2016年04月 | IWGB

どこまで行けるか、どこで逝くか

2016.04.28.Thu.23:22
今月分回収してきました↓
160428a.jpg
「ワガハイ」「なまラブ」「ビッチ姉」「ウィザコン」
「あなオト」「おにキス」「ボク×」の計7本。

来月10本が控えているせいか、
2月の13本があったせいか、
今月は割と普通だったとか思い始めてる辺り
神経はたぶん相当に麻痺し始めていると思われます(ノ∀`)

にしても「ワガハイ」の特典数がマジでパない(・ω・;)
ここまで特典を積まれたのは久々な気がします。
更に「ノラとと」とのコラボ特典もありますからねー。
や、相変わらずのケチャップドバドバぶりでさすがですw

・・・で、なんつーか。
こうして並べてみると、今月は結構マニアックというか
フェチ系作品を結構攻めた気がしますね、我ながら(ノ∀`)

とりあえず「ビッチ姉」からスタートして、
「ボク×」→「おにキス」→「なまラブ」というそのフェチ系からやっつけ
その後「ウィザコン」→「ワガハイ」→「あなオト」という順番にする予定っす。

前半4本でどこまでモチベを高められるか、
というか一気に片付けられるか、が勝負な気がします。
GWは全部出勤ですが、その期間中に前半4本を終えるのが理想的ですね。

来月10本ありますから、正直繰り越しはしたくないんですよねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。
・・・とは言え、最近5日連続でムリをすると
発熱するらしいコトがわかってきました(ノ∀`)

まぁどこまで逝けるかわかりませんが、
「ガンガン逝こうぜ」ベースのピンポイントで「いのちだいじに」を挟んで
向こう2ヶ月飛ばせるところまで飛ばしてみたいと思います。

ちなみに期待値
ビッチ姉:85
ボク×:80
おにキス:65
なまラブ:65
ウィザコン:60
ワガハイ:90
あなオト:80

ああ、それと今日のエモノその2↓
160428b.jpg

明日は気が重い(´・ω・`)

2016.04.27.Wed.22:05
個人的に今日がGW前最後の休みで、
これから向こう10日ずっと出勤になる、
ってだけでも気が重いんですが(´・ω・`)

明日、今月分回収日なのに雨予報、
ってのがもぉね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

明日は店頭回収分が6本あるんですよ(´・ω・`)
更に「フロフロ」と「にくにく」と「千桃」の予約もしますから
前者2つは特典もありーので
たぶんワタシ一人でレジ前に10~15分は
陣取るコトになると思うんですよねぇ(;´▽`)y-~~

やー、明日どれくらい地元祖父が混むかわからないんですが
かなり顰蹙買う悪寒がしてなりませぬ(´・ω・`)

で、そこでのミッションを終えたら
今度はエロゲ6本を抱えてそれを置いてくるために
一旦家に行く事になるのですが、雨ってのがホント余計(´・ω・`)

地元祖父の店員さんの7割は
雨でも外にビニール被せてくれたり袋を小分けにしてくれたりはしません。
1つの紙袋に全部詰め込んでタペストリーが紙袋からはみ出てようが
そのまま手渡してくるような人達が多いので
今からなにか対策を考えねばなりませぬ('A`)

仕事中にサボって家に向かう途中で
紙袋破けてエロゲ6本とその特典達がドバーっと雨の道に散乱、
とかマジで人生終わりかねませんので\(^o^)/

なにか大きめの袋を用意しといたほうが良いかなぁ・・・

あと(・ω・)
明日予約するつもりの「フロフロ」ですが
もう店舗特典のラフ画が公開されてましたね。
意外だったのは・・・

七緒人気凄ぇ(゚Д゚) 
3/8とかw
黒髪需要とか中の人需要とか見込まれたんですかね。
しかもかなりエロい∑d(≧▽≦*)

メディオのはケツのデキ次第かな、という気がしてますが
ゲーマーズとトレーダーは現時点で既に食指が動く(ノ∀`)

あと逆の意味で意外だったのは茉宮さんのアーデルハイト。
とら1店のみとか。・゚・(ノ∀`)・゚・。
前作で人気だったヒカリ同様パツキンですし
中の人も秋野さんで申し分ないハズなのに・・・
って胸か(・ω・`) 胸しかないか。・゚・(ノ∀`)・゚・。

しかしここで敢然とサブの莉玖に逝ったげっちゅがあざといwww
やはり胸はありませんが
前作のののちゃんの二匹目を狙ったようにしか見えないwww

うん、祖父のまだ未定の特典2つ次第では
げっちゅにも逝かねばならない予感(;´▽`)y-~~

いったいいくつ買う事になるのか想像もつかねーぜ\(^o^)/


ちなみに。
年初に立てた今年のエロゲ購入本数の目標は
①50タイトル以内
②複数本購入を含めて60本以内
なんですが。

4月終了時点の途中経過
①21タイトル
②27本

5月6月分の予定も加えると
①35タイトル
②41本

我ながら上半期からかっ飛ばしてんなぁ(;´▽`)y-~~

「千恋」の特典に思ってたほど食指が動かなかったので
下半期はおとなしくなるかなぁ、と思ってたら
やっぱり俺は俺だった\(^o^)/

あと複数本逝ってしまう有力候補としては「千桃」ですが・・・
まぁ近日中にもう目標は亡き者になる予感(;´▽`)y-~~

なんとかやっつけた(;´▽`)y-~~ が、来週中にはやっつけられる悪寒\(^o^)/

2016.04.24.Sun.23:52
「まいてつ」が終わって積んでたエロゲ、
とりあえず全部片付きました。

木曜には今月分7本の回収がありますが
その前に片付いてホントに良かったっす。・゚・(ノ∀`)・゚・。

で。
木曜まで少し余裕が出来たと言いたいところなんですが
昨日から発熱気味でして(´・ω・`)

今月分回収までになんとかこれを押さえにゃならん、
というクエスト発生\(^o^)/

世間様がGWを迎える頃、ワタシは鬼なスケジュール(↓)してるので
4/29出勤 4/30出勤 5/1出勤 5/2出勤 5/3出勤
5/4出勤 5/5出勤 5/6休日 5/7出勤 5/8出勤

絶対に治さねばなりません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とりあえず水曜までは体験版でお茶を濁しながら
静養第一に努めたいと思います(´・ω・`)

ホント惜しいなぁと

2016.04.24.Sun.23:36
「まいてつ」グランドルートまで終わりました。

いつもと順番変えて、あえて絵から感想言いますと。

や、背景から雰囲気凄くてこれだけでも相当楽しめました。
それに加えて立ち絵でもイベントCGでも
E-moteでキャラを動かすとかマジでパないクオリティ。

動き自体の質もかなり良く、
各部位の動かし方も相当に練られてたと思います。
例えばキスしてるシーンでは口だけでなく
目や表情の動きもかなり細かく設定されていて
ホントにそうしてるようにしか見えない演出力。
表現力は相当にズバ抜けていたと思います。

キャラデザは人によって好き嫌いあると思いますけど
背景も含めたこのクオリティはもう満点しかつけられないなぁという感じ。
相当にロリ色の強いブランドですが、この作品は
その属性外でも楽しめるデキだったと思いますね。

ただ。
あえて気になったところを言うと・・・
もっと「8620」自体の絵があったほうが盛り上がったんじゃないかなぁと。

序盤は「8620」を走らすために奔走することになるワケですが、
肝心の走り出すシーンはなかったり、
その他、再出発のシーンでも機関室のCGだけで凌いだり
なんつーか、徐々に上がって来た期待をここぞ、
という時に軽くいなされた感じがして
かなり勿体ないなぁという印象が正直ありました。

機関車そのものを捉えたCGがせめて2枚あれば
表現力は更に数倍は増した気がします。
OP画面で見事に描いてるんですから可能だと思うんですけどね。

シナリオのほうで引っ掛かったのも概ね同じところ。
一番盛り上がるところがカットされてる気がして
肩透かし食らったように感じる場面が多いよなぁと。
「8620」自体のCGがないことによる縛りが
シナリオにも多大な影響を与えた印象を受けましたね。

あとは細かいところですが。
混浴とか被選挙権の年齢とか
公務に影響しているように見える市長の兼業とか
学園生が機関士勤めたりとか
一般常識に凝り固まってるほど「あれ?」って違和感が
どんどん増大してく感じがしました。

や、もちろん日本に似た世界のお話、ってコトは理解してるんですけど
それですべてを違和感なく飲み込めるような設定には受け取れず
それはつまりご都合的なモノに見えてしまう、という流れになりまして。

ソレ以外の鉄道を通した街再生のお話(特にそのためのアイデア・視点)や、
各キャラの悩みや葛藤の描写はかなり楽しめたんですけど
その分、その細かいところが引っ掛かってしまった感じですね。

あとはメイン3人だけでなくサブヒロインにも個別が用意されてるのも
かなり楽しめた点。
個人的には特に真闇姉がツボに来ましたね。
一番年上な人ですが、「うわー凄ぇかわいい人だー」とw

あとは主人公と同年代のポーレットも
グランドルートで明かされるエピソードがニクイねぇと。
双鉄の言うとおり実は「強い」人なんだなと。

ハチロク筆頭にロリヒロイン達の描写はもう鉄板ですが
そうじゃないヒロイン達の描き方もかなり練られてて
個人的にはそこが非常に楽しめました。

そんなところで恒例の採点表↓
maitetsu.gif

採点が年々甘くなってる自覚のあるワタシですが
これは一昨年くらいの基準でも90台は当然のクオリティでしたね。

ただ、もし前述の「8620」のCGがあって
シナリオもそれに合わせて盛り上げるところを盛り上げていたら
以前のキツイ基準でも楽に95点前後まで点数は伸びてたと思いますね。

あ、あとは小倉さんやら藤森さんやら上原さんやら
名だたる声優陣をその役にしちゃうのか、
というところが一番ウケた点かもw

「名選手、名監督にあらず」とは言いますが

2016.04.19.Tue.16:46
「ときそく」4ルートともクリアしました。

共通までで思ったことは・・・
・美咲が過去のオダワラ氏のヒロインの中でも相当にカワイイ∑d(≧▽≦*)
・設定の割に中身もノリも相当軽いねー(・ω・;)
・まぁその分テンポが良いのでサクサク読める

と若干期待とは違ったモノの、
そんなにネガティヴな感想はさほどにゃありませんでした。

過去、あっぷりけ・暁WORKSのプロデューサーとして名作を生み出した
憲yuki氏のシナリオデビュー作品、っつーことで、
その辺は期待半分不安半分だったんですけどね。

長くなりそうなので以下追記。
続きを読む "「名選手、名監督にあらず」とは言いますが"

お宝来てたー\(^o^)/

2016.04.18.Mon.23:14
今日の昼休み。
最近の日課となっていた「迷惑メールフォルダ漁り」をしてました。

なんでこんなことを日課にしてたかというと、
「ノラとと」の各種キャンペーンの当選者からの返信率が異様に低い、
という公式ツイートを見たからでしてw

「勿体ねぇー。・゚・(ノ∀`)・゚・。」と思いつつ・・・

「返信率が悪いというのはつまり大多数が迷惑メールに振り分けられてるんだろう」
「ん?これなら再チャンスあるかも?」

と簡単に予測が立つわけですよ。
で、今月いっぱいくらいは削除する前にチェックしよ、とw
そして1日平均300~500ほどの迷惑メール漁りを日課にしてたら・・・

ズラズラ並ぶくだらねぇメールの中に、「お!!」とすぐに気付く件名がw
「ノラとと応援Twitter・バナーキャンペーン」サイン入りTシャツ当選のお知らせ

ホントにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

原画の大空樹さんのサイン入りで各ヒロイン2名ずつのTシャツ当選∑d(≧▽≦*)

中身を確認したら、当選させていただいたのはあっすーでした↓
『ノラと皇女と野良猫ハート』 明日原ユウキ
いやー、どんな絵柄がプリントされてるか楽しみっすね。
もしレンチキュラーの絵だとTシャツとしては衝撃的な図になりますが(ノ∀`)

それにしてもホントに来るとはビックリっすwww
日課にしててマジ良かった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そして、HARUKAZEさん、本当にありがとうございますm(_ _)m

やー、現状今年の作品で一番思い入れの強い作品でしたからホント嬉しいっすね。

これまでHARUKAZEさんはケチャップドバドバの勢いで
無料のノベルティをこれでもかと配布され続けてたんですけど
ワタシはなんでかまったく縁がなく、ほとんどゲットできてなかったんですよね・・・

しかしここでまさかの大どんでん返し\(^o^)/
しかもこのブログ始めて敗者復活当選はこれで2度目(ノ∀`)(1度目は「魔女こい」)

普段はまったく運がないんですけど、いざというところで
とんでもない悪運を発揮するタイプのようです、ワタシw

さて、お出迎えのために
次の休みにTシャツフレームを自作せねばなりませんな(;´▽`)y-~~

届きましたらまたうpさせていただきます。

※追記
届きましたのでコチラにうpしました。

試練は来月か(;´▽`)y-~~

2016.04.16.Sat.00:02
昨日「オモカゲ」もやっつけたので、
先月分の残りは「ときそく」「まいてつ」の2本。
残り2週ありますから体調ぶっ壊さない限りなんとかなるかなと。

で。当初の予定では今月8本・来月8本購入だったんですが・・・
正直一番想定外だった「タラレバ」が来月に延期。・゚・(ノ∀`)・゚・。

や、ブランド的に絶対延期はしないイメージがありましたし
プロモーションも予定通り進んでる感じでしたし
ホント意外以外の何者でもなかったですわ(´・ω・`)

逆にどれかは延期すんだろ、と思った他の作品が
一切延期なさそうなところも意外でしたね~。

まぁGWは普通に仕事なワタシからすれば、
1ヶ月のノルマが8本→7本になるのはかなりデカイので
助かるっちゃ助かるんですけどね。

ちなみに今月の購入決定作品↓
・ワガママハイスペック
・ビッチな姉ちゃんが清純なはずがない
・ボクの××は寮生たちの特権です!
・あなたをオトコにしてあげる!
・お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか
・なまラブ
・ウィザーズコンプレックス
何気に期待値順(ノ∀`)

ライター陣がパネェ「ワガハイ」はそら期待値上がりますが
なんでか最近「ビ姉」へのwktkが止まらないっす(ノ∀`)
「ボク×」のひさまさん、「おにキス」のK子さんの絵もかなり好きなんで
そこへの期待値も当然高めなんですが
ここに来てのワクワク度は「ビ姉」のほうだなぁと。

黒髪ばかり、ってのが良かったのか
なんかもう吹っ切れてるというか
メーター振り切れてるまでの馬鹿っぽさが刺さったのか
前作「リブラ」が思いのほか自分的にスマッシュヒットだったせいなのか
自分でもよくわかりませんが、
今月分で真っ先にプレイするのは恐らくコレになるでしょうね。

で、問題は、だ(・ω・)

来月が9本+ガルパン劇場版ブルーレイになっちまったコト\(^o^)/
しかも凶悪的なまでに期待値高め作品が多いorz

S:タユタマ2
A:みあげてFD
A:はつがまい
A:ハナヒメ
A:恋クマFD
A:ロロログ
B:面影レイルバック
B:乙女理論とその後の周辺
B:タラレバ


・・・とは言え安定のハイクオさんと最近のNavelさんなら
再度ゴール前でロングパスかましてくれそうな期待感はありますがw
逆に「ロロログ」「はつがまい」辺りは延期しないで欲しいなぁ、って感じ。

まぁ来月の心配の前に、今月分をちゃんと
来月中に片付けるノルマを心配すべきですね(ヽ´ω` )

ワタシ的にはキャラゲ・ヌキゲとしては申し分なし(≧∇≦)b

2016.04.14.Thu.23:14
「オモカゲ」、ラストのハーレムまで終了しました。

ミドルプライスのあからさまにヌキゲな設定だったので
ある程度チープさが目立つであろうコトには覚悟してたんですけどね。

で、実際OP曲とシナリオはいかにもな印象を受けたんですけどね。

やたらと独り言の多い痛い主人公に、
H中必要以上に卑語を連発するヒロイン達、
ってのは正直なんだかなぁと思いつつもまぁ前述のとおり
それくらいは想定の範疇内で、覚悟を問われる場面もまったくなく。

というか個別分岐後は及第定点以上には
イチャコラを描いていたと思いますので、むしろ期待以上だったかも?

この作品で特筆すべきは、やはり購入前から期待してた絵。
ここに関してはホント文句なしでしたね。

キャラデザは「こらかわええ(´・∀・`)」と買う前からツボに来てたワケですが
これがエースキャラだけじゃないところが良かったですね。

メイン3人とサブ3人のヒロインの属性はほとんどテンプレ通りの
オーソドックスな配置でしたが
これを6人とも魅力的に描き分けてる画力がまず素晴らしいっす。

そして塗りのクオリティもそこそこ高め。
どーゆー巡り合わせか、直近でプレイしたのが「罪ノ光」「エッセンス」と
連発でおっぱいの塗りにガッカリしまくった経緯があるだけに
今回はマジで心底思いました。

「なんて美乳やー。・゚・(ノ∀`)・゚・。」とw

そして原画というかイベントCGの構図もツボに来るモノが多かったですね。
CG毎におっぱい、ケツ、脚とどこをどう見せるかの意図がしっかりしてて
どんな構図になってもボディラインのバランスが
あまり崩れないのは非常に評価したい点。
最近、ここら辺をしっかり描ける絵師さんが激減してる気がするので尚更。

CGによっては若干表情に不安定さを感じたところもありましたが、
設定上、Hシーンのラストには必ずアヘ顔にしなくちゃいけない縛りを考えたら
相当に描き分けに苦労しただろうなあ、
とむしろ最後まで描ききったことを称えたいくらいっすねw

そして立ち絵のクオリティもかなり高め。
ぶっちゃけ立ち絵だけでも抜けるレベルかとw
このクオリティで表情・服装の差分数もそこそこ。
ミドルプライスであることを考えたら相当頑張ったなぁ、って印象です。

特に感心したのは、サブ3人の作り込み。
メインに比べたら使う回数少ないのに
サブもメインとほぼ同様に差分が用意されてましたね。
麻姫は脱がせたら一番エロかった気がしますし
栞はメガネ外すとかなり印象変わってメインを食えるポテンシャルを感じました。

あとはミドルプライス作品の割に背景もしっかりしてて
この価格帯の作品にありがちなチープ感が絵ではまったくありませんでした。
塗りがもうちょっとレベル高ければ10評価でしたね。

そして侮れないのがBGM。
OP曲は歌手さんの歌唱力から「?」でしたけどBGMはさり気にレベル高いw
西坂氏が手掛けてるのでナットクではありますが、
アコギメインだったりジャズっぽかったり引き出しの多さがさすがです。

とそんなところで採点表投下↓
omokage.jpg
自分でも意外な高評価(ノ∀`)
おそらく世間様よりかなり高く買ってると思われますw

これは、個人的に絵がかなりツボだったのと、
プレイ前から覚悟が出来てたことが大きいでしょうね。

絵がツボに来る人で「ミドルプライスならこんもんだろう」
と最初からハードルを低めに設定される方なら
ワタシ同様評価は高めになるんじゃないかと思われますw

や、まさかこのシリーズで度肝を抜かれる日が来るとは思わんかったw

2016.04.13.Wed.03:17
「乙女が彩る恋のエッセンス」ヒロイン5人に
ラストのシークレットストーリーまで終了しました。

や、クリア直後のファーストインプレッションは↑の記事タイトルどおりです。
ここまで盛大に裏切られるとはまったくもって想定外www

とりあえずここに至るまでの中身の感想を。
まずシナリオの感想ですが。

共通とヒロイン2人(芹香→皐月)をクリアした時点で思ったんですよね。
「料理」に関する描写がやたら具体的で説得力あるね、と。
個人的にシリーズ最高作と思ってた「キャンバス」は芸術関係の描写が細かく
個人的にブランド最高作と思ってる「おじょナナ」は経済関係の描写が細かいんですが
この作品の料理に関する描写もかなりしっかりしてるね、と。

もちろんそんな描写とお話の描写はまた別物のハズなんですが、
やはり設定部分を丁寧に描いてただけあって
個別の中身もしっかりしてました。

ここ数作の「乙女シリーズ」は「女装モノありき」がかなり目に付く
無理矢理な設定に男バレした3分後には最初のHシーンが終わって、
気付いたら速攻で個別終了、っていういかにも「絵だけ」な中身してるなぁ、
っていうのが正直な印象でして。

そこが「女装潜入モノ」の一番の見せ場なハズなのに
ずいぶん淡泊というかあっさりだっただけに
作品全体・設定そのものもえらい薄っぺらく感じられてしまってたんですよね。
いやまぁ個別自体もやたら短くて実際ぺらぺらでしたけど。

で。今回もそんな作品だろうという先入観があったのですが・・・

2人クリアした時点で「サーセン、お見逸れしました~m(_ _;)m」って感じでした。
各ヒロインの設定が他ルートでもちゃんと機能してるんですよね。
皐月ルートで頑張る芹香の描写なんて
ここ数作のシリーズじゃ有り得なかったでしょうと。
また、何気ないワンシーンで感情のやりとりをする、なんて描写もあったりして
思った以上にレベル高いなあと。

そしてその後の乃亜→咲夜→あかりとクリアすればするほど
「各ヒロインのデレ方もちゃんと描き分けてきてるなぁ」ってことと
「おお、男バレした時の反応がちゃんと性格設定にリンクしてる」
ってところに感心するようになりまして。

それぞれ悩んだり葛藤したり嬉しく思ったりという
内面描写にかなり説得力がありましたし
そこからの各ヒロインのリアクションも人それぞれで面白かったなあと。
特にあかりのドストレートな反応は「かわえええ」と破壊力抜群でしたわ。

他にも各ヒロインの成長過程や主人公の献身さも上手く描いてますし
各ヒロインが主人公に「そら惚れるわ」っていう必然性と説得力が
これでもかとありましたから、お話自体もまとまり感がありましたね。

この時点でシナリオ評価は7・キャラで9・満足度も85近くは逝くでしょ、
とか思ってたんですが・・・ここから更なる上積み。
短いながらもシークレットストーリーの存在がパなかったですね。

本編で伏線だとは気付いてましたが、そう匂わせて終わるだけかな?
と思ってたところをこれでもかと痒いところに手が届く丁寧描写。
ベタであってもここまでちゃんと描いてくればそらもうナットクなワケですよ。

そして「あー、だからこそ『料理』なんだなぁ」っていう
最後の一押しがまた良かったですね。
この基本設定をフルに使い切ったなあと。
そしてこの一押しがシナリオ評価と満足度も押し上げた、とw

絵については。
主人公シナリオやオールスターディスクをプレイした時に言ったコト
前言撤回させていただきますわ。
あかりもさることながら、ソレ以外のヒロインもかなり良かったですね。

前作ではもはやシリーズのメイン絵師と思われたきみしまさんがサブしか担当されず、
他の絵師さんがメインを担当してどうなんだと思ったら案の定、
人気投票はそのきみしまさんのサブ2人でワンツー、というオチだったので
正直今作はどうなるんだろ?と思わずにはいられなかったワケですが。

武藤さんの復活に庄名さん・浅海さんの参加はかなり大きかったと思います。
きみしまさんの過去作のキャラが多数ゲスト出演してたので、
そこで不在を感じさせなかった、ってところもあるかもしれませんが
仮にゲスト出演がなかったとしても、
ヒロイン5人の存在感はあったんじゃないかな、と思いましたね。

あかりと咲夜はもともとWエース的な位置づけだったと思うんですけど
他のヒロイン、特に皐月・乃亜の2人が思った以上に攻撃力あったなぁと。

キャラデザやイベントCGの構図も、
かわいいところとエロいところのメリハリが利いてましたし
原画のエロさ、ってところではシリーズ最高と思えましたね。
またあかりルート終盤の彼女の涙のシーンはかなりキレイだったと思います。

ただ。
ホントそこだけなんですが。
一点非っ常に残念だったのは・・・チクビの塗り。・゚・(ノ∀`)・゚・。

なんでドピンクなんじゃーとorz

min○riのガッカリおっぱいの要因の1つはピンクなB地区だと
つい先日も言った気がするのですが。

今作参加されてる庄名さんはそのmin○riの作品にも参加され
やたら乳がデカいキャラを量産しその残念な塗りの被害に遭われ
「キャラデザカワイイのに脱いだらガッカリ」
をワタシ的に繰り返してきたのですが。

今作、ついに他社作品に参加され
ウシ乳の呪縛から解き放たれてたので
「おお、やっとピンクじゃない美乳を拝めるぜ」と期待してたら・・・
呪いはまったく解けていなかったorz

原画・構図的にはかなりエロさがあったと思うだけに
ホント勿体なくて仕方ない。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ここさえマトモなら絵の評価は2ランクアップしてた気がします。
そうなってたら満足度も4ポイントくらい上がってた気も。

と、ここまででだいぶ長くなったので採点表を投下しますと↓
otome--essence.jpg
まさかの年間暫定トップ(ノ∀`)

「おじょナナ」のように笑えるシーンってのは少ないのですが
真剣さと可愛さの描写と、丁寧さ・メリハリはしっかりしてて完成度高かったと思います。
「おじょナナ」には及ばずとも「キャンバス」レベルにはあったかと思いますね。
キャラで言えば、あかりも今年のマイ嫁ランクベスト10には入ってくるかと思います。

いやー、お世辞込で期待値70だっただけに
こんな上までかっ飛ぶとは想像だにせず(ノ∀`)

や、ホントお見逸れしましたわ。

まだ慌てるような時間じゃない・・・たぶん。それにしてもあきえもんはやっぱり別格っすな。

2016.04.08.Fri.23:28
先日ようやく2月分をやっつけられたワケですが。
今月分発売日まで残り3週。
で、3月分丸々4本残してる現況・・・

そんなにヤバイと思ってない自分がいます(;´▽`)y-~~

や、部屋の改装が終わったのがデカイw
「罪ノ光」を2日で終わらせた今なら4本くらいなんとかなんだろうとw

まぁ、調子こいたところで突然体調を崩すのがここ最近のパターンなので
これ以上のフラグ建設は控えておこうと思いますがw

で。
これから3月分に入ろうというその前に。
これからやろうとしている「乙女が彩る恋のエッセンス」の特典である
「主人公シリーズ」と「乙女シリーズオールスターディスク」から
先にプレイしてみました(・∀・)

つくづく思った点は2つ。
まず「やっぱあきえもんは偉大やわ(ノ∀`)」と。
遠野さんのボイスがハマりすぎ、ってのもあるんですけど
ボケでもツッコミでもイケるスーパーメイドっぷりはやっぱ凄ぇw
瑞希との掛け合いはつまり遠野さんと桐谷さんの掛け合いでもあるわけですが
芸達者なお二人がこれをやるとテンポが抜群に素晴らしいっすね∑d(≧▽≦*)

そしてもう1点は「やっぱきみしまさんの絵は華があるわ(≧∇≦)b」と。
前述の昭江と瑞希はまだ今の絵柄になる前のキャラですけど
やっぱかわええなぁと。・・・ええ、瑞希も含めてw

そしてまなみや奏さんも当然ですけど
葵もここに入るとかなりの破壊力やなぁとしみじみ。

個人的な印象として、きみしまさんのキャラとタメ張れてるのは
武藤さんの彰というか晶子、それと浅海さんのキャラで今作のあかり、
の2人だけって感じでしたわ。


あとensemble作品でほぼ皆勤の有栖川さんのキャラが
オールスターにまったく入ってないのは意外でもありナットクでもあり。
逆にサブでの出番が多いかわしまさんのキャラが
複数入ってるのは非常にナットクですねw

ということで「エッセンス」に関しては
あかりがド本命ということでラストに取っておく予定。
来週火曜か水曜辺りまでに終われば十分かな、という気でおります。