2016年06月 | IWGB

なんでこんなに時が経つのが早いのか(;´▽`)y-~~

2016.06.30.Thu.01:19
上半期最終日とか明日から下半期とか
確かにそんな日なんですけども。

タラレバをクリアしてから1週間。

未だ「ロロログ」プレイ中(;´▽`)y-~~

一応前に
>月内は「ロロログ」まで逝ければ上々、
>最低ノルマは「タラレバ」まで、って感じ。
とか言ってたんですけど
なにせ「タラレバ」が1日で終わりましたからね(ノ∀`)

なんとか月内に「ロロログ」を終わらせようとしてたんですが
あれからもう1週間かorz

とりあえずラストに取っておいた鈴を残すのみなので
なんとか今日中にクリアしたいと思います(・ω・)

にしても、この鈴ちゃん・・・
なんかめっさツボに来ますな(〃´・ω・`)ゞ

家事パーフェクツでコンパクトボディに茶髪な妹というと
昨年ぶっちぎりでマイ嫁ランクトップに君臨した彼女にも
被る部分がありますが・・・

オレ、いつからその系統に弱くなったんだろう?(ノ∀`)

っつか書きながら思ったんですけど・・・
 ・妹ともども幼なじみな良家のお嬢様
 ・妹の親友
 ・舞台となる部活に主人公を引き込んだ先輩
っていうヒロインのラインナップも丸被り?(;´▽`)y-~~

これは逆に買わないと後悔するので(`・ω・´)

2016.06.26.Sun.22:57
まずは2日ほど遅れで↓が届きました。
160626b.jpg
タユタマ2のヴォーカルソング集ですね。

作品そのものは3ヶ月後に発売延期になったので
2日くらいの遅れなんざなんにも気にならないのが
むしろ切ないというか(ヽ´ω`)

あと、昨日、吉岡ちゃんの抱き枕カバーはギリギリまで悩む、
とか言ってた記憶が自分でもあるんですが。

ついさっき、その舌の根も乾かない内にこんなんポチりました↓
160626a.jpg

いやまぁしゃーないっすよねぇ。
絵師がきみしまさんで、ドストライクな黒髪ロングのお姉さんで
更に中の人が秋野さんでアペンドもあるとか・・・

買う以外の選択肢がない(`・ω・´)9

 ・
 ・
 ・

にしても2日で5万か( ̄▽ ̄;)
これ、来月ボーナスなかったら、正直、俺、人生詰むわ\(^o^)/
とりあえず言える事は・・・

吉岡ちゃん 更に遠くに なりにけり (;´▽`)y-~~

あと、現状、ロロログプレイ前なんですけど、
これプレイしたら「恋かたFD」に取り掛かろうと思います。

ええ、WILL PLUS系列おなじみ、
翌月締切のアンケハガキキャンペーンに乗っかるためです。

一応今後の予定
「ロロログ」→「恋かたFD」→「手垢塗れの天使」→「ラムネーション」→
「せかぽじ」→「はつがまい」→「オトメ*ドメイン」

中盤が修羅場になりそうで今からgkbrっております。
一応これで上半期締めなので、なるべく早めにクリアできるよう
頑張りたいと思います(ヽ´ω`)

後悔はしてませんが後先考えてなかったなぁとは反省( ̄▽ ̄;)ゞ

2016.06.24.Fri.23:35
気になる抱き枕カバーが複数発表されてますね。
「タラレバ」のリリー先輩やら「みあげてFD」の吉岡ちゃんとか。

しかし、ついさっき、ノリと勢いだけで
アレをポチってしまいまして(ノ∀`)

160624e.jpg

これ1つで抱き枕カバー3枚分ですからねー(;´▽`)y-~~

正直そこまで手が回るか非常に微妙。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まぁリリー先輩はなんでか鷹乃さんじゃなくて戌角氏の描き下ろしですから、スルーは容易かな。
吉岡ちゃんの抱き枕カバーはかなり悩みますが、
既に沙夜のクロスポスター付サントラを注文してるしなぁ(;´▽`)y-~~

今のところ、8月・9月の購入予定が3本ずつしかないので
このままならなんとか回せると思うのですが
ワタシがこのままのハズもねーだろうしなぁ( ̄▽ ̄;)ゞ

ちょいギリギリまで悩んでみようかと思います。

今月分・・・ってもう上半期の締めかぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2016.06.24.Fri.23:18
やって来ました恒例の月末金曜日。
昨日言ったとおり、ワタシ的に本命なのはこちら↓
160624a.jpg
まず「ノラととVFB」。
アペンドディスク付で正直これが
今月一番面白そうな気がして仕方ない(;´▽`)y-~~
ちなみに画像右のモバイルバッテリーは今更買いました(ノ∀`)

そしてこのVFB、カバーをめくるとこんな感じ↓
160624b.jpg
さすがこれくらいのネタは軽くねじ込んで来るなぁとw
特別付録の「マリンスタイルなノラぬいぐるみ」は付いてなかったですが
商品化したらそれなり売れそうな気はします(ノ∀`)

それとワタシ的にもう1つの本命作↓
160624c.jpg
まだ付録CDは聴いてないですけど、
北見さんと五行さんの扱いがどうなってるか少し楽しみだったりw

あとその他大勢様↓
160624d.jpg

期待値で言うと
オトメ*ドメイン:80
恋かたFD:75
手垢塗れの天使:65
ラムネーション:60

ちなみにどの作品も絵だけで75~85は稼いでます。
ぶっちゃけ「シナリオがどこまで足を引っ張るか」比べの様相(ノ∀`)


あとはグチなんですが・・・
なんでか地元祖父が購入者のノベルティを一切無くしてました(´・ω・`)
フロフロの公式見ると、今日から配布のしおり第三弾の
対象店舗にもなってるハズなんですけどそんな物まったくなし。
それだけもうなくなった、というワケではなく
全ノベルティを一切撤去してました。

もともと地元祖父は同じ祖父の他店舗より
買取額も低いですし店員さんのレベルも正直アレなので
ぼちぼち他のショップに変える事も検討かなぁ(´・ω・`)

どうしてこうなった(;´▽`)y-~~

2016.06.23.Thu.23:49
明日が今月分発売日だというのに
途中で1本追加したせいで
先月分が3本残ってる状況です(;´▽`)y-~~

というかですね。

一番誤算だったのはすぐ終わると思った続編・FD的ポジションの
「乙りろ」「見上げてFD」が思いのほか長かったこと。・゚・(ノ∀`)・゚・。

「タラレバ」なんて1日で終わったのに
なんでこんな時間掛かったんだとorz

残してるロロログ・はつがまい・せかぽじも
それなりに長くなるとは覚悟してます。

が、明日の仕事を終えるとようやく日常モードに戻れるハズなので
またそれなりにこなせられるかなぁと。

とりあえず明日購入するのは・・・
「オトメ*ドメイン」「恋かたFD」「ラムネーション」「手垢塗れの天使」

いずれも絵の評価はかなり高めですが
ぶっちゃけシナリオの期待値はせいぜい60(;´▽`)y-~~
裏切ってくれる作品が出ることを信じたいところですが・・・

個人的に明日の本命は「ノラとと」のVFBと「ゆずあに」かなとw

特にノラととVFBには本編のアペンドが付きますからね。
これが今月一番面白かった、というオチになりそうで
今から非常にgkbrしております。

や、もし今月が不調に終わるとワタシとしても
想定外にも程がある結果になるんですよね。

今日現在の上半期ベスト5↓
0623result.jpg

(;´▽`)y-~~

こんな経過、我ながら妄想すらしたことなかった(ノ∀`)
3位~5位がベスト3ならよくある順位かもしれませんが
その上位になぜその2作?とw

かと言って、もう一度作品の中身と点数見直しても
特段調整の必要性は感じられなくて
「まあこの点数で間違っちゃないよなぁ(;´▽`)y-~~」という結論に。

ここ2年ばかり、採点が甘くなってる事は重々自覚してるんですが
話題作になると期待値が高まる分、
採点は逆に厳しくなってこんな事になるのかなぁとw

ただね(・ω・)

シナリオ最高評価が今んとこ8で
「エッセンス」「乙りろ」「タラレバ」の3作のみっていうのは
正直かなりの不作ぶり。

積んでる先月分3本から
この状況を打破してくれる作品が眠ってる事に期待かな(;´▽`)y-~~

ベタでもこれはオッサンほど刺さる(ノ∀`)

2016.06.23.Thu.01:25
「タラレバ」勢いで1日でやっつけてみました。

思ったよか短かったってのもありますけど
サクサク読めるシナリオだったってのが最大の要因かと。

個人的に過去のAries作品はいくつかプレイしてて
そこでのシナリオ評価は最高で5。
このブログ始める前には3を付けた作品もありました。
故に期待値もそう上がりようもなかったワケですが。

今作は逆にそこが良かったのかもしれません。

冒頭過ぎから「・・・は?」って首を傾げる描写がいくつかあったんですよね。
最たる物は顔と名前を覚えている人と同居してた事実だけ忘れてる、
ってところですが。
理由は付けてましたけど説得力なさすぎて
「はいはい、いつものAries、Aries」ってコトで
スルーできたのがぶっちゃけ良かったのだと思います。

というのもツッコミどころ多数の冒頭を抜けると
これが思った以上に読ませてきてましてw

個別によっては告白も軽ければ初Hまでの流れも急すぎで
そこらの萌え描写にはちと欠けるきらいはあったと思うんですけども。

各個別のメインとなる設定のガードが思った以上に堅かったこと。
そこを伏せていてもキャラを立たせていたこと。
そしてその設定を知った後に読み返しても
各ヒロインの言動にブレがないこと。

これらにより各ヒロインが抱える「タラレバ」の重さも演出出来たと思いますし
完成度も過去作とは比較にならないくらい
ズバ抜けた仕上がりになってたと思います。

また、ティアのフォローをどのルートの終盤でも行っているのが非常に好印象。
そこは絶対入れて欲しいところだと思うんですよね。
そこを短いながらもその期待にきっちり応えてくれる描写してたので
まぁ評価もそらどんどん上がって行きますわ、と。

ゆずこルートでのありえ・その両親達といった
サブキャラの描写もかなり光ってましたし
人間関係を描写する丁寧さは
もう比較にならないレベルで向上していたと思います。

あとはティアのネタバレの置き方にも素晴らしさを感じましたね。
先に某ルートをやってしまうとバレバレになっちゃいますが
その前にプレイすると「ああ、そこに置くんだ」っていう驚きがありました。

そしてゆずこルートで顕著でしたが、
「後悔しないため」のメッセージ性の強さも
説教臭くならないよう、無駄に長くならないよう配慮はしつつ
言いたいコトは言い切ってるなぁ、
ってところも過去のAries作品にはない特徴だったと思います。

あとは個人的な意見ですが・・・
もう亡くなってしまったけど、
リリー先輩のおばあちゃんには元から不思議な力があった。
リリー先輩自身もある時までは霊感があった。
なんてエピソードを絡めてると設定的にほぼ隙がなくなった気がするんですよね。

まぁあえて壮大なほうに行かず、日常に感謝する作風からすれば
ちと趣旨からハズレてしまうのかもしれませんが、
そこら辺はちと勿体なく思ったりも。

あとは泣きのシーンがひたすらベタでしたが
ワタシ的にはこれでOKだと思います。
ベタでシラケるのはテンプレはめ込んだだけの手抜き感だと思うので
ここまで丁寧に描いていれば、まったく問題ないかと。

ツッコミどころもあれこれありますが
シナリオ評価は大幅アップで間違いないですね。


絵については・・・
前作「スクラバ」の感想で、
戌角柾さんの絵はデフォルメがキツくて個人的に合わない、
みたいなことを言ってたんですが、
今作のハインやティアはそれがすっかり取れてましたねw
おかげでワタシ的にはだいぶとっつきやすいキャラになってました。

そして今回参加の鷹乃さんの絵は結構というかかなり好みで
特にリリー先輩とありえのキャラデザはかなり好みだったので
普通に考えたら絵評価は大幅アップなんですけどね。

なんですけどね。

エロシーンでちょいちょいバランスが崩れまくったCGがあったり
おっぱい、特にB地区の位置に違和感しか感じない絵があったり
どうにも塗りのせい、ってだけにはできない物が散見されまして。

絵評価はツボに来るキャラがいなかった前作よりは
アップになりますけど、思ったたほどには点数延びないなぁ、
という感じ。

音のほうはOPがDucaさん・EDが真里歌さんで作曲がMeis氏、
という俺得すぎる人選で期待値は爆上がりだったワケですが
特にOP曲「be confidence」はもう期待以上のデキだったなぁと。
上半期の「オレ的ベストエロゲソング」最有力候補で
年間でも有力だろうなぁというツボり具合。
BGMも軽く及第点でしたしここの評価は当然高め。

ということで採点表投下↓
tarareba.jpg
Aries作品史上ぶっちぎりの高得点∑d(≧▽≦*)

引っ掛かる点は複数あったものの個人的には非常に楽しめました。
疑問点があろうが、かなりベタだろうが
シナリオで評価したように、丁寧な描写が
ソレ以上にツボに来たからだと思います。

そしてそれがまた「be confidence」とのシンクロ率が高いのも良かったねと。
ティアとゆずこルートのEDはまたこの曲でも良かった気がします。

あとは・・・記事タイトルどおりですが、
ベタな描写をベタとわかってて素直に受け入れるには
多少トシいってたほうがやりやすいと思ってまして。

故にこの作品もそういう人ほど刺さる仕様だと思います。
ワタシに刺さるのもそら当然よね、と(ノ∀`)

ブランク半年のデキじゃねぇ(ノ∀`)

2016.06.22.Wed.14:02
「みあげてFD」、追加のひなみんルート含めて全編終わりました-。
(本編の感想はコチラ

本編発売直後からこれの製作発表があったように、
本編製作と並行してこちらの製作も
既に始めていたのはもう明らかでしたね。

当初からその計画だったと思われますから
本編のシナリオもソレ前提だったということかなと。
おかげで今作のシナリオも概ね後付け感なくすっと読めた感じ。

特に今回ヒロイン昇格の先生+吉岡さんルートは
本編時点で「こんな話があったらなぁ」と妄想してたところを
そのままズバリ出してくれた感じで非っ常に満足できました。

特に、やっぱ先生はとんでもない美人だなぁってところと
目覚めた吉岡ちゃんが実はエロい、ってところは非常にナットクw

いやー、本編の感想で自分が惚れるとしたら吉岡ちゃん、
とは言ってましたがその時点で、
このコ絶対エロい(ノ∀`)
男側に自制心がなければたぶん孕むまでヤリまくるタイプ、
とまで妄想してたもんで
今作で尚更惚れ直しましたわwww

先生ルートではちゃんと働く先生の描写が欲しかった
ってのがちょっと残念な点ですね。
とは言えこの2人のルートだけで見れば満足度は90超えかと。

また、もう1人のヒロイン昇格であるひなみんルートも良かったと思います。
ひなみんが天文部だけでなくバイトも主人公の後を継ぐ、
という設定は各アフターで共通してましたが、
それを補完したこのルートも説得力あったなぁと。

そして冗談の通じる素直で可愛い後輩、ってポジションは
下手に凝った妹キャラよりおいしいんだなぁ、とも思わされましたw

本編ヒロインズのアフターでは、
やはりぴかりんと通い妻ちゃんの2つがズバ抜けてましたね。
本編でもそうでしたが、お互いのルートで設定を補完しあってるところは
かなり完成度の高さを感じました。

また、この2人のアフターで見所の1つになるのは
「あぶれた一人をどうやって仲間はずれにさせないか」
ってところだと思ってたんですが。

暁斗がひかりと沙夜の関係に嫉妬すれば
かなり丸く治まる(ように見える)のは
「あー、こーゆー手があるのか」と感心でしたw

残る2人については本編同様の印象になりますが・・・
白鳥先輩はやっぱり他ルートで輝く人ですねw
吉岡ちゃんルートの先輩はホント大恩人でしたし。

お話的に見れば、メーカー主催のイベントってのがあまりにご都合的で
この作品全体を通してもスゲェ違和感がありました。
や、イベント内容までむつらぼしの会に丸投げさせてくれるなら、
そしてプロジェクトスターライト発端の地ってことで会場をそこにするのなら、
普通、最初からむつらぼしの会に連絡が行きませんか、と。

世間常識の壁、正論の壁をいかに突き破るか、
ってのが本編の見所の1つでもあったので、
このアフターは「自己否定もいいとこ」って印象が拭えなかったですね。

そしてころなですが。
本編時点で彼女の立ち位置・キャラがイマイチ掴めないって言ってましたが
更に突っ込んで言うと、彼女ルートの締め方も
イマイチよくわからんかったんですよね。

電波観測がホントにやりたかったコトなの?と。
どちらかっつーと、そんな観測方法もあるんですよ、
と紹介したいライター側の思惑のほうが目立ったなぁと。

なので、そこが曖昧になってもう一度見つめ直して
また方向性が決まる、という今作の流れは
なんていうかライター側の贖罪のようにも見えました。

個人的にはそこより、
ボケキャラを確立したことのほうがデカかったなとw

本編ではころなをイジる役はぴかりんだけでしたが
今作ではたまきんという新たなツッコミ役を得て
以前より存在感が増したように思いました。

というところで採点表投下↓
miageteFD.jpg
8しかなかった本編とほぼ似たり寄ったりですが
サブ3人が良かった分、キャラ評価はそら上がりますね。

あとは先輩ところなアフターのデキが本編を凌いでいれば
上半期チャンプの目もあったと思うんですが・・・
まぁワタシの採点傾向からすれば、FDとしてはかなり高得点だと思います。
・・・ってアレ?
直前にプレイした「恋クマSE」「乙りろ」でも同じコト言ったような?( ̄▽ ̄;)ゞ

ぼちぼち平常運転に戻ります(`・ω・)ゝ

2016.06.15.Wed.23:39
ようやく旅行前からプレイしていた「乙りろ」を片付けたワケですが。
この後は予定を少し変更して「見上げてFD」→「タラレバ」→
「ロロログ」→「はつがまい」と逝くつもりです。

月内は「ロロログ」まで逝ければ上々、
最低ノルマは「タラレバ」まで、って感じ。

予定変更の理由は「見上げてFD」「タラレバ」は
アンケートキャンペーンやってるから、ってだけです(ノ∀`)
アンケハガキ送れば色紙当選のチャンスが0.01%でも生まれるなら
締切前にやっとかなきゃとw

あと、さっきアキバに逝ってきたんですが
向かってる途中にTwitterで「キミトユメミシ」が
来月に延期されたことを知りorz

今月の本命と睨んでいただけにかなり誤算。・゚・(ノ∀`)・゚・。
手薄な今月から千恋・フロフロが待ち構える7月に特攻とか
正気の沙汰じゃない気がするので更にもう1ヶ月の延期も覚悟しときます。


これで今月分の購入は↓の4本ってコトに。
・オトメ*ドメイン ・恋かたFD ・ラムネーション ・手垢塗れの天使

ついにフルプライスの新作が「オトメ*ドメイン」1本に。・゚・(ノ∀`)・゚・。

「恋かたFD」・「ラムネーション」は
絵・中の人・曲はかなり良いと思っててどちらも曲のCDが付きます。
なので仮にシナリオがアレでも(というかかなりの確率で合わない予感はしてますが)
OP/EDのシングルにきみしまさん・mukuさんのボイス付デジタルCG集と思えば
十分に元は取れるな、というレベルの期待感(ノ∀`)

手垢塗れの天使はヒロイン1人のロープライス作品ですから
まぁたぶん数時間で終わると思ってます。

で。
アキバに向かってる途中でこんな状況になったのがマズかったのか。

つい買ってしまいました↓(;´▽`)y-~~
160615.jpg
「せかぽじ」っすね。
雰囲気は感じる物があったので、買おうかどうか迷ってたんですが
なにせ5月はもともと10本予定でしたからね(ノ∀`)

6本に減ったとはいえ、旅行も控えてましたし
そのままスルーしてたんですが、
なんか状況的に買える感じだったので手を出してみました。

まぁあんまり世間様の評判は気にしないクチなんで
自分が楽しめればラッキーかな、くらいな感じっす。

さて、次は「見上げてFD」っすね。
目標は週末までと言いたいですが、来週明けくらいかなぁ(;´▽`)y-~~

2年越しのリベンジというか贖罪?

2016.06.15.Wed.22:47
時間掛かっちゃいましたけど「乙女理論とその後の周辺」終わりました。

りそなとメリルは前作「乙りろ」のアフターに済ませ、
エッテのアナザーがメインのこの作品。

前作のエッテ√はぶっちゃけ手抜き感満載でしたからね(ノ∀`)

晩餐会に絡んだ過程は他ルートの使い回しだわ
エッテ本人よりりそなが目立ってたわで。
そもそもエッテのキャラが「つり乙の湊+瑞穂/2」の設定にしか見えなくて
彼女の個性はCVの車の人の声だけ、って印象が強かったというか。

そんなレゾンデートル自体ナゾだった前作のエッテに対し
製作陣の後ろめたさがあったのかな?
と思わせるくらい、今回のアナザーは気合入ってましたね。

良家の気さくで真っ直ぐなお嬢様、という基本設定はそのままに
違和感のない範囲で彼女の良さをあれこれ引き出していたと思います。
そして「ああ、このコなら遊星が惚れてもおかしくない」
っていう説得力がこれでもかとありましたね。

また。
前作の反省が生きていたのはエッテだけではなく。
ただのアホだったアンソニーも見せ場たっぷりで
ああ確かにこれは「アナザー」だ、と。
彼が存在感を得る未来があってもいいな、と
自然に思わせるデキでしたね。

そして。
一番上手いと思ったのはエッテとりそなの両立。
前作で完全にりそなに食われてしまったエッテですが
結局のところ、エッテを大蔵家に迎えようと思ったら
りそなは避けて通れない存在なワケで。
故にエッテとりそなの関係、そしてその将来の方向性を
明示しなきゃいけないのも当然なワケで。

そこについては過程をかなり丁寧に描いてくれたおかげで
もうナットクしかなかったですね。
互いに理解者であり、友人であり。
エッテとメリルの関係になかったものがエッテと遊星、エッテとりそなにはあって
3人のキャラをお互いが更に引き立たせてて、ホント上手いと思いました。

ただ・・・

個人的に一番堪能したのは車の人のボイスw
出ずっぱりの時期が長く続きましたが、
この2年の間にめっきり出演数減りましたからねぇ・・・
や、かなり久々の感覚で存分に堪能させていただきましたw

あと、りそなとメリルのアフター、
そしてエッテにもアナザーのアフターがあるのですが
これのデキも短くとも良かったと思います。

メリルの実母の描写とかりそなの成長度合いとか
そしてアンソニーの良い人っぷりとか。
一つのエピソード、一つのセリフで「あー・・・」と
行間を読めるようになっているアフターの利点を最大限活かして
本編で手の届かなかった痒いところにもしっかりフォローしてる印象でした。

1点気になるところがあるとすれば。
りそなアフターでのりそなが
かなり計算高く立ち回れる存在になってるのはナットクなんですが。
エッテアナザーでもりそながそういう存在になっているのはちょっと意外でしたかね。

そんなワケで採点表↓
otsuriro-2.jpg
ほとんど8しかない緑一色な採点表(ノ∀`)

や、正直「つり乙2」より全然楽しめましたw
これはたぶんワタシの中で「つり乙」の中心人物と認識するのが
朝日・りそな・ルナの3人だから、ですね。
今回ルナの出番はほとんどありませんけど
「つり乙2」より「つり乙」らしさがあったなと。

まさかまさかまさかの3peat達成ヽ(゚∀゚)ノ

2016.06.11.Sat.00:58
ついさっき帰国しました(ヽ´ω`)

ちょいと食事も飲み物もワタシの口になかなか合わず
それなりに体重落として帰ってきて
もう疲れた風呂入って寝たるわヽ(`Д´)ノ

とか思って帰宅したら。
AMUSE CRAFTさんからの荷物が届いてました。

これはもうアレしかないヽ(゚∀゚)ノ
疲れも吹っ飛びいきなりテンションマックス∑d(≧▽≦*)

数日放置してたら申し訳ないとか思ったんですが
日付を見たら6/10到着でちょうど良いタイミングで帰ってきたようです。

開けて早速旅行前に用意しといたフレームに入れてみました。
160610a.jpg

今回のサイズはB2。
ヒロイン4人に背景の青もあってかなり華やかな感じ。

そして。
160610b.jpg
白もち桜さんのサインはもちろんのことながら
160610c.jpg
6/10が誕生日だった小都音ちゃんのラクガキまであるサービスっぷり∑d(≧▽≦*)
や、ポスターでここまでサービスしてくれる方、初めてです(≧∇≦)b

白もち桜さん・Heartsさん、この度は本当にありがとうございましたm(_ _)m
ありがたく飾らせていただきますヽ(゚∀゚)ノ

で(・ω・)

かねてからの計画通り3枚並べてみた。
160610d.jpg
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

ホント有り得ない光景ですぜ(・ω・;)

重ね重ねになりますがAMUSE CRAFTさん、
まさかの3連発本当にありがとうございますですm(_ _;)m

で。
今までベッドルームに「魔女こい」と「恋カケ」のポスターを
並べて飾ってたんですが、
さすがに3枚となるとそのスペースがなく・・・
もう画像のまんまリビングの床に
直置きで並べちゃおうと思います。

突然の来客があっても誤魔化せるように
リビングにはゲームアニメ関連のものは
一切置いてなかったんですけどね。

もう今更やと(ノ∀`)
むしろ自慢したるわアヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ