2014年04月 | IWGB

5月分9本が一向に延期されないのに5日間戦線離脱確定

2014.04.30.Wed.22:47
実家でCD回収したついでというか
そっちがついでだったというか。

今日、パスポートの申請に行きました。


6月に社員旅行があってGW前後にはパスポート取得しとけ、
という会社命令がありまして。

ソレ聴いた瞬間の第一印象は

ハァ?

・・・ソレナンテバツゲーム?


6月ってアレですよ。
このままだと5月末に9本届くんですよ?
ただでさえ不可能なのに、ナゼ時間的にも金銭的にもトドメを?
更に旅行の5日分は6月の各自の休日分から充てられる関係で
普段より休みが少なくなるコトも確定。

いろいろもうだめぽorz

逆らえないしがないサラリーマンなので、申請はしてきましたけども。
いやぁ、これは正直しんどい。
ひっさびさの海外でどれだけ出費させられるのか、
帰国してからどんだけ睡眠時間取れるのか、
さっぱり読めませんorz

4本くらい延期してくれねーかなぁ(涙目)

5日遅れの回収と早期CD化を望む3曲

2014.04.30.Wed.22:32
さっき実家に逝って回収してきました↓
140430a.jpg
MeltyMomentのサントラです。

先週金曜の発売日の時点で届いてたんですけどね。

・・・手違いで実家の方にw

おかげで回収がえらい遅れてしまいました。

それにしてもジャケ絵のすみれがカワイすぎて困る。
ぶっちゃけ、あっぷりけの作品より可愛く見えるのは
塗りの所為なのか塗りの所為なのか塗りの所為なのか。

そして膝が眩しいw
膝でここまで萌えたのはたぶん初めてw
フトモモとぱんつを見せないあざとさは感じるものの
これはこれでアリですね、ええ。

中身としてはCeuiさんのOP曲はしばらくヘビロテ確実。

そういや、このブログを本格始動してから
他のCDを購入したことをうpってなかったのでついでに投下。
140430b.jpg

この辺とプレイ中の「レーシャル・マージ」も
OP曲とメリルEDのED曲は特典で入手済。
「ハロー・レディ」も1stOP曲だけは入手してますので
やっとというか4月終わりになって今年の曲リストもようやく揃ってきました。

ワタシがCDを持っている今年発売作品の曲の中で、再生回数を見てみたら
今日現在で
1位:Art as♡(イノセントガール)
2位:Soul Release(ハロー・レディ)
3位:Dreaming Sheep(大図書館DS)
4位:Clover Heart's-Re:product mix(Clover Day's)
5位:太陽とキミと(恋リゾ)

我ながら順当すぎるくらい順当。

しかし。

個人的な今年の暫定ベストエロゲソング上位3曲は
ここになかったりします。
そのうち2曲はいずれCD化されると思うんですけど
もう1曲はどーなんだろう?
発売日以来公式サイトも更新されてねーしなぁw

暫定3位は「Clover Day's」の同名タイトル曲。
暫定2位は「ハロー・レディ」の2ndOP曲「Truth and Light」
まぁこの辺りは近日中に確実にCD化されるでしょう。
というかハロレのサントラは既に予約済み。

問題は今日現在の暫定1位

「LOVE LOVE WARS」(おとなり恋戦争)

作品の評価はガタガタだったんですけどねw
特典のサントラはあったんですけど
収録はショートサイズしかなかったorz

作品がどれだけ売れたかよう知らんので
CD化の見通りもさっぱりわかりません。
G-WAVE辺りで拾ってくれないかなぁ(切実)

堅くいくなぁw

2014.04.30.Wed.01:19
プレイ中の「レーシャル・マージ」。

エルル→モリー→アリシアとクリアして
折り返し地点ターン。

個別が思ったより短いのでサクサク終わりました。
来月分発売まで5週あるのでのんびり逝くつもりでしたが
結果的にペースが落ちてない。

3人クリアした現時点での第一印象は
「過去作の中でもズバ抜けて手堅いなぁ」ってところ。

お話の筋はこれでもかっつーレベルで王道。
悪人を作らないハッピーエンドも徹底していて、
わかりやすいストーリーで絵本のような「めでたしめでたし」、
つまりお約束的な展開、締め方にかなりこだわってる感じ。

ヒロイン達の好意や萌え描写も
過去作以上に相当にわかりやすく描かれてますね。
とは言え相変わらず押さえるべきツボはきっちり押さえてるので
出てくる感想はどうしても「手堅いなぁ」とw

あとは主人公を中心に周囲の意識が変わって結束する様は
北側氏の前作「Dolphin Divers」に通ずるところもありますね。

や、責めてるワケじゃないです。
これはこれで安定感抜群でハズしたとは思ってませんので。

その中で上手いと思ったのは共通の締め方ですかね。
1つ個別を終えたくらいの濃さがあったかな。
ここは過去作の傾向を越えたと思ったところ。

で設定も、同じコトが言えますよね。
前作同様、中世っぽい世界観。
前作が久々に「Princess Frontier」みたいな世界観してるなぁ、
と思ったら、今度はこれを続けますか、っつー。

これも今作まではこれはこれで良いかな、とは思えます。
けど、さすがに次作もこれだったら勘弁かなぁ。
以前「Like a Butler」から「Dolphin Divers」まで
「かしまし~」を除いて特殊職業の訓練校という設定が続きましたけど
さすがに3本・4本続くのもね。

AXLは偶数作・奇数作でシナリオライターを振り分けているハズなのに
どうして同じような設定が続きやすいのか、という。

あと、前作で出演されなかった松田さんと桜川さんが帰ってきたのも
1つトピックだと思うんですけど。
個人的に中の人で気になったのは
「桃井いちごさん・御苑生メイさん・ヒマリさん」の3人組。

「イノセントガール」「ハーヴェスト・オーバーレイ」といい
共演が続いてるように思えるのは単にワタシの気のせい?

さて、いつも通りならフィリスを最後にするんですが、
今回、このお約束を飛び越える存在がいるとしたら
それはメリルかなぁ、という期待感があるので
彼女をラストに回して次はフィリスに逝きたいと思います。

今月のエモノ

2014.04.25.Fri.23:03
今日は地元祖父がえっらい混んでまして
いつもの月末金曜なら15時以降に逝けば
並ぶことはなかったハズなんですが、
先月に続いて今月もそこそこ長い列。

増税だけが理由じゃないのか、
単に地元にヲタ同志が増えたのか。

理由はよくわかりませんが、
今日は4本中3本が店頭回収だったため、
仕事中だっつーのに並んでしまいましたw

で、ゲットしてきたブツ&通販でポチったブツ↓
20140425.jpg
「レーシャル・マージ」「空飛ぶ羊と真夏の花」
「PRETTY×CATION」「恋剣乙女FD」の計4本。

来月が9本のせいもあるんでしょうけど、
4本の今月がえっらいおとなしく見えるのは
気のせいなのか病んでるせいなのか。

今回は数が少ないと思ったので特典も写してみましたが・・・
どれも気合い入りすぎててワロタw
本数少ないはずなのに、特典格納庫が一気に溢れましたわ。

当初はどれからプレイするか悩んでいたのですが、
さっき届いたメールでトップバッター決定w
ソレが決まったらあっちゅー間に全部決まりました。

「レーシャル・マージ」からスタートして
「恋剣FD」→「プリティケ」→「ソラハナ」
とやってこうかと思います。

本格始動1ヶ月足らずでエライことになりました

2014.04.25.Fri.22:24
月末金曜日といえば恒例の回収報告をするところなんですが。

今日はその前にどえらいメールが来てたのでまずそちらから。


届いたメール
From:AXL-info
件名:バナーキャンペーンの件


当然ですがこの時点でテンション上がりっぱなしw

内容確認したら、フィリスの色紙を当選させていただきました。
AXL新作第10弾「レーシャル・マージ」 2014年4月25日発売予定!
や、当選だけでもスゴイのにここでフィリスってのが更にスゲェ。
彼女、中の人は青山さんだけあって実質メインですよね。
祖父のPCげーむ倶楽部でゲットした色紙もメリルではなく彼女でしたし。

ワタシ的にも一番ツボに来ていたキャラだけにこれは嬉しさ2乗じゃ済まねぇっすw

いやぁ、このブログをマジメに開始してまだわずか1ヶ月足らずですよ。
それでこんな大物が来るとは思ってませんでした。


AXLさん、本当にありがとうございます。


・・・っつか未だ実感湧かず。
や、マジでスゲぇななんだこれw


※追記
ブツが届いたのでうpしました。

神奈川の新名物を勝手に認定すると

2014.04.23.Wed.14:41
先の平塚編に続いて今度は
「Clover Day's」の横浜編。
続きを読む "神奈川の新名物を勝手に認定すると"

そうだ旅に出よう・・・と思ったけど来月を考えて大幅に妥協

2014.04.23.Wed.14:05
先月購入分を6本を無事消化して、
今月分発売日までまだ日がある状態なんですが
かといって他の積みゲを崩すほどのモチベもなく。

どないしょー?

と思ってふとひらめいたのが


そうだ、旅に出よう


とは言え、来月分予定9本が未だ1本も延期もない状態で
出費する暴挙は避けたい、ってのと

どうせ逝くなら聖地巡礼でしょw

ということで、近場で検討。

今年暫定トップの「ハロー・レディ」の舞台徳島は
南関東在住のワタシにはハードルが高すぎるので
僅差の2位「Clover Day's」の横浜、
それと「恋する姉妹の六重奏」の平塚に行ければいいかな、と。

「イノセントガール」は同じ神奈川の久里浜っぽい名前が舞台になってますが
ワタシの知る限り、どの背景も久里浜には存在しない気がするので除外。
思えば前作「グリザイア」も久里浜の先にある三浦が舞台のハズでしたが、
やっぱり背景にはほとんど見覚えなかったので、単に設定だけかと判断。

横浜と平塚は仕事で逝くこともあって、
実は背景画像の多くに既に心当たりがあったりするので
半日で回れると思い早速逝ってきましたw
以下、画像投下。
続きを読む "そうだ旅に出よう・・・と思ったけど来月を考えて大幅に妥協"

説教臭さを逆手に取ったか

2014.04.20.Sun.23:29
「ハロー・レディ」クリアしました。

(今回プレイ分以前の感想はコチラ→

やー、凄かったなぁ。
久々にシナリオでのめり込んだ作品でした。
じゃなきゃ、途中経過で3回も感想記事入れないw

あれこれ完成度高かったですね。
伏線を回収してるのはもちろんですが、むしろ逆を褒めたいです。
つまり急展開を見せてもそこには必ず前に伏線があったと。

故にソレ自体が意表を突かれたサプライズにはなりえないんですけど、
でも、見せ方の工夫できっちりサプライズを演出してるのは
これはもうセンスの違いっすね。

エルルートで広げた風呂敷をラストで更にどう広げるのか、
ってところは非常に見応えも説得力もありましたし
お話の粗筋自体、非常に満足なデキ。
そしてその過程で見せるテキストもらしさ全開で良かったですね。

最初2人のルートで言ったことですが、
思いはまっすぐでベタでも、それを発露する時の描写が
ちょっとヒネっていて、それでいてそのキャラらしさ十分で、
読んでてあれこれナットク、という描き方は
全般的に光ってたと思います。

また、どのキャラも信念にブレない設定で展開してましたが
「暁WORKSらしいなぁ」と思ったのは黒船の行動原理の描写。
あれだけ高邁な理想論を吐いていても、
とっかかりはいかにも人間臭いソレだったのか、という。
でも彼の最後の言葉は理想論、という締め方も上手いなぁと。

そしてそこまでやっておいて。

やっぱラスボスはその人だよねー、とw
そしてその中の人のチョイスがスバラシイw
そこでその方を使うのか、っつーww

また、そこで明かされる大義の行動原理もなるほどねー、と。
エルルートの終盤で、彼が思わずこぼした一言で
それはあからさまに匂わせていましたが
それでもソレまでのルートでの彼の立ち位置はイマイチあいまいで。
それがここで非常にナットクさせられましたね。

正直言えば、引っ掛かるところはそれなりにあります。

ムリあるなぁ、と思ったところでは、誰しも思ったでしょうけど
「なんで中盤まで主人公の正体に誰も気づかない?」
ってところw
あとハローの起動スイッチとなる英詩について
「あれがスイッチということか」みたいな記述をしておいて、
後に主人公もさも当然のように「RUN」してるじゃねーかとw

またチート過ぎる朔の真の能力と
「喝采を」という台詞には結構違和感ありましたけど
まぁソレまでの勢いでほぼ消されたかなw

そしてプレイ前に警戒していた、「説教臭いテキストのゴリ押し」は
今作でもやっぱり健在だったんですが。

「人間」「生きること」「生きる意味」といった重いテーマを
ひたすら畳み掛けてきたので、そりゃどうしてもそうなりますが。

それでもそれまでの過程で、主人公はソレをこともなげに言葉にする奴、
ってのを散々見せられていたので、今回はさほど苦にならなかったですね。
また、その描写に絡めて盛り上げるところは盛り上げてましたから
メリハリも利いてたのも苦にならなかった一因かと。
むしろこれのゴリ押しで上記の違和感が消された印象もありますね。

いやぁ、シナリオでここまで惹き込まれたのは「リバコロ」以来かな。

また、シナリオだけでなく音もハイレベルでした。
これは曲だけでなく音質も異常なクオリティ。
ホント、音だけは映画を見ているような臨場感がありましたね。

また、ヴォーカル曲も過去の真里歌さんの曲調とは違って
だいぶロック色が強いと思うんですが
「我が道を行く」を地で行くこのお話にはソレがハマってたと思います。

それともう一つ触れておきたいのが中の人。
遙さんがハマリ役すぎっすw
あとは当初は「なんでこのキャラが北見さん?」と思った珠緒ですが
後半をプレイすると、この配置で正解だと思わされましたね。
デレてカワイイキャラですが、デレなきゃデレないで
ここまで存在感を発揮するキャラなのかと。
そして前述のラスボスの中の人。
要所要所を上手い人がキッチリ押さえてた印象です。


そんなワケで恒例の採点表はこうなった。

「Clover Day's」の天下がまさか3週で終わるとはw

サブパラの合計点はそこまでじゃないんですけど、
シナリオが高評価だと自然と満足度は高くなりますね。
好き嫌い分かれる作品だと思いますけど、萌えより燃えた作品で
そこへの一点特化がワタシ的にかなりツボに来た感じ。

や、結構なお点前でした。

ヤベェ、パネェ、なんだこれ

2014.04.18.Fri.01:39
プレイ中の「ハロー・レディ」、
3人目エルルートをクリアしましたが。

昨日、キャラ弱いとか言ってどうもスミマセンでした。
想定の数十段ナナメ上かっ飛んでたすげえルートでした。

いや、これ、ちょっともう「&」でも比較できないレベルかも。
「&」だって過去の暁WORKSの中では最高レベルの評価をしてた作品ですが。

や、ラス前ルートでここまでやっていいのかと。
これでラストはどうなるのかと。

このクライマックスを見せつけて、
残すルートがトリの朔ってのがまたどえらい。
なんだこれホントに。


勢いに任せて続けてプレイしたいところですが、
一度踏み込んだらノンストップで完徹間違いなしなので
今日のところは自重して明日以降続けます。

しっかしこの余韻で寝付けるんだろうかw

ノーブルなハズが随分とハードボイルドでいらっしゃる

2014.04.17.Thu.00:22
プレイ中の「ハロー・レディ」ですが、
珠緒→空子とクリアして折り返し地点到達。

いやぁ、2人ともですがヒロインの見せ場が練られてますね。
自身の信念を見せる場面の描写、その覚悟の見せ方がかなり好みです。
変態主人公成田ですら驚く意表の突き方してますが、
反面その覚悟はとってもピュア。
そのまっすぐさ・清々しさがスバラシイっす。

序盤で散々出てくる「ノーブルたれ」がこれにつながってるなら
なかなか皮肉が利いてていいね、と。

あとはここまで散々伏線は張ってるけれど中身が明かされない
成田自身のHMIを半分終わってまだ隠すか、という展開も
この後、素直には行かなそうな気がしてて
その辺りも今後に期待出来そう。
というか、朔もエルも大義もその中身はまだ明かしてないワケで
それでここまで話を作れる、ってところはさすがっちゃさすが。

半分終わっての評価・期待値も
冒頭からの勢いをキープしてます。


それにしても。
最初に属性外のロリ、エルをクリアしようと思ったんですが、
彼女は後から、っつー縛りがあるみたいですね。
毒舌のチビロリキャラにるい智のお口ナイフと同じ中の人を配して
さらにルート縛りとか、そのるい智を彷彿とさせますわ。

個人的にですが、るい智の弱点は
ラストがお口ナイフ縛りだったことだと思ってるんですよね。

もともとヒロイン陣より主人公の智がメインヒロイン、
ってポジションにいるような作品ではありましたけど、
その中でも決して人気が出そうなタイプには見えない
茜子をラストにしたのが今でもなんだかなぁ、と。

シナリオの設定的にラストに来るのは理解できるんですけど
キャラ的にはそこまでの存在感はねーだろう、
とぶっちゃけ思ってしまってたワケでして。

おかげで、ワタシ的にはるい智は後半になればなるほど
テンションが落ちるという鬼仕様。

まぁ今回のエルは茜子よりはロリロリしてるので
そこへの需要は十分満たしていると思うんですがw

ただ、今作ではそのエルはラス前なのがありがたいっすね。
今作ではラストに真打ちの朔が控えているので
その点では非常に安心してプレイできてます。

エルルート自体はシナリオ的にはかなり鍵となる個別だと思うので
朔が控えている終盤へのモチベを保ちつつ、
エルルートのシナリオそのものを楽しめるなぁとね。

そんなワケでこんな失礼な評価もひっくり返してくれることに期待してますw