IWGB

緑茶のようで緑茶でない

2018.06.20.Wed.20:44
「君恋」全ルート終わりました-。

新ブランドの作品ではありましたが
まぁほとんど緑茶の別名義ってだけの感覚で
プレイしてました。

絵師さんが変わらない上に塗りも変わらず。
ラッキースケベ連発の冒頭にモブの扱いが酷い、
というワンパ・・・安定のシナリオ。
ちょこまか動き回る立ち絵の演出。
概ねその感覚で合ってたんですが、
「あれ?緑茶と違う」と明確に思ったのが
メッセージウインドウの存在w

緑茶作品なら各セリフは吹き出しで表現されますからね。
キャラ10人同時表示も可能なくらい
画面を目一杯広く取った緑茶作品に比べて
普通のレイアウトになった本作は
本家の作品に比べると動きがおとなしくなった印象です。

ただ、その分、緑茶では難しかった長セリフが多いっすね。
どっちが良いかというとプレイヤーの好みの問題だと思うのですが
圧倒的な立ち絵の表現力が半減されたところは
個人的にはだいぶ残念でした。

中身のほうでは。
くっつくまでが長いのはまぁ緑茶からの傾向を引き継いでますが
案外そこからの深みがなかったなぁ、という印象。

桔梗の正体は明かされると思ってましたし
勝手に「主人公のトラウマの元凶は実は上位存在の神様だった」
父親が忙しいのはそれに付き合ってるため、
くらいに思ってたところもあったので
あれこれ着地点が浅いというか
全然踏み込んでないなぁという印象に。

ひねくれた主人公像も必然性を感じられないというか
イマイチピンと来るものがなくてむしろストレスだったかなぁと。

まぁくっつくまでの流れとくっついてからのイチャラブっぷりは
さすがの安定感でここは文句なしでしたが。

絵の方も、本家同様の安定感。
カワイイ系のるちえさんと、エロ系のkakaoさん、
という振り分けをフルに活かしてたように思います。

特にkakaoさんの描かれるケツとフトモモは
個人的に惹かれるモノがあるのでそこは満足度高かったですね。

ただまぁ、これは演出面での話になりますが
シナリオで既に全裸になってるのに
イベントCGに切り替わった瞬間着衣H、という
結構初歩的なミスはカンベンして欲しかったなぁと。

そんなところで採点表↓
kimikoi.jpg
もしサブの聖がメインの1人だったら
少なくともキャラ評価はもっと上がったでしょうね。

単純に一番可愛く見えた、ってのもありますが
主人公と聖がくっついた時のデレ方に興味がありまして。

ヒロイン4人がどうデレるか、また主人公がどう対応するか
ってのは粗方想像できて、実際ほぼその通りでしたが
ひじりんに関しては彼女のデレ方も、
主人公の態度も想像が難しいんですよね。

ヒロイン4人がひねくれた主人公に好感を持つ理由は
わりとしっかり明示されてましたが
その4人に比較すると「縁のない」聖が
桔梗を介して縁ができるような展開があったら
だいぶ印象変わったなぁ、と。

カウントダウンムービーとか出始める時期になりましたが

2018.06.19.Tue.20:56
今月分回収日まであと10日なんですが
プレイ中の「君恋」はまだ義妹√をクリアしただけ。

長そうな「夏まほ」「きみめざ」を丸残ししてるだけに
月内コンプはぶっちゃけ微妙な情勢(;´▽`)y-~~

いやぁ、先月二桁本数を3週でやっつけたからといって
余裕ぶっこいてたワケじゃないんです。
社員旅行もありましたが、単純に仕事が忙しくなりました(´・ω・`)

先月は夜3時就寝・朝7時半寝でもなんとかなったんですが
今その睡眠時間だと仕事に支障を来しまくる、という状況で。

とは言えこのままじゃ明らかに来月に持ち越してしまうので
今日から1週間だけはちと無理してみようかと思います。

あと、現在プレイ中の「君恋」ですが・・・
サブの聖ちゃんが一番カワイイっすね(ノ∀`)
ついでに中の人が明らかに秋野さんで噴いた。
鈴谷さんとの共演、先月分だけで3本目じゃないっすかw
(恋コロ・キミラブ)

攻略対象になってればキャラ評価爆上げは確実なんですが
たぶん期待薄なんでしょうね(´・ω・`)

それと、先日当選させていただいた「恋コロ」のバナーキャンペーンですが、
ブツはまだ届いてません。

過去5回の当選では概ね当選通知から2週間以内に到着してましたし
ちょうど1週間前にTwitterの公式垢で
「返信がない人が数人いる」旨のアナウンスがあっただけに
そこから計算してももう来ても不思議じゃないなぁ、
とは思うのですが・・・

そこで先日の地震ですからね(´・ω・`)

Heartsさんの被害はフィギュア1体だけのようですが
配送業界は混乱中だと思うので
もう数日待ってみて届かないようなら問い合わせてみたいと思います。
・・・や、当日に返送したメールがあちらに届いてない、
という悪寒がジワジワと大きくなってまして(;´▽`)y-~~

とりあえず向こう1週間はエロゲに専念したいと思います(`・ω・´)

平常運転ではあるのですが・・・

2018.06.18.Mon.22:16
「おにぎゅ」ハーレムまで全ルート終えました-。

前作「おにキス」で、(新ブランドなのに)さすがの安定感を見せつけ
ロリ&妹ブランドとしての存在感を発揮したTinkle Positionでしたが・・・

ロリに限らずK子さんの絵柄が好きなワタシでも
桜みさきさんの不在はかなり残念に思えました。
まぁその分、K子絵を堪能できるという捉え方もできますが
かつて組まれた絵師さんの中でも
一番K子さんとの親和性が高そうに思えたので勿体ないなぁ、という感じ。

また中の人もGalette作品からのお約束だった
橘まおさんと鶴屋春人さんを起用しない、という人選。
「ちょっと思い切って替えてきた?」
と思ったのですが、中身はこれまで同様で。

故に第一印象は「予算抑えめ?」ってのが正直なところでしたね。

そしてシナリオのほうも、ネジが数本ぶっ飛んでるシスコンぶりで
ブランド的に至って平常運転に思えるのですが・・・・
「引きこもり設定」必要でしたかねぇ?

や、病弱だった過去は理解しますし、
「なにも頑張らないお兄ちゃん像」をあえて作って、
「ありのままで愛されまくる」という楽園的な世界観を意図したのかな?
くらいは考えましたけど・・・
あまりに媚びすぎに見えて正直相当に興醒めしてしまいました。

そしてすみ√終盤のPTAの描写が悪意あり過ぎ。
PTAのセリフも不快極まりなかったですが、
引きこもり以外の世界を軽く全否定する姿勢も不快でしたわ。
妹以外の要素でなんでこんな安易に極端にするかなぁ?

あかね√終盤の友人の描写は↑と同じように見せて
どんでん返しでクスッとできただけに
もうちょっとなんとかやりようがあっただろうと。

採点表はこんな感じ↓
onigyu.jpg
絵・音・シナリオそれぞれで過去作より減点箇所が目立った感じで
「う~ん、どうしちゃったの?」って印象です。

K子さんを起用される限りはまた買っちゃいそうですけど
次作はちょっと警戒しちゃいそうですね。

あと、ハグのシステムはその多さに若干ウザく感じたところもありましたけど
表情の変わる様やセリフの変化は面白いと思いましたね。
特にフェラやクンニのシーンでそのシステムを流用する演出は
なかなかのアイデアだと思っただけに
そんな場面がもうちょっと多くても良かったかな、と。

今時珍しいくらいの王道ハートウォーミング

2018.06.14.Thu.23:02
「恋コロ」全ルート終わりました-。

前作「ロロログ」、今作「恋コロ」とHeartsの直近2作は
ブランド名に合わせたのか「ココロ」という単語をタイトルに使用してますが
やってみると今回と前回でだいぶ方向性が違いますね。

「ロロログ」はVR世界世界と現実世界、ホンネとタテマエ、
それを行き来することで「ココロ」を描いていた作品ですが
「恋コロ」はもう直球ド真ん中なハートウォーミング。

世界観といい、作中の登場人物といい、精霊という設定といい
みんながみんな優しい世界。
そこで恋ゴコロが芽生えて、愛に発展して、
クライマックスで「泣き」が入ってハッピーエンド。

先の展開もバレバレ、甘さ満点でもう一昔前の泣きゲー全盛時代なら
王道オブ王道って感じの作風。
そして前述した優しい世界観に「魔法」という設定。
もう練乳に砂糖を大量にぶっ込んだようなファンタジーですが、
やってみると陳腐さも感じず、
胸焼けや中だるみも意外なほどなかったですね。

日常シーンでそれなりにテンポの良さを感じさせて、でも描写は丁寧で、
というバランスが良かった印象です。
人によっては平和すぎて物足りない人もいるかもしれませんが
ワタシ的には、いろいろちょうど上手いとこに落とし込んだなぁ、という印象。

ワタシ的に、白もち桜さんの絵は萌え度はトップクラスに高い反面
エロさは正直ほとんど感じない印象なので
その絵柄と今回の作風がガッチリ噛み合った感じがしました。
「Hearts」というブランド名にもピッタリな作品だなぁと。

あとはそんな世界観で異彩を放っていたペロ画伯のSDが
前作よりシュール感増してたのが個人的にかなりツボでした。
全体の雰囲気は壊さないけど、ちょっと時間を止めるというか
空気をぶっ壊してしまうところが絶妙なアクセントになってたな、とw

そんなところで採点表↓
koikoro.jpg
あとはアウシュリーさんヒロイン昇格のFD待ちですかねぇ∑d(≧▽≦*)

これは鉄板

2018.06.13.Wed.01:00
「キミラブ」終わりました-。

TwinBox氏の絵柄と中の人が秋野さん・鈴谷さんの時点で
まぁかなり堅い作品だとは思ってましたが・・・
期待以上に希乃が可愛かったです∑d(≧▽≦*)

シナリオはもう出しゃばらず萌えどころはきっちり押さえた上で
バレバレであっても、どんでん返しを入れつつ
キレイにまとめてるな、と。

バレバレであっても、あのどんでん返しのおかげで
当該ヒロインの健気さが伝わりますからね。

短い尺の中で、絵とヒロインの良さを前面に押し出した
シナリオだったと思います。

絵の方は立ち絵のデキがかなり良かったように思えます。
特に後ろ姿の黒ニーソ姿はそれだけでそそられるレベルでした。
表情の描き分けも「おお、かわええ」と唸らされるモノがあり
立ち絵眺めてるだけでも飽きない作品でしたね。

イベントCGも概ね満足でしたが・・・
お嬢様の顔が若干崩壊気味だったり、
ひんぬー希乃がなんでか仰向けで寝ると乳がデカくなる、
というちょっと「あるぇ?」的な絵が散見されたのが残念でした。

が、さすが同人で抱き枕カバー描きまくられてるだけあって
腰から下の画力はそこらの著名エロゲンガーより鉄板的な安定感。
↑の後ろ姿の立ち絵もそうですが、
エロさのツボはきっちり押さえられてるなぁと。

あと最大の特筆点ですが。
絵柄とCV見た時点で確信はしてましたが
秋野さん、ハマリ役すぎw

ボイスも演技もいちいちカワイイw
「アマツツミ」でもハマリ役と思いましたが
今作も同等クラスの印象です。

Campusにしては珍しく2人ヒロインの作品でしたが
もし希乃がサブ扱いだったら暴動起こしてた自信があるので
よくぞやってくれました、と拍手ですねw

そんなところで採点表↓
kimi-love.jpg
もし希乃がサブだったらキャラ評価-3、シナリオ評価-2で
満足度も-25くらいにはなった気がします(;´▽`)y-~~

や、白雪がサブでも減点になりましたけどね。
絵師・CV・2人ヒロイン仕様ってところが
上手く噛み合って満足度を稼いでくれた印象ですね。

聖地より他重視でサーセン

2018.06.08.Fri.00:08
昨日北海道から帰って参りました(`・ω・)ゝ

当初から逝きたかったところは聖地にはなってない場所ばかりで
こちらにいらっしゃる方には肩透かしばかりかと思いますが
とりあえず動ける範囲で撮ってきた場所がこちら↓
180608a.jpg
まずは大通公園。
「銀はる」で使われた箇所ははもうちょっと前方だった気もするのですが
背景の細かいところまでは覚えてなく、ここらで妥協( ̄▽ ̄;)ゞ


続いて、千歳空港から札幌に向かう途中の車内で
「あれ?ここがもしかして?この近さなら自由時間内にイケる」
と思って逝ったのがコチラ↓
180608b.jpg
藻岩山です。「銀はる」で雪合戦やらいろいろやったところ。
ノープランで特攻した割りには一発で場所特定できましたw
ちなみに、写真で見るとそうでもないかもしれませんが、
ここ、かなり勾配きついです。
こんなところで雪合戦したら
上方に陣取ったほうがかなり有利と思われ。

初日は曇ってたのが痛かったですが
ロープウェイの乗車券も高いっすね(;´▽`)y-~~

あとは2日目に一応押さえておいた札幌駅↓
180608d.jpg
「アストラエア」で使われた背景はもっと前方でしたね。
未プレイでしたのでサーセン( ̄▽ ̄;)ゞ
ちなみに「フェアチャ」はもっと右サイドからだった、
と気付いたのは地元に帰ってからですorz

ともあれ2日目は晴れてくれて良かったです。

そして3日目に逝った小樽↓
180608c.jpg
角度的に言って「星メモ」で出てきたのはここではないかと思うのですが
人が多すぎてもうなにがなんだか。
この遊歩道を進んで、画像でも見える赤レンガ造りの倉庫は
「銀はる」の雪月√で使われたスポット。

ソレはわかってたんですけど、小樽は自由時間がほとんどなく
ロリな死神さんのいる展望台はおろか、
目に見えるスポットですら断念せざるを得ない状況でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

聖地っぽいところは以上です( ̄▽ ̄;)ゞ
や、ちゃんと計画的にプラン練って
自由時間を全部札幌&小樽に注ぎ込めば
「銀はる」「星メモ」はかなり回収できたと思うんですけども・・・
行きたい場所がそっちじゃなくてサーセンm(_ _;)m


ということで逝ってみたかった場所の画像は
聖地でも何でもないので
追記のほうでまとめて投下しておきます。
続きを読む "聖地より他重視でサーセン"

こちらは典型的なロープライスクオリティ

2018.06.05.Tue.00:12
「恋染同棲」さくっと終わりました。

幼馴染みとの同棲生活を日常シーンを交えながら
盛ってヤリまくる、という展開。

まぁどう見ても「アイカギ」のヒットを受けて
コンセプトを似せてみましたー、という印象になりまして。

主人公が「アイカギ」のそれより
人間的には好感持てるところはわかるのですが・・・

ただ。
・最初からヒロインからの好感度はMAX状態
・そのヒロインは女子力もMAX
・でも一歩引くところは引く大和撫子的性格
・互いの両親公認の同棲生活・経済的負担もあんまりなし

やー、ここまで男にとって都合の良すぎる設定は
いくらエロゲとは言えやり過ぎだろうとw
正直冒頭5分でだいぶ萎えました。

こうなると後は絵でどこまで挽回できるか・・・
という見方になるのですが。

キャラデザは今時珍しさすら感じる地味目なお顔立ち。
名前と言い性格設定と言い昭和の香りすら感じたくらいで
これはこれでキャラ立ってるなぁとは思いましたw

また、昨今やたら乳を盛る絵が多い中で
今作のみやびはバランスよく盛ってくれてますねw

やたらデフォルメのキツイ乳に慣れるといかにも普通ですが
リアルに考えたらあのスレンダーボディで
そこまでのモノをお持ちなら十分デカいほうだと思うんですよね。
角度変えてもバランスも上手いこと美乳でまとめてくれてて
おっぱいに関してはほぼ文句なしだったのですが。

ちょっと残念だったのはケツというかフトモモ。
ケツからフトモモ、鼠蹊部からフトモモ、
といった腰や下腹部から脚の付け根へのバランスが
おっぱいに比べると数段落ちてるなぁと。

割と上手くケツも上の方には上手いこと盛ってはいたのですが
フトモモへストンと絶壁1枚になる描写は「あれ?」って感じでしたね。

これはバランスというよりは、デフォルメになるんでしょうけど
下ケツでいかにプリケツに見せるか、というラインを確立できれば
相当化けそうなだけにちょっと勿体なく思えたところ。

そんなところで採点表↓
koisome.jpg
図らずも「如月真綾」とまったく同じ採点になりましたし
感想で言ってる内容もおっぱいかケツか、というだけの違い。

まぁこれが典型的なロープライス作品なんでしょうね(;´▽`)y-~~

あとは新ブランドではありますが、これもWILL PLUS系列。
かつてのPropellerや、PULLTOPみたいなエース級ブランドでも
最近はアレなんですから、B級以下ならまぁこんなもんかと
終わってみれば実にナットクな印象ですね。