IWGB

たぶん今のオレはツイてる、と期待して(ノ∀`)

2017.10.22.Sun.03:01
「あかときっ2!」を先程終えましたが、感想はまた後日でおなしゃす。
とりあえず、競馬ヤメても毎年ダービー・菊・有馬は買ってますので
今年も参戦ということで。

土曜日の京都の結果を見ましたが、菊と同じ芝の外回りコースでは
人気のディープ産駒が飛んでキンカメ・ジャンポケ・ステゴといった
産駒達が上位に来てましたね。

明日は更に馬場が重くなると思われるので
もうディープは全部ぶった切りましょう。

クソ長くなるので続きは追記にて。
続きを読む "たぶん今のオレはツイてる、と期待して(ノ∀`)"

無駄な時間を費やしてばかり(ノ∀`)

2017.10.19.Thu.02:58
今日、休みだったのでちょっくらアキバに行って来ました。
目的は「金恋」のパンの缶詰を買いに。

ところが祖父の1号館・4号館ともに
エルだけ山積みで他は完売。・゚・(ノ∀`)・゚・。

エルの不憫さに泣けてきましたが
高速かっ飛ばして不発に終わった自分も
いったいなんだったのかと。

ちなみにエルも買わずに帰りました。
や、全種類揃ってれば3つずつぐらい買う気でいたんですが
エルだけ買うのものなぁと。
こんだけ捌けてれば、いずれまた再発売あるでしょ、
ということで見送ってきましたわ。
とはいえ、理亜だけ山積みだったら
たぶんあるだけ買った気もするので
やっぱりエルに申し訳ない気も( ̄▽ ̄;)


で。
一昨日から「あかとき2」をプレイしてるんですが
案の定ですね。

バトル1回に平気で1時間以上掛けてしまうので
どうしても鈍行に( ̄▽ ̄;)ゞ

や、今月分発売まで1週間って状況で
まだあかとき以外にもう2本ありますから
鈍行でモタモタやってるヒマはないハズなんですが・・・

こだわってしまうんですよねぇ(ノ∀`)
おかげでアキバ以外について休みをほぼ全部
あかときに費やしたのに、まだニナと依乃里しか
クリアしてません(;´▽`)y-~~

プレイ時間はもう軽く20時間以上やってる気がするんですが。

自分の変態性が如実に出たはフリウフラウ様。
発売前から一番気に入ったキャラだったんですよね。
セクシーで気品のある悪の女幹部、とか個人的にめっさ反則でw

ところがなかなかフリウ様とバトれない。
依乃里回のラストでようやくバトれましたが・・・
難易度ハードなのに簡単に倒せてしまって
思うように脱がせられないというオチ(´・ω・`)

ちょっと考えたワタシは、
その前にクリアしたニナ√も合わせて
まるごと最初からやり直しました(ノ∀`)

や、やり直し分はさすがに速攻でバトルを終わらせるので
思ったよりは時間掛かりませんでしたけどね。
でもさすがに自分でも「オマエなにやっとんのや」と
自己ツッコミは入れてました。

で、やり直し分からは、
途中参加のマシロのアタックのパラを初期値のまんまにして
回復魔法だけさっさとコンプ。
普段のバトルは回復専門にして、女ボスの時だけ
ちくちく削って脱がせる係に任命(ノ∀`)

で、やってみたんですが、
アタック値が低すぎると、HP以上に服を削れない(´・ω・`)
結局元データより効率悪いくらいでしたね。

とは言え,やり直し分がまったく無駄になったワケでもなく
ニナ√クリアで貰える「ククリクの指揮棒」をマシロに持たせると
なんとか元以上のコスパが得られました。
(HP削る分より服削る分のほうが高い、ということです)

これ、普通だと服も削れるんですけど、
HPも結構削っちゃうんですよね。
ただ、キャラの攻撃力初期値のままなら
幾分攻撃力も落ちますので、まぁ多少は使えるかなと。

で、使えることがわかってから更に30分。
何度もフリウ様のバトルに明け暮れ
「下から脱がす」とか「帽子と靴だけ残して全裸」とか
あれこれフォルダに収めてとりあえず満足(ノ∀`)

これでようやく次章に逝けそうです。
や、ほんとオレなにやってんだろう?
脱衣モノになると明らかにペースが狂います(;´▽`)y-~~

長期延期作品ではありがちではありますが

2017.10.17.Tue.23:07
数日前に終えてた「ファルネーゼ」の感想を。
(前回分の感想はコチラ

前回分で似たような言いましたが、推理モノではあるのですが
純粋な推理ゲーとして見ると、トリックやら裁判の流れはだいぶ単純です。
ただ、その分、推理ゲーにありがちな、強引なミスリードがないので
(正解がわかっているのにムリヤリ展開をそらす流れや選択肢のことです)
プレイヤー側のストレスはないかな、と。

この作品の裁判の目的は真実を明らかにすることより
いかにして脱がせるか、ということのほうがメインですしw

で、前回分では未プレイだったファルネーゼ√の5話と
最終話となる6話をプレイしたのですが。

それまでにセットした伏線・設定はほぼ全部回収してましたね。
そうなると高得点を期待・・・というところだったのですが。

終盤はだいぶ力づくでしたねー。
抑え気味の容量の中でなんとか全部語りきって終わった、
という印象で、正直もうちょっとメリハリが欲しかったです。

設定自体は悪くないというより
それなり以上の完成度はあったと思うので
もうちょい長く出来ればいくらでも演出できたろうに、
と勿体なく思います。

引っ掛かったところはオリヒメ√ラストで明かされる設定。
「主人公はどこでソレを知った?」という説明がなかったことくらいですかね。

また終盤のクライマックスを
裁判所(教会)でやるのは正解だと思うんですが
そこでなぜシナリオを一本道にしたのかと。

そこまで脱衣裁判メインできたのですから、
最後までその流儀は貫いて欲しかったですね。
憑依しているラスボスも脱衣させてやるわ、
ってくらいの流れが欲しかったですねw

ファル√と6話は裁判自体が
だいぶ軽くなっててちょっと残念でした。

この作品、一度、発売日が大幅に延期されてますが
その間にここら辺の設定回収を徹底的にやられたとは思うんですよね。
ただ、最後はほんと帳尻合わせに汲々としてた感じで
それまでの良さを消してしまった印象でほんと勿体ないなぁと。

あと全部通してやってみてわかったことですが。
この作品、立ち絵のある女性キャラは1名を除いて全員脱ぎますねwww
ちなみに除外の1名は「や、お前は脱ぐな」という人なのでナットクwww
しかもその中で実年齢39歳自称10歳の合法ロリ1名を除いて
他は全員どっかの裁判で脱がされる対象になるとw

やっぱメインはこっちなんだなぁ、と実にナットクの仕様で
そこは大いに評価したいとこ。
ほんとラストまでこれで突っ走ってくれてれば(´・ω・`)

というところで採点表↓
faru.jpg
終盤の展開が楽しめてたらシナリオは9まであったと思うんですけどね。
そうしたら満足度も92オーバーにはなってたと思います。

キャラのほうでは、メインヒロインのファルネーゼを
どう捉えるかでちょっと判断分かれそうですよね。
よくまぁここまでウザカワイイ路線にしたもんだとw

ただ、ジャクリーンさんとイブさんの
キャリアウーマンなおねーさん2人が
相当に良いキャラしてたので安定感はありました。

またBGMもさり気にレベル高かったですね。
中世の欧州的なメロディが続いてかなり雰囲気楽しめました。
ヴォーカル曲さえマトモならもっと高得点になってたかと。

続編、もしくはまた脱衣裁判モノが出た場合ですが、
引き続きゆき恵さん・なえなえさんが原画をされるなら
まぁ間違いなく買っちゃうでしょうね。

やー、イベントCGの破壊力もなかなかでしたが
それ以上に、裸の立ち絵の攻撃力が良かったですわw

今日は寝るもうむりぽ(;´▽`)y-~~

2017.10.15.Sun.22:34
プレイ中の「ファルネーゼ」全部終わりました。
ただ、採点記事は後日でおなしゃす。

や、睡眠不足が酷くて
今日も仕事中に何度か寝落ちしそうになりまして( ̄▽ ̄;)
明日はもともと仕事後に飲みの予定も入っちゃってますので
いい加減睡眠時間を確保しないといけない状況なもんでサーセン。

や、自分でも今更思いますけど、
なんでオレこんなに脱衣モノに弱いんだろう?(ノ∀`)

まぁ小学生の時にプレイした脱衣麻雀が
ワタシのエロゲデビューですからね。
原点がそこにあるということなんだろうと
ワケのわからない納得をしておきます。

あとはいきなり話がぶっ飛びますが
どみるの新作が凄いっすねぇ。

絵師とライターさんの名前しかまだ確認してませんが
もはやコンビ絵師になったのかという
ちこたむさん・鳴海さんの前作からのスライド登板組に
ひさまさん・鳴瀬さんのどみる初参加組。

鳴海さんは前作「初恋サンカイメ」のゆりのさんが
キャラデザ的にかなりツボに来たので
ブランドとの相性というか塗りの相性は相当に良いと思うんですよね。

また最近のひさまさんはいろんなブランド・会社で
精力的に仕事されててちょっと凄みすら感じてます。

また鳴瀬さんのどみる登場も驚くばかり。
ままれの2本はワタシ的にドストライクな絵をされてたので
どみるの塗りならソレに近いモノを期待できるかなぁと。
正直ensembleでの復活登板はちょっと不発に思えたのですが( ̄▽ ̄;)

や、これは特典目当てで何本買わねばならんのだろう、
という問題が確実に発生しますね(ノ∀`)

というところ。
とりあえず今日はさっさと寝んベ(ヽ´ω`)

回避したつもりがめっさクリティカルヒット

2017.10.14.Sat.01:52
前に「彩頃」の次は「あかとき2」をやる、
とか言ってた気がするのですが。

今アレをやるとまた脱衣バトルに明け暮れて、
先月末の「Re;Lordフルマラソン」の時のように
睡眠不足に陥るのが目に見えていたので
予定を変更してました(ノ∀`)

その次の予定だった「ファルネーゼ」をガンガン進めてます。
現在はファルネーゼ以外の第5話の3つを回収。
まぁつまりメインのファルネーゼ以外の個別を終えたところです。

事件現場の捜査と聞き込み、そして裁判本番で真実を明らかにする、
と言う流れは今年2月発売の「桜花裁き」と同様ですね。

あちらに比べると捜査も裁判過程もトリックもかなり簡略化されてますが
個人的にはこちらのほうが好きです。

「桜花」のほうが本格志向ではありますが、
あちらは裁判の話の進め方に正直かなり違和感を感じましたので
こっちのが無理がない分いいなぁと。
各個別に当たる第5話3つはヒロインやサブ達の過去も絡んで
事件自体は単純でもお話の広がり・深みは感じられましたしね。

あとはこの作品の一番の目玉な部分。
裁判中の応酬で相手を1つやり込めたら1枚脱衣、
というルールがアフォらしくもめっさハマります(ノ∀`)

こんな理不尽をもともと理不尽な「魔女裁判」に掛けてるところが
実に非凡www

被告人を弁護している時はわざと負けて
味方をすべき被告人をどんどんひん剥くプレイも可能w
逆にこちらが真犯人を告発してやり込めていけば
あちらを脱がすことも可能。
で、脱がした分は裁判中の立ち絵にそのまま反映。

や、これただの脱衣バトルじゃねーか、と(ノ∀`)
・・・当然ハマりました(ノ∀`)
お陰様で連日睡眠不足です\(^o^)/
わざわざ「あかとき」を避けたというのに
結局思いっきり引っ掛かりましたわwww

やー、「あかとき」「Re;Lord」のエスクード作品でもそうでしたが
この作品も脱衣する時の恥じらう表情が実に良いですね∑d(≧▽≦*)
それでいて立ち絵に戻るとおっぱい丸出しで普通に喋ってるところはシュールですが

更に相手を全部ひん剥くと、最後に魔女の証しとなる星(ほくろ)を
クリックして指摘することになるのですが、
まぁ当然のようにひたすらB地区ばかりをクリックしまくることも可能。
クリックするとその部分がアップになってヒロインが喘ぐという
もうバカバカしくも実用性満点な仕様でそらまぁワタシもハマる罠、とw

とは言え違和感もあるにはありまして。
こちらが全裸にした女性が魔女じゃなかった場合
女性は即時釈放されますが、こちら側にペナルティがないんですよね。
シナリオ上でも「犯人じゃなかった。仕方ないまたやり直し」
と淡々と進むところだけはちょっと解せないところでしたね。
女性から見れば傍聴人もいる場で脱がされ損で終わっちゃいますので。

それでも各第5話でそれまで出てきたサブが殺されたり犯人だったり、
という展開もなかなか熱かったですし
それまでサービスシーンのなかったジャクリーンとイブさんが
被告として裁判に登場するところも実に胸熱w
しかも明らかに魔女じゃないのに途中から全裸がほぼデフォになる某ルートは
キャラとその脱ぎっぷりのギャップになかなかインパクトがありました(ノ∀`)


や、これは残すファルネーゼ√と第6話が楽しみです。
ここまでキャラの濃さが際立つファルネーゼですが
その過去や設定はまだほとんどクローズされたままですし。
イブの尊敬する人、第4話のナゾ辺りの伏線もまだ未回収ですし
各第5話ではファルネーゼがアレを回収してないところも気になってる点。
この辺も回収してると評価は結構高くなりそうです。
・・・下半期最大のサプライズはこの作品なのかも?

あと、先月購入分の作品、ワタシ的にはこれが3本目なんですが
いずれも奏雨さんが出演されてるんですよね。

たぶん「桜ひとひら」のみゃーのようなおっとりしたキャラが
世間的にはハマリ役と見られてる印象ですが
個人的には今作のジャクリーンさんが一番ハマってる気がしてます。
デキる女でテンション高めで下ネタOK、
とおっとり系とはほとんど真逆なベクトルのキャラですが
奏雨さんの声でだいぶかわいくなってる印象です。

予想通りと思いきやもはやこの先が読めぬ(^^;)

2017.10.12.Thu.22:30
クッソ倍率が高そうな某作品でツイッターキャンペーンの当選通知が来た、
みたいなことをこないだ言いましたが、その続報を。

「ヒロイン全員パツキン」とヒントどころか
正解そのものを言いましたのでもう今更ですが、
当選させていただいたのは「金色ラブリッチェ」のアイコンキャンペです。

あれ、住所氏名等を返信する締切が昨日でした。
過去、「あまかる合同キャンペ」で当選させていただいたので
当選後の流れはある程度予想してまして。

返信が来次第速攻で個別にプレゼントを送付するブランドもありますが
サガプラさんは締切を待って一斉に送付するタイプです。
となれば今日発送で、大阪から関東なら2~3日掛かって
届くのは今週末かな、と予想してたのですが。

今日届きました・・・メールが(ノ∀`)
で「送付時期は10月末頃を予定しております」とのこと。

この後第2弾もやって、その結果が出た後にまとめて送付なのかなぁ、
という気もしますが、ここまで引っ張るのは完全に想定外で。

や、今のワタシの運気的に、当選品はアクキーか缶バッジ
もしかしたらポケットティッシュとかクリアファイル1枚かも、
とか予想してたんですよね(ノ∀`)

それでも届いたら全裸待機からの裸踊りで全力で喜んでやるわ(`・ω・´)
と思ってましたが。
ここら辺が賞品ならさすがに引っ張ることもない気がしてまして。

これはもっと期待していいのかしらんヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

なにが当たるかまったくわからないまま先の時期を指定される、
って経験は今回初めてなんで、
や、これはwktk感を持て余しますわ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

当選者がワタシを含む4人で確定なら
メインヒロインの数と同じだよなぁ、となれば・・・
とか余計なことを考えてしまうんですわ/(^o^)\

期待値から急降下したのち急上昇してからの急ブレーキ

2017.10.12.Thu.02:10
「彩頃」全エピローグに回想までコンプしましたー。

前にも言ったことですが、当初は勝手に
角砂糖の「マジチャ」「φ」「恋想」辺りの流れを汲む作品、
つまり選択肢以外の演出で分岐する作品、
ってイメージでプレイし始めてしまったんですよね。

おかげで最初は面食らいました。分岐地点は2つだけ。
うち1つは冒頭のシステム紹介みたいなもんですから
実質分岐点は1つしかなくあとはずっと一本道な仕様。

「これじゃ普通のADVじゃねーか」
と正直ガッカリしたとこもあったのですが。
2周目以降はその普通のADVと思ってプレイしたら
だいぶ印象変わりました。

提示した伏線を終盤でガンガン回収して一気に大逆転
という展開はカッチリ決まってましたし
現実の過去描写の織り交ぜ方もなかなか練られてるなぁと。
またそこからキャラ1人1人の個性とつながりも
上手いこと演出してたと思います。

特にみさき・クレア・琥珀の3人は初登場の時点で上手いなぁと。
あの出会い方なら気になる・惹かれる・また会いたくなるなとw

また、ラスト√で大誠に見せ場があるのが面白かったですね。
皮肉キャラかと思いきや、主人公より熱くてぶれない信念があって。
そして終盤でクナドの設定を明かした時には相当な収束感がありました。

ソレと比較すると各エピソードはちと雑な面も感じましたが
まぁ全部解決してからのオマケ要素と思えば許せるところでしょうか。


絵の方では。
ななろば氏の作品、何気にほとんどやってる気がするんですが
過去作の中もブッチギリで絵が良かったように思います。

塗りがかなり良いってのも間違いなくありますが
各ヒロインの描き分けがかなり上手くなってるように思いましたし
京楓以外は体全体のバランスも良くなったなあという印象。

や、前まではkarory氏的な顔とおっぱいに特化した絵師さん、
って印象だったんですけどね。
そのおっぱいもシリコン入れたような不自然な膨らみ方で
正直あんまりエロさは感じてなかったんですが。


実際今回もなんでか京楓だけは腕のバランスが
ちょいちょいおかしかった気がするのですが
その他3人はかなり良化されたように思います。

鼠蹊部やらケツやらフトモモやら下半身は
まだ以前と同じような印象を受けましたが
上半身と顔はもう他の上手い絵師さんと比較しても遜色ないなぁと。

特にみさきの丸っぽくバランスが取れてるところと、
琥珀のキャラデザは過去作では感じたことのない
魅力があったように感じました。

音の方も全般的にレベル高かったように思います。
和風で押したBGMもヴォーカル曲も。
EDで氷青さんというチョイスが渋いと思いましたが
実際作風と曲調とボーカルがマッチしてて
上手い人選されてるなぁと感心でした。

中の人も、相模さん・白雪さんは相当ハマってた印象。
相模さんは昨日も言ったとおり、かなり佐本さんっぽい演技が
ことごとくツボに入ってしまいましたw
また白雪さんはそもそもあんなにロリがハマると思ってませんでしたw

というところで採点表↓
saikoro.jpg
結構長い作品でしたが、中だるみせず楽しめたと思います。

ただ、シナリオで感動レベルに入る9にまで至らなかったのは
各個別やラスト√終盤で感じたご都合さのためでしょうかね。

ちょっと力業というか無理のある設定からエンディングに至ってしまう点に
少なからず「主人公ではなくライターが考えた落としどころ」
という舞台裏が透けて見えてた印象で。

ここで一本道ではなく、選択肢次第でバッドエンドがあって
ちゃんと正解を導き出したらエンディング、という流れなら
その印象もだいぶ薄れたと思うんですよねぇ。
一応プレイヤーも考えたつもりになれますから。

とは言え高いバランスで結構楽しめた作品でした。
また同じメンツで次回作があるなら必ず買うと思います。