採点 | IWGB
FC2ブログ

集大成なんだろうなぁとは

2019.09.05.Thu.00:58
昨日終えた「クロスコンチェルト」の感想を。

ブランド存続の危機からCFで資金集めて
ようやくCF支援者に配布された作品。
一般発売は今月末になるんでしょうか。

「コンチェルトノート」と同じ世界観で
「シンセミア」と同じく妹がメインヒロインで
過去出演されたくすはらさん・成瀬さん・白月さん辺りをまとめて起用、
って辺りブランドの集大成的作品だなぁ、という印象でした。

中身は桐月さんお得意の伝奇モノらしく
おどろおどろしい雰囲気が漂ってますが
シミュラクル」みたいにバタバタ死にませんし、
そもそもあんまり流血しませんし
「コンチェ」ほどにも人死なない感じです。

とは言え、いきなり冒頭からヘヴィな設定を叩き込まれて
そこから始まる学園生活。
某事件が見えてからの展開はさすがの安定感でしたね。

そして上手いと思ったのは、サブヒロイン3人の個別をまとめて
プロローグに位置づけたこと。
CFのストレッチゴールとして、一定以上の金額が集まれば
サブの個別も作ります、と言って全員分揃ったサブの個別でしたが
これをおまけのフラグメントではなく、プロローグとして組み込んで
「そんな未来もありました」として本編に入るのは上手いなぁと。

そしてここに先生役のイリアさんがいるのが個人的に絶妙すぎでw
や、ひっさびさにボイス聴きました。
確かにどこか懐かしさを感じる世界観ではありましたが、
ソレ以上に懐かしかったのがイリアさんのボイスでしたwww

本編に入ってからは、瑠璃以外の3人の個別が短い事に驚きつつ
「莉都ゲー」と言われた「コンチェ」同様、
やっぱこれは「瑠璃ゲー」だったか、とナットクでもあり。

そこからコンプまでの流れで
さほどに人死なない理由も把握できましたね。

望む未来を手に入れるため、
戦うというより抗ってるワケですからね。
これはこれでこれまでとは違う余韻があったと思います。

そして最後に莉都のエロシーンまで入れて終了。
桐月さんらしくあれこれカッチリ決めて
最後にファンサービスまで入れて完成度はかなり高かったと思います。

が。
個人的には「コンチェ」が好きすぎてるみたいで
今作はそこまでには刺さってこなかったですねぇ。

「クロスコンチェルト」の「クロス」が持つ意味も複数思いつきますし
好きな仕掛けも多々ありましたけど、
「コンチェ」のほうがテキストに熱があったなぁと。

桐月さんの経験値が上がった分、
テキストで描写する範囲もすごく広がって
圧倒的にわかりやすくなってるんですが・・・

「コンチェ」は簡潔に切り取られたテキストの行間に
作中だけでは窺えない膨大な設定があれこれ垣間見えて
そこを意識すると更にテキストが深く見える、という仕掛けが好きでして。
更にそこに込められた各キャラの感情を意識すると
とんでもない熱さが感じられて、そこが非常に魅力的でした。

今作では主人公が、
自分を思う瑠璃の心情を慮る一言がありましたが
そこを言うまでもなくこれでもかと見せつけられてましたから
「コンチェ」に比べるとわかりやすい分
さほどに奥行きや深さは感じられなくて。

あれこれ上手いとこに落として来たなぁ、とは思いますし
理屈の面では納得ずくなんですが
感情にダイレクトに来るところはあんまりなかったって感じ。

正直、一番刺さったのはイリアさんと
小夜璃さん役の風音様のボイスだったかもw

絵の方は塗りのほうで進化を感じました。
肌色と顔の赤みはかつてのベタ塗りとは段違いだなぁと。
おかげでおっぱいの質感が
ブランド過去最高のデキになってたように思いますw

crossconcerto.jpg
鷹石さんのBGMはもうさすがの安定感でしたね。

一応、この「クロスコンチェルト」でまだ次の展開もあるようなので
そこも楽しみに待ちたいと思います。
・・・その後はまたその時判断しようかなと。

ケツとボイスは大満足(ノ∀`)

2019.09.03.Tue.15:47
「アマアネ」さくっと終わりました-。

「一方的に甘やかしてくる母性ヒロインモノ」
は個人的にまーったくもって刺さらないのがわかりきっていたのに
それでも買ってしまったのは記事タイトル通り(ノ∀`)

顔はロリ系、乳だけ異様に盛り盛りで
その他のボディパーツはやたら貧相なヒロイン、
ってのが溢れかえっている現状、
個人的には人間の体格的にバランス取れた貧乳のほうが
まだ色気を感じてしまうワタシの性癖ではございますが。

今作のアリスさんは乳に負けないプリケツと
それを支えるのに適したムチムチなフトモモの持ち主。

こういうバランスが取れてれば、まったく話は変わりますw
特にフトモモは某SSSSなアニメの影響か
ニーソからはみ出るレベルのフトモモが実にワタシ好みw

ただまぁ開脚するとフトモモが腰の数倍太くなるのは
ちょっとやり過ぎかなぁとw

とはいえ、そこらの肉付きを良くして
全体的にバランスを取ろうとした意図は素直に称えたいです。

笑った時とかにちょくちょく「あれ?」って
違和感感じることもありましたが
キャラデザの概ね好みでした。

あとは短い尺の中に10回以上のエロシーンをブッ込んだのも
素直に凄ぇなとw
そこにやたら甘いボイスされてる花澤さんの配役も
ピッタリだったと思います。
というか抜き系ロープラ作品の花澤さん率高すぎw
御園生メイさんと花澤さんでかなりのシェアになりそうw


amaane.jpg
「ウソ」シリーズや「キミラブ」等、ロープラ枠の中では
結構高得点を稼ぐイメージだったCampus作品ですが
ここんとこはシナリオが足引っ張ってる印象。

ロープラなんで絵師買い・中の人買いはまだするでしょうけど
それが合わなかった場合のブランド無条件買いは
そろそろないかなぁ、という印象ですね。

プレイ順によって印象変わりそう

2019.08.28.Wed.23:31
「コロラム」終わりました-。
共通終えた時点での感想はコチラですが
いつもより絵柄に慣れるのに時間掛かりましたわ。

個人的にリールゥ→千早→つむり→菜砂→澄香、
って順にプレイしたんですが。

リールゥでいつになくシナリオが浅いなぁ、と思い、
千早でいつになくキャラぶっ壊してくるなぁ、
ってところで正直ギブアップ気味でした。

この辺は「オレがトシ食ってついてけないだけ?」
とも思ったのですが、正直そのワタシですら
「会話もネタもセンスがだいぶ古くね?」って印象でしたので
おそらく自分の加齢が原因ではないんじゃないかなぁと。

ただ、「カミカゼ」のウサミン先輩と同属性かなぁ?と思ったつむりが、
明らかにウサミン先輩を意識した個別でだいぶ持ち直し。
あそこまで「ま○こ」連発するとかw
やたら盛ってるなぁと思った部分もしっかり設定に組み込んでて
かつてのクロシェットらしさを感じた個別だったと思います。

で、残る2人はさすがメイン&準メインって感じ。
この2つの個別の軸となる設定が、
この作品自体のテーマ的なところになっているので
そらまぁ派生的な他√とは違って見えますよね。

その中で設定的に一番王道なところを突き進んだ澄香と
お話よりもキャラ重視、ツンからデレデレの様を楽しむ菜砂、
って感じの印象でした。

ただ、澄香・菜砂√で明かされる設定はちょっと後付け感ありましたね。
また学園長は主人公の出自を知ってたワケですが
そうなると冒頭のイタズラはなんやねん、っていう。
知ってるからこそのお茶目とも言えますがまぁワタシは引くわ。

ともあれ当初2√ではgdgdだった満足度も
後半になるにつれだいぶ盛り返しましたね。
これ、プレイ順が逆だったら
総合の満足度が下がってたかもしれません。

絵の方は共通時点での感想通りなんですが
最初はとにかくタレ目のタレ方が半端なかったこと、
またツリ目は鼻と口に距離があること、
それとともに目の周りの線がえらい太いこと、
それらが相まってだいぶ昔の絵柄に感じてしまいました。

で、これだけ絵柄に違和感を抱えていても、
結局はいつものパターン。
巨乳過ぎるヒロイン達の中で、ワタシの性癖に刺さるのは
貧乳のつむりとサブの春海w

というか、今回の場合、巨乳キャラのスタイルがだいぶガタイ良くて
バランスがマトモに見えたのがこの2人だけ、
ってのが大きかったと思われます。

あとはつむりは20年前のキャラと思えばかなり可愛いなぁとw
そこ以外は声優さんの頑張りで凌いでた印象です。

あと、余談ですが、EXTRAのキャラクターモード。
作中では脱がないサブキャラでも
ここではまっぱにできるいつもの仕様な訳ですが。
しましま先生と春海さん見てビックリ。
残っててはいけない線が一本残ってる気がするのですが。

ってか前に「恋課金」でもそんなんありましたけど、
立ち絵なら実は審査対象ではないんですかねぇ?

ということで採点表↓
korolum.jpg
シナリオがアレで巨乳が刺さらないとなると
個人的にブランド買いする要素がなくなるなぁ、と実感。

せせなやうさんがカムバックすれば
また無条件買いすると思いますが
次回はちょっと様子見する予感。

会社が変わってどうなるか

2019.08.22.Thu.22:49
「流星ワールドアクター」終わりましたー。

企画・シナリオが衣笠氏、ってところで
容易に想像はできてましたが、案の定でしたね。

かつて手掛けた「暁の護衛」は
完結作と謳った第3作で未完成品を販売。
その後の「レミニセンス」も第3作で完結かと思いきやの
第2作で尻切れ終了。

今作も続編があるとかなんにも聞いてませんでしたが
まぁ十中八九どころか9.9はそうなる、
と思ってた人が多かったんじゃないかと思います。

で、続編前提だとしても今作は今作でカタチにしてよねー、
と思いながらプレイしたのですが。

・主人公のアクの強さは衣笠氏だからまぁ許されるところかなぁ
・伏線はあからさまでも数をガンガン打ってくるから
 そこはまぁ楽しめますよねー
・世界観はかなり好き
・個別分岐後、お互いいつ意識したかも微妙なまんま
 流されHからの「好きだ」「好きだ」で、えぇ?
・後の3人はまぁルカを意識した理由はわかりますが
 クラリス以外いくらなんでもチョロすぎね?
・全員だけど流され初Hからの2回目3回目も流されっぱなし
 これも衣笠氏なら許されるのかなぁ?
・セーブ画面が重ーい、ここで無駄な演出いらなーい
 オナニーなら他でやってくださーい
 エンドロールのアシスタントプロデューサー見て
 「もしや?」と思いつつもそこはもうスルーします
・ルカが教団に拘る理由がアレだけでは薄いような
 まぁ今後次第?
・男性キャラの中では宗佑が存在感ズバ抜けすぎ
 普通なら殺され役筆頭候補、
 係長もあからさまに敵側臭がしますが
 衣笠氏なら両方ないか

ってな感じ。
各個別が初Hから盛ったサルのようにヤリまくる展開もそうなら
結局各個別での事件も完全解決には至ってないので
あれこれ不完全燃焼な印象が残りました。

とは言え、世界観と男性キャラの個性付けはさすがの安定感。
この辺の男臭さが際立ってるから
女性との恋愛描写がかなり雑でも
許されてしまう部分もあるのかなぁと。

絵の方は春夏冬さんの絵柄は割と好みでした。
等身が若干低い気はしますが、
キラキラしてないおめめに腹や背中の線がかなりリアル寄り。
また上から見たおっぱいの陰影の付け方も
「お」と惹き込まれる感じで、いわゆる乳だけデカい萌え絵よりは
かなり色気を感じたのですが。

小町さんとかクラリスで顕著でしたが
H中に表情を崩しすぎちゃうのが勿体なかったなぁと。
崩し方がちと方向外というか。
せっかくリアルに色気感じさせてるのに
いざ本番でデフォルメされた絵を出された感じで
「あれ?」って違和感がありましたね。

ただまぁ初Hの時、4人全員順を追って脱衣させてるところは
なんか強烈なこだわりを感じて、そこはツボでしたw

mwa1.jpg
不完全燃焼なところが多いですが、
そこはこの先の展開次第ではあります。

あかべぇ系のまんまなら絶望的でしたけど
DMMに変わったので以前よりは期待出来るかなぁと。

「護衛」の完結編が未完成品だったのは
社内他ブランドとの発売日の調整が絡んで
納期がカツカツすぎたのは容易に想像できますし
そもそもの資金力も違うでしょうし
流通出身のトクナガさんがプロデューサーに入ってるので
中身はともかく未完成品を出すような愚行はしないだろうと。

期待薄程度以上には期待したいと思っております。

脱衣が調教に変わっても中毒性の高さはさすが

2019.08.17.Sat.23:11
「姫と穢欲のサクリファイス」終わりました-。

個人的にエスクードはほぼ脱衣モノのみお世話になってて
ソレ以外で買ったのは「紅蓮華」「パニコン」くらいですかねぇ。
久々の非脱衣モノになったワケですが。

今作は脱衣モノではなく調教モノ。
復讐相手の娘の姫を調教しつつ、
契約相手の悪魔(全5人)ともHをして新たな調教スキルを身につける、
という内容。

一応ゲーム性もあって、姫を公開調教して
国民からの怨嗟の念(作中では「闇の糧」)を
どれだけ集められるかってところでノルマがあります。
それに達せられないと即ゲームオーバー。
ただまあ回収の流れを把握できれば全然楽勝なノルマです。

そしてメインの調教がシンプルなくせに奥深いw
まぁとにかく差分の数が半端ないんですよね。
姫の心をどこまで壊したか、というレベルと
そのターンの調教でどこまでオーガズムを上げたかによって
同じ調教メニューでも反応が違うという。

そしてさほど好みな絵柄ではなかったハズなのに
気丈な姫が恥ずかしがったり壊れていく様が妙にツボりましてw
姫役の民安さんの演技もさすが鉄板の安定感で
これはSっ気なくてもハマるなぁとw

あと終盤で味方になる悪魔が持つ調教メニューは
どう頑張っても姫の心が壊れる前の差分は回収できないでしょ、
と思ったら「完全調教モード」も搭載w
設定を自由に変えられるので、差分はここで回収できるようになってます。

全5人の悪魔側のHシーンも全回収しようと思うと
最低でも2周は必要になると思われます。
まぁ周回すればするほど難易度が下がるので
こっちは3~4周すれば軽く全部回収できると思います。

絵の方では。
前述の通り第一印象では
さほどツボに来る絵でもなかったのですが・・・
調教して乱れてくる時の表情が抜群に上手いっすねw
特に不安げな表情が妙にそそります。

それと案外悪魔ご一行様がカワイイのもポイントかとw
や、キャラデザ的にはカワイイのもいるんですけど
塗りでだいぶ損してますね。
死体っぽい灰色塗りにする必要あったのかな、と。
ちょっとここは勿体ない気がしました。

で、シナリオのほうですが・・・
や、調教メインの抜きゲ-ってのはわかりますし
姫の心を壊す必要性を用意しといたところまでは良かったのですが
それなら尚のこと、取って付けたようなハッピーエンドを
メインにするこたぁないんじゃないかなぁと。

むしろ双子と悪魔以外になかった
ヒロイン3人絡みの3P4P闇落ちエンドのほうが
よっぽどすっきり出来た気がします。

himenie.jpg
ハッピーエンドは別にあっても良かったと思うんですけど
メインに闇落ちエンドがあれば
シナリオ評価は1~2つ上がって満足度も
80後半まで伸びたと思いますので
ちょ~っと勿体なかったかな、と。