にコンパクトだったり
表情が時々別人みたいになったり
「あれ?」って思うレベルで正直雑っぽさを感じたところが
いくつかありました。

コトハさんにはあまりソレを感じなかったので
ロリっぽく見せようとするデフォルメが崩れたのかなぁ、
という感じで見てました。テキストだけでなく、
これも序盤でしんどさを感じた理由の1つでしたね。

音のほうでは。
クリスマスソングのアレンジを中心としたBGMや
ヴォーカル曲のクオリティはさすがSolfaの安定感、
という印象ですがボイスでちと違和感が。

特にキリエはロリな見た目の割りには少し低い声で
だいぶ大人びた印象のあるボイスだったなぁと。
後になってみれば、「ああ、その印象で正解だったんだ」
とは思ったモノの、これも序盤の違和感の1つではありました。

そんなところで採点表↓
amagra.jpg
あんだけ難癖つけてこの点数。
要は「盛り上がるところは素直に楽しめた」ってコトに尽きます。

これで「序盤の序盤」と「終盤の終盤」が
それなりにまとまっていたら、
もしくは絵が「マジチャ」クオリティに達していれば
更に点数は伸びたと思われますが・・・

まぁ序盤で一度ブン投げたことを思えば
相当なV字回復を見せたと思いますね。

冬茜氏&しげた氏の次作も楽しみですが
きゃべつそふとが次、
誰をライターに起用するのかも楽しみなところ。

そういやコレがあったっけ

2019.01.11.Fri.23:14
帰宅したら↓が届いてました。
190111.jpg
「こいあま」と「たとえばこんな恋物語」の同人ソフト2本です。

ここんとこ、毎日のように「メロブ」か「とら」でポチった
薄い本やら寝具やら届いていたので、もうなにをポチったのか、
詳細までは覚えてませんでした( ̄▽ ̄;)ゞ

っつか「たとえば~」のほうはカードのみなのに
「こいあま」と同じダンボールで届いたので
「あれ?中身がない\(^o^)/」と一瞬誤認しましたw
危うく箱ごと捨てるところでしたわ。

で。
今プレイ中の「あめぐれ」が
ワタシ的に2018年作品のラストのつもりでいましたが
この2本も一応2018年作品になりますかね。

まぁこちらは1日で両方クリアできると思うのでまた後日。

話は逸れますが、「さくらもゆ」の1週発売延期には噴きました(ノ∀`)
さすがに更なる延期はないですよねぇ。

今月予定が続々来月に流れているので、
来月のワタシのライフはもうゼロ以下が確定しておりまして(ヽ´ω`)

長く重そうなお話になりそうなので、
この作品だけは月内に出て欲しいと本気で思っております(ノ∀`)

あと1本なんですが、のっぴきならない状況に( ̄▽ ̄;)

2019.01.10.Thu.23:09
「ぱられろ」を終えたところで、残す積みゲは
先日一旦保留した「あめぐれ」だけ。

一応辛抱してOPムービーも終えた頃には
普通に読めるようになってきたので
これならなんとかなるかなぁ・・・

と思った矢先のこと。
年末普通に着てたスーツが
クリーニング屋から帰ってきたのでズボン穿いてみたら。

キツすぎる\(^o^)/

なんとか入らないこともないですが、その状態でしゃがんだら
たぶんケツからビリッと逝きそうな感じ( ̄▽ ̄;)

たったの2週間で人はこうまで堕落できるのかと
身を以て思い知りました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

「あめぐれ」も進めて逝きますが、向こう2週間、
炭水化物抜きの自作弁当もこさえつつ
有酸素運動を継続することにします('A`)

これだけで1日2時間は消費してしまうので
エロゲはちょっとペースが落ちると思いますが・・・
まぁ「あいミス」に課金するよかナンボかマシか(;´▽`)y-~~

テキストは熱い&絵は・・・

2019.01.08.Tue.17:59
「ぱられろ」終わりました-。

空を飛ぶ架空のスポーツがメインとなるお話。
同様な設定を持つ大先輩として「あおかな」がありますが
あちらが個人対個人のスポーツに対し、
こちらはチームプレイの球技という点で
より描けるもの多かったかな、という印象。

いやぁ、率直に言ってここまでスポ根のエロゲも珍しいっすねw
描けるモノの多くをスポ根に極振りした内容だったように思います。

主人公サイドだけでなく、各チーム、各キャラに
背負ったモノ、譲れないモノがあって、それを丁寧に描写しつつ
試合でお互いの意地をぶつけまくる、ホント熱いシナリオでした。

特に大会優勝まで目指すメインルートはもう恋愛の「れ」の字もない感じw
本大会前にドロップアウトするのが各個別、という珍しい仕様で、
何を描きたいのか明確すぎるくらい明確なお話でしたね。

また、正直、演出面においては「あおかな」とは比較にならないくらい
貧弱なシステム周りだったと思うのですが
それでもなんとかテキストで表現しよう、
というライターの意地みたいなモノも感じられました。

画面上では使い回しの絵と線しか表示されてなくても
バスケ経験のある人ならどんな攻防が繰り広げられているか
おおよそ想像できるテキストになっていたと思います。

前作「イストリア」では、誤字の余りの多さに愕然としましたが
今作ではそこも大幅に解消しながら
(他に比べるとまだ多い方とは思いますが、今回は普通の範囲内で収まってると思います)
テーマに熱く、でも描写は丁寧に、という前作の良さは
しっかり引き継いでいて、非常に読みやすいテキストだったと思いますね。

ワタシは4日ほどで全編クリアしましたが、
その間1日の睡眠時間を3時間に削り続けるくらいには
惹き込まれるテキストしてました。

各個別では本編に比べて大幅に熱量が削られますし
各ヒロインとのイチャコラも正直弱いと思うのですが
書きたいのはそこじゃないんだろうし、という点で
ワタシはナットクも理解もできました。


反面、絵についてはあれこれ慣れるのに時間掛かりました。

桐葉さんの絵柄・キャラデザのクセというか個性が
「イストリア」の頃よりだいぶ強くなった印象です。
独自路線をかなり進んで来たなぁと言いますか。

少しひしゃげた輪郭線にかなりきついツリ目の皆さん達に
「あるぇ?」という第一印象があったのは正直なところ。

そうじゃないロリ系サブの皆さんの存在で
ある程度の幅は感じられましたが
かなり好みの分かれる絵柄になってきたなぁという印象ですね。

また、前述のとおり、試合中の表現・演出が
グラフィック面ではかなり貧弱だったように思います。
試合中のグラフィックは各キャラ1つ固定で反転絵との使い分け。
試合のポイントとなるプレイですらテキストに依存の表現。

1対1の要となるリジェクトの演出もワンパターンで
さすがにライターに同情したくなりましたね。

あとはその使い回しの絵なんですが
玻璃のケツ丸出しのユニフォーム姿は
もう見るたんび違和感しかなかったですね。

や、そりゃタイツ的な物は装着してるんでしょうが
水着にも満たない、なにも穿いてない同然なラインが出る姿で
誰も何も言わない、っていうところに
玻璃の痛々しさが出てるように感じられて
「や、これもうやめたげて」ってこっちが目を背けたくなるくらい
正視に堪えかねる姿でしたわ。

そんなところで採点表↓
pararero.jpg
絵次第では90後半も有り得ましたかねぇ?

とは言えそこの解消も難しい気がしまして。
絵柄は好みの問題ですが、おそらく今後は
更に独自路線を突き進むように思います。

演出面の弱さは物理的には解消可能だと思いますが、
とは言え、そこは予算の問題でもあると思いますので
そこが次作から劇的に変化するとも考えづらく。
結局ここもテキスト依存の独自路線になるのかなぁ、と。

次作のシナリオ・絵への期待度は
前作終了時とは正反対になった気がします。

とは言え、進化のスピードが物凄く速いラインなので
その爆発力にも期待したいとこですね。

普通にクラブ活動モノだった(・∀・;)

2019.01.02.Wed.21:12
「言夏」ラスト√含めてオールクリアしました。

序盤に思った事は
「あれ?桜川さん以外、みんな声色やイントネーションを
いつもとはあえて変えてる」
ってところでした。

いつもより高くぽやっとした雰囲気の遙さんに
いつもより低く抑え目の秋野さんに
わざとらしいくらい甲高くお嬢言葉のくすはらさん。
サブの橘さんも随分印象が違うなぁと。

この演技を前提に更に声優部員として
「演技の演技」を重ねてきますから
序盤は「これからどんな化かし合いが始まるか?!」
って印象を受けるくらいのインパクトがありました。

いや、殺人でも超常現象でもなんでもありのシルプラ作品で
ライターさんも「アペイリア」を手掛けた範乃氏でしたし
このいかにも日常な学園モノからどう変わるのか・・・
ってくらいの覚悟をしてまして。

それが1周目の先輩クリア時点で
「アレ?普通にクラブ活動モノ?」と
今更ながらにそこに気付くというw

声優部の活動を通して、各ヒロインが抱えたモノを
(イチャコラしながら)各ルートで1つずつ解消して
声優グランプリに挑む、という
シルプラにあるまじき王道ストーリー。

とは言え、詞葉と主人公の掛け合いに、
少しズレた部員達とのやりとりは
普通に学園モノやってたライターさん達とは
ひと味違うテイストになってたように思います。

作中の「声豚」に集約されますが
オタクの心理を上手く代弁した主人公のセリフの数々は
やたら「オタクあるあるネタ」をブッ込んでくる他作品より
深いモノを感じましたね。

世界観がリアルなだけに「アペイリア」ほど
ヘヴィとコメディの緩急の差はなかったと思いますけど
その分、各ヒロインとのイチャコラ要素というか
萌え描写の割合が随分増えたなぁと。

ヒロインのダメなところでの可愛さの見せ方が秀逸で
主人公がヒロインのことを可愛いと思うタイミングで
プレイヤー側も「こら確かにかわええw」とナットクずくで
イチャコラに入るというか。

個人的にはゆう√が一番好きですね。
萌え描写もラストの泣き所も
非常にツボを押さえてるように感じられました。

逆に気になった点は3つですかね。
1つは単純に誤字の多さ。
線香花火1つ取っても「線香」「閃光」とゆらぎがあって、
この作品中では他に「せんこう」ってなかったハズなので
単なる変換ミスにしてもちとアレかなぁと。

2つめは奏が以前から主人公に好意を持ってるっぽい理由は
結局明かされなかった事。
あのあだ名を知っててそれでも
好意を寄せる理由はなんだったのか。

あと3つめはラスト√開始時点では
主人公は誰とも付き合ってないワケですが
各ルートで展開された設定はそのまま生きてますから・・・
ゆう渾身の例のエチュードがめっさ浮くなぁとw

付き合ってもないクラスメイトの前で自らご開帳ですからね。
それでもゾーンに入っちゃえばやっちゃえるコ、
なのかもしれませんが、ちょっとフォローは欲しかったかも。

絵の方では。
これまでのひなたももさん原画の作品でちょいちょい気になってたんですが
「ヒロインが仰向けの時のB地区の位置に違和感がある」という傾向が
今回も感じられる絵がありました。
いや、ブラなしで仰向けになれば両おっぱいは外に開くのはわかるんですが
それを勘案してもちょっとズレてね?と。

また、破壊力のある絵は評価10レベルで攻撃力高いんですけど
表情なり体型なりが「あれ?」っていうレベルで違和感ある絵もあって
8止まりになった感じです。

そんなところで採点表↓
kotonatsu.jpg
絵が9まで行ってれば90点台もあったかなと。

あと先述した、「いつもと違う声」ってところが
もしいつもと同じ演技をしていたなら、
ワタシ的にはそっちのほうが点数伸びた印象もあります。

とは言えFDが出たら確実に買うかと思います。

ちょうど30/50ですか

2019.01.01.Tue.21:31
げっちゅ屋の2018年通販セールスランキング
他のショップは店舗特典付を売り切ったらもう終わり、なんですが
(げっちゅは発売日以降でも特典付を追加で作成して売ってるので
ワタシ的には割と信頼性の高いランキングと思っております)

上位50位までが公開されてましたが。

ワタシが購入した作品はちょうど30本。
6割は多いのか少ないのか(ノ∀`)

まぁ、「すばひび」「あおかな」「戯画ロイヤルスウィート」といった
リメイクや過去作のBOX版については
既に全作プレイ済なのでスルーした、ってのもありますけど。

にしても1位・3~5位はナットクですが、2位をはじめ
まったく想定できない作品も上位に結構来てますねぇ。
そしてRPG&バトルモノがここまで強い年も珍しいような

ワタシ的に高評価した作品も結構漏れてて
「やっぱワタシの嗜好は世間様と少しズレてんなぁ」
と再自覚。

なんだかんだ売れてナンボ&近年厳しい業界なので
個人的に応援したいブランドさんが今後も生き残れますように、
と願うばかりですねぇ。

【あけおめ】謹賀新年2019【ことよろ】

2019.01.01.Tue.00:00
新年 あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。


このブログも6年目となり、前にやってたサイトより
長く続けてることになりました。
・・・そらエロゲーマー歴10年にもなりますよねー、と(ノ∀`)

で。
この10年、後悔したのは大概
「あの抱き枕買っとくべきだったー」か
「あのクラウドファンディング参加しとくべきだったー」
くらいなもんなので今後もだらだら続けて行ければ、
と思っております。

で。
個人的には今年も昨年一昨年同様、
年初にラッシュがあります。
1月11本・2月16本を購入予定。

全部を挙げるのもアレなので、期待度A以上と化けるかも、
とダークホース視してる作品をピックアップ

【1月】
A+:ソーサレス・アライヴ
A:はぴねす2
A:めくいろFD
A:ネコ神さまとななつぼし
A-:さくらもゆ
☆:Love Clear

【2月】
S:金恋GT
S:僕の未来は、恋と課金と。
A:黄昏のフォルクローレ
A:SPIRAL! !
A-・アママネ
A-:さくらいろ、舞う頃に
☆:レイルオラの略奪者
☆:年上彼女のあまやか同棲

【3月】
A:アオナツライン
A:スタディステディ
A-:リアライブ

質量ともに2月が今年最大のヤマ場になりそうな予感っすね。
S2つにみかん会社の2つは年間トップの有力候補かと。
ロープラ作品もそこそこ好位置につけそうな気がしてます。

「レイルオラ」は3rdEYEの前作考えたら、
本来A以上にはしなくちゃいけない気がするのですが
公式サイトの絵柄見るとあんまりピンと来ないと言いますか。

あと、当初はAだった「夢と色でできている」は無印に落としました。
や、製作の期間中にkaroryさんの絵柄、(悲)劇的に変わってますよね。

一番わかりやすい比較は店舗特典ページなんですが
そこの上部にあるバナー2つ、どちらも姫色の絵ですが
「豪華版抱き枕カバー」が現在、
「店舗購入特典」が公式サイトオープンの頃、
まるで顔が違って見えます。

各店舗特典見ても、げっちゅのは多分過去絵、
豪華版の抱き枕カバーや祖父の特典は現在、
って感じで正直「現在」のほうは「あるぇ????」と
首を傾げちゃうレベル。

某氏に絵柄を丸パクリされたのは
お気の毒としかいいようがないですが
その某氏よりボディの描き方が上手かったハズなのに
どうしてこうなった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

当初は複数買いも覚悟してましたが、
たぶん1本のみで落ち着くと思います。
ええ、げっちゅのみで十分かと。

その他ではCLEAR RAVE、WILL PLUS、戯画、あざらしの
ロープライス展開のうち、ハマれば「9」以外でも
ひとつくらいはドカンと90以上来るかも、
くらいな期待はしてます。

あとは「しゅがてん!」メンバー再集結の新作は
年内間に合えば期待度Sですね。


そして、今年の目標ですが、エロゲ・グッズ類はもう
立てるだけ無駄なので立てません( ̄▽ ̄;)ゞ

ただ、ネトゲに関しては課金額1ヶ月で5000円まで、
としておこうかと思います。
オーバーしたら、翌月分からその分マイナス、って事で。
・・・自分で言ってて、これも立てるだけ無駄な目標だなぁ、とは思っちゃいるのですが

まぁそんなワケで、2月から本気出す、っつー事で
本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m