2017年01月 | IWGB

安定感抜群

2017.01.31.Tue.01:40
「不運と幸運と恋占いのタロット」終わりましたー。

選択肢なしの一本道なお話ですが
起承転結のメリハリも利いてましたし
占いという基本設定への踏み込みもあり
ベタでも説得力のあるお話だったと思います。

ヒロインの萌えどころもしっかり押さえた作品でエロシーンも多め。
ロープライス作品としての完成度はかなり高めに感じました。
全般的に概ね楽しめましたね。

絵はあにぃさんらしいツリ目のパツンパツンな巨乳、
というまず外さないキャラデザ。
中の人には桃井いちごさん起用で
ホントまぁ鉄板的な安定感を生み出す布陣だったな、という印象。

ワタシ、ここ最近、ロープライス作品を何本かやってますけど
桃井さんの演技はその中ではズバ抜けていたように思えました。
さすが実績組というか、若手(と思われる方)とはちょっとモノが違った感じ。

若干、セリフに卑語が多かったり、おっぱいもチクビも盛りすぎだろ、
と思う部分もありましたが、そこはワタシの好みによるところが大きいので
人によっては全然気にならないどころか、よりエロさを感じる人もいるかと思います。

なので作品の中身には不満らしい不満はさほどないのですが
とにかく気になったのがシステムの重さ。
セーブ・ロード画面はもちろん、バックログを読み込むだけで
5秒以上掛かる処理の遅さ。

ワタシのPCのスペックの問題もあるかもしれませんが
やたらメモリを占めるminoriの作品でも普通に動くPCなので
こんだけシンプルな機能しかない作品で
この重さはちょっと異常に感じました。
そこが唯一最大の欠点ですかねぇ。

そんなところで採点表投下↓
fuuntokouun.jpg
乳と乳首がもうちょい控えめで
ワタシのストライクゾーンに入ってきたら
たぶん80点越えしてたと思います(ノ∀`)

実用性は高め?

2017.01.29.Sun.00:15
「身代わり淫行生活」さくっと終了しました。

なんていうか、お話の中身的にはよくあるロープライスでしたね。
マジメな委員長タイプのお嬢様を落として
鬼畜エンドになるかハッピーエンドになるか、っつー。

その落とすまでの過程に少し丁寧な描写はありましたけど
前作「近親交際倶楽部」の完成度とは比較にならんなぁ、
っていうのが正直な印象。

ヒロインがなぜ自罰的思考を持っているのか、
主人公がそこをどう利用するのか、
っつー描写は単なる抜きゲーじゃない丁寧さを感じましたが
それでも前作には遠く及ばないって感じ。

ただ後半に入って立て続けに畳み込んでくる
エロシーンの連続は圧巻でしたw

一発一発が普通でも連発で叩き込まれたらそれなり以上に見える、
っていうまるで花火大会の様相というかw

ただ、こうまで叩き込んでくるなら、正直いちいち中か外か
選択肢出てくるのがちとウザかったですね。
コンフィグでどっちか固定できる機能を付ける予算がないなら
正直選択肢自体要らんかったな、と。

ともあれ回想シーンの数が全部で29個あるくらいですから
ロープラの抜きゲとしての役割は
お値段以上に頑張ってたと思います。

ただ絵自体のクオリティについては
ワタシ的にはイマイチピンと来なかった感じ。
これは人それぞれだと思うんですけどね。

キャラデザは好みなハズなんですが
イベントCGの差分のデキが好みじゃないというか。

まず表情の描き分けがデフォルメキツくて
エロさより違和感を感じてしまったこと。
それとポーズの差分ではほとんど動きを感じられなくて
正直手抜き感を感じてしまったこと。
この辺が引っ掛かった感じです。

前者はホント好みの問題ですし、後者はCGの数を優先して
1枚1枚の差分は抑えめにしたという仕様の問題だと思いますので
人によってはもっとプラスに評価になると思うんですけどね。

採点表はこうなりました↓
migawari.jpg
絵がツボに来る方なら、なにせエロシーンの数は圧倒的なので
満足度はもっと上になると思います。

今年最大の修羅場がいきなり到来

2017.01.27.Fri.23:26
恒例の月末エロゲの日、っつーコトで
昨日届いたアイカギ含めて計13本、
無事回収終わりました(`・ω・)ゝ
170127a.jpg
ヒットミー×3・シミュラクル・緋のない・
星恋ティンクル・不運と幸運と恋占いのタロット・
リアエロ・身代わり淫行生活・アイカギ・・ビッチ姉妹・
彼女と俺の恋愛日常・人気声優のつくりかた

さすがにやり過ぎたとは思っていますが
カケラも後悔はしてません(ノ∀`)

ちなみに画像下のほうにあるのはCeuiさんのアルバムと
「ラブリーデイ」のキャラソンアルバムなんですが・・・
後者が2枚あるのは例のボケをまたやらかしたせいです(ノ∀`)

ホンネとしてはどうせ間違うならヒットミー逝きたかったなぁ、とw
実際もう2本くらい買いたかったんですけどねorz
他に10本エロゲを買わねばならなかったので
泣く泣く自重しました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

で、第一四半期最大の期待作が自爆テロしてしまってる現況
個人的に一番の期待作になってるのはその「ヒットミー」。

シナリオはどうなるかわかりませんが
絵だけで満足できる自信があります(ノ∀`)
特典見てその思いはもう確信に(`・ω・´)
170127b.jpg

これにねこにゃん氏のキャラなんですから
外すことはねーなとw

あとはその他の特典↓
170127c.jpg
・・・色紙格納庫がパンクしました\(^o^)/

とりあえず数が多いので、まずはロープライス作品から
プレイして、一気に本数をこなしていこうかと思っています。

身代わり→不運と幸運→シミュラクル→緋のない
とプレイして
ヒットミー→リアエロ→ビッチ姉→恋愛日常→人気声優→ティンクル
を想定してますが、ヒットミーのシナリオがアレ過ぎた場合、
同じライターさんが書かれてる「リアエロ」を続けてプレイするのは
相当しんどくなると思われるので
その場合は予定を変えると思われます。

とりあえず期待値
ヒットミー:85
ティンクル:80
緋のない:80
シミュラクル:75
不運と幸運と~:75
ビッチ姉:75
身代わり:75
リアエロ:70
人気声優:65
ラブリーデイ:65

来月も9本予定なので\(^o^)/
なんとかそれまでに全部片付けられるように頑張ります(ヽ´ω`)

あ、あと予約分と追加特典分↓
170127d.jpg
「おとれな」「つり乙2」「ましまろ」と「しゅがてん!」

地元祖父で7本回収&予約3本したおかげで
レジ前に30分くらいは居座っていたと思われます。
後ろが相当混んでたのは主にワタシのせいです、サーセン( ̄▽ ̄;)ゞ

ホント「もったいない!」

2017.01.27.Fri.02:37
「アイカギ」終わりました-。

ロープライスで
選択肢のない一本道のシナリオで
ヒロイン1人のキャラゲーで
とにかく絵を全面に押し出した作品

ってのはわかるんですけども。
ええ、実際ヒロインの汐栞は相当に攻撃力のあるヒロインでしたけども。

だからこそ言いたい。
なんでこんな素晴らしい素材を無駄遣いした。

あざらしそふとの代表作である「アマカノ」のテイストを
ここでも持ってくることは想像してましたが
アレに輪を掛けて日常重視の描写。

クリスマスですらさほど大盛り上がりというワケでもなく
いわんや正月、バレンタイン辺りのイベントも平坦。
「甘々」な生活というより個人的には「淡々」に見えちゃいました。

コンセプトとしては「日常を重ねて愛しさも積み重なっていく」、
ってところだと思うんですけど、
その日常描写もなんか表面だけに見えてしまって
生活感と言うよりは上滑りしてる「おままごと」に見えちゃいましたね。

また主人公がヒロインに甘えっぱなしで
甲斐性のカケラも持ち合わせてない辺りもなんとも微妙。
「アマカノ」だったら主人公がヒロインのために頑張るシーンが
必ずあったからこそ、ヒロインも安心して甘えて来るワケで
その辺物凄く物足りなく感じました。

で、その合間合間のイベントも平坦ですからメリハリなんてカケラもない感じ。
正直HOOK作品よりキツかった(´・ω・`)

これならこれで「ボイス付CG集と割り切ろう」って考え方になるのですが
そう思ったなら尚のこと「もったいない」と思えてしまうんですよね。

この作品、とにかく立ち絵のデキが素晴らしいです。
ロープラの割りにかなりの数の差分も用意されてます。
まぁ1人分だけだから、って理由もあると思いますが。
汐栞の裸や下着姿の立ち絵もしっかり用意されてるというのに
それらを使うのは主人公が妄想したワンカットのみ。

部屋着のセーターにしたって、アレ、
ワンピース代わりに着てますから相当エロイ格好だと思うんですけど
立ち絵ではほとんど上半身しか使ってないんですよね。

ホント、グラフィックチームはかなり良いお仕事されたと思うんですけど
なんでそれを半分も使い切れてないかなぁ?

裸や下着の場合、同棲してて付き合い始めで
それらの姿が出て来ない方がむしろ不自然だと思うんですけどね。
ええ、初めての時に失敗したワケでもないのに
いつも通りの日常に戻ってるのが却って不自然でした。

初心な汐栞が目覚めてドエロになる・・・のは無理だとしても
主人公も収まりが付かなくなる、くらいな描写あって
むしろ当たり前でしょうやと。

とどのつまり日常感や生活感出すのに無理に少ない容量割かれて
やって欲しいところを犠牲にされた感じがしちゃいますね。

あと、これは褒めた絵のほうですが・・・
何気に購入前からある程度覚悟はしてたんですが
エロシーンになると立ち絵の造型を無視して
イベントCGでは表情やスタイルがハナから崩れる、
って傾向が見受けられます。
(要は「いきなりアヘ顔で同一人物と思えなくなる」とか
 「絵によって胸のデカさやら腰の太さが違う」とか)

立ち絵が素晴らしい分、これもちょっともったいなく思えるところでしたね。
まぁ前述のとおり想定の範囲内だったのでガッカリってほどではないんですが。

そんなところで採点表↓
aikagi.jpg
シナリオの問題もありますけど、「演出」というカテゴリがあれば
そこはせいぜい2~3くらいの評価になりますかね。

まぁこんだけ長く言いましたけど
「これだけの素材があればもっといろいろできたでしょう?」
「あんだけ可愛くてエロいコを使ってなんでこんなド平坦?」
って2点に集約されます。

大島はるなさんのOPも雰囲気ありましたし
そこの2点さえマトモなら軽く85以上
ロープラ初の90まで狙えたんじゃないかなぁ、
と思うとホントつくづくもったいないなぁ、と(´・ω・`)

ぎん太郎さんがまたピンで原画する作品があれば
それはぜひ買いたいですね。

まさかのフラゲ∑d(≧▽≦*)

2017.01.26.Thu.22:12
帰宅したら今年の第一四半期のオレ的最大の期待作が
なんでかもう届いてました∑d(≧▽≦*)
170126a.jpg
公式通販で買うと1日早く届けてくれるみたいですね。

今月は11作品延べ13本購入とここ数年最高の本数
逝っちゃってますから1日でも早く消化できるのは
大変有り難い限りでございますm(_ _)m

・・・問題は、ただでさえ高い期待値以上のデキだった場合、
しばらくこれから抜け出せなくなる心配があることでしょうか(ノ∀`)

公式サイトオープンの時点でこのパッケ絵が公開されましたが
この時点で一目惚れの反則級の可愛さでしたからね。

で、これを見てたらやはり気になるのが男のサガで。
170126b.jpg
うん、無意味ってのは知ってる。
でも気になるモンは気になるんや(ノ∀`)

で、インスト終わったんで早速吶喊してきます(`・ω・)ゝ
あ、期待値は90っつーコトで。

来月も大台が見えてきた?

2017.01.25.Wed.00:54
見掛けて良かったというべきか
タイミングが悪かったというべきか

唐突にぶっちゃけると(・ω・)

ワタシ的に「しゅがてん!」は
しゅがてん!-sugarfull tempering-

「恋カケ」のポスター当選で
絵師3名様のサインをいただいたことがあっての購入で
多分にお布施感覚的な意味合いが強かったんですよね( ̄▽ ̄;)ゞ
きみしまさんと倉澤さんは元からストライクゾーンど真ん中なんですが
シフトしてきたとは言え、ロリロリしいのはまだ苦手でもありますし。


しかしTwitterで店舗特典見て掌くるり

もうホント端的に言いますが、エロイっすね∑d(≧▽≦*)

ちっぱいと言える小ささの枠にぎりぎり残しつつ
出せる限り出した胸(≧∇≦)b
想定以上にプリプリしたケツとムチムチのフトモモ∑d(≧▽≦*)

「恋カケ」のゆいちゃんのイメージが強くて
幼児体型を想定してたもんで
低めに見えたスローボールが突如物凄いキレで浮き上がって
ストライクゾーンに入ってきた感じというかなんというか( ̄▽ ̄;)ゞ

とりあえず黒ストのトレーダーは確実として
おっぱいで選ぶならげっちゅ、ケツで選ぶならメロブ
ってとこでしょうか。

・・・結局それ全部逝くんだろヾ(-_-;)
と思ったアナタはよくわかっていらっしゃる。
ワタシ自身たぶんそうなるような気がするんですが・・・

ただね(・ω・)

今月13本で再来月10本なのに
「しゅがてん!」3本逝ったら来月9本で
二桁リーチになっちゃうんですよねぇ(;´▽`)y-~~

とりあえずたった今、トレーダーでポチってきたので
どれだけ複数逝くかは来月の延期状況見て考えます( ̄▽ ̄;)ゞ

昨年不振のせいなのか自分が甘くなっただけなのか

2017.01.23.Mon.23:48
昨年分の積みゲも全部やっつけて
今月分発売にはまだ数日余裕があって

というこの状況。
体験版でお茶を濁しても良かったんですが
なにせ向こう3ヶ月で30本のエロゲを買うことになってますから
新たな作品に手を出してこれ以上購入本数を増やすワケにもいかず
かと言って買う作品をあえてやるのもなぁ、ということで
「セルフレ」の体験版以外はほぼスルーしてる今日この頃。

ふと思い立って現在過去作リプレイ中です。
今プレイしてるのは「キスアト」。
このブログを本格始動する直前にプレイした作品で
感想記事はないんですが、この作品の採点表は
何気に「採点記事の見方」に載せてたりします。

発売直後は80点を付けたこの作品ですが、
今でも「面白い作品だった」という手応えと余韻は残ってまして。

今プレイしたらどんなもんかなぁ、と思って
先輩→有紗とクリアして現在月夜ルートプレイ中なんですが・・・

今の基準だと余裕で90点オーバーっすね( ̄▽ ̄;)ゞ

や、昨年の作品と比べたらガチにトップを争えるレベル(;´▽`)y-~~

作中のテーマになってるっぽい「天才」と「凡人」の対比を
きっちり描いてお話にしっかりした柱がある、
ってのも上手さを感じる所なんですが。

少数派かもしれませんが、個人的にはまず会話がツボ。
行間とかホンネとタテマエの使い分けとか途中からぶっちゃけモードとか
その辺の切替のテンポの良さがもう心地よいですね。

それと、良いなぁ、と思ってた人をどこでハッキリと意識するようになるか、
っつータイミング・キッカケが各ヒロインで様々な点も
やってて面白いところですね。

プレイ直後は
文7 絵6 音8 人9 で満足度80でしたけど

今の基準だと
文9 絵8 音8 人10 で満足度93~94くらいになるかもw

シナリオの2段階アップはワタシ的に
他作品でもよく見られる傾向だったりします。
初めは何気なく見えたセリフ1つに
気付いてなかった意味があったりとか
以前は違和感を感じた展開が、後になって考えると自然に思えたり、
とかありますからね。

ただ、絵の2階級特進は結構レアケースです( ̄▽ ̄;)ゞ
これは・・・単に基準が甘くなっただけと思われw
以前は塗りがイマイチに思えたんですけど
そこが普通と思えると結構レベル高いよなぁと。
タケイさんのエロゲンガー復帰はないんですかねぇ?

とりあえず、この作品のメインライターである森崎氏は
来月「スイセイギンカ」が控えてますから、
そちらに期待しております。

これが終わったら、とりあえずエロゲから少し離れて
正月休みに片付けられなかった
アニメ視聴マラソン決行かな(;´▽`)y-~~

おおおー。とりあえず複数購入が即決定(ノ∀`)

2017.01.20.Fri.22:46
ま~まれぇどの新作の公式がオープンしてましたが・・・
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』

絵師の皆様が鉄板過ぎる∑d(≧▽≦*)

・・・というかちこたむさんお帰りなさい。・゚・(ノ∀`)・゚・。

「恋色マリアージュ」以来5年ぶりにままれに帰ってきた、
という意味合いもありますけど・・・
直近の2作「初恋サンカイメ」「彼女と俺の恋愛日常」での絵柄に
ちと違和感があっただけにですね。

紗々を見て泣けた。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ルリアやリセを彷彿とさせる銀髪
や、ほんと「お帰りなさい」と言いたくなる雰囲気を持ってるコですね(≧∇≦)b

で。
早期予約特典が店頭と通販で違うという
例の販促で来てて、通販分がちこさんの色紙。

さそりがためさんの分も当然に吶喊するでしょうから
まず複数はもう決定ですね(ノ∀`)

問題はそれが何本になるのか、っつー。

紗々の店舗特典次第ではありますが・・・
今月のヒットミー同様3本は覚悟しておきます(ヽ´ω`)

あと、主題歌がイカしてますねw
「月夜野兎姫」名義で萌花ちょこさんとか∑d(≧▽≦*)
今回は出演されてませんから、歌オンリーってだけでも
本気度が伝わって来るなぁとw

しかも「プライマル2」で兎姫が唄ってるシーンでは
小春さんの歌が流れてましたから
実際に月夜野兎姫として唄うのは今回が初めてですよね。
や、どんな歌になるのか今から楽しみです。


それと(・ω・)

余談になるのですが、
ままれで2作品の原画をされてた鳴瀬ひろふみさんの絵柄は
個人的にかなりツボに来てまして。故に

鳴瀬さんの作品マダァ?(AA略

とずっと待ってたところで、また今回もスルーかぁ、
とちと残念なところもあったんですけどね。

そこでふと現状が気になってググってみたら・・・

鳴瀬さん、女性だったんですか(・ω・;)

や、今更知りました( ̄▽ ̄;)ゞ
出産育児でお仕事セーブされててぼちぼち復帰、
原画の仕事は8月以降OK、って記述を見て
キター(やはりAA略 と。

ままれさん、次回作での鳴瀬さんの
「お帰りなさい」にも期待しておりますm(_ _)m

2016年IWGB的ベストエロゲ2

2017.01.20.Fri.02:43
前記事の総括の続きです。

まず前記事の総得点に続いて
各カテゴリのトップを振り返ります。

【シナリオ】
「千恋」「シンソウノイズ」が9でトップ。
2015年は10を叩き出した「サクラノ詩」がありましたけど
アレも7年ぶりの10でしたからね。
9の数では2015年が4本で2014年が3本。
やはりここが不調だと全体が不調になりますね。

【音】
トップは10の「凍京NECRO」「銀色、遥か」「Liber_7」の3本。
「銀はる」はヴォーカル曲で、「Liber_7」はBGMで稼いで
「凍京NECRO」はどちらでも稼いだ印象。
9は6本ありますので、ここは例年並みですかね。

【絵】【キャラ】
意図してなかったんですが、絵で満点を叩き出した5作品は
いずれもキャラ評価でも満点でした。
そしてキャラ満点はその5作品しかない、ってコトで同時発表w

「千恋*万花」「まいてつ」「枯れない世界と終わる花」
「千の刃濤、桃花染の皇姫」「僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち!」

この2つで満点ってことはイコール「キャラゲーとして満点」ってことです。
シナリオが少しアレだったとしても十分に元は取らせていただきました、っていう。

ちなみに9評価は絵で13本・キャラで12本。
どっちも9だったのは以下の4作品
「オトメ*ドメイン」「お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?」
「聖鍵使いの命題」「ネコぱら vol.2」

90以上のベスト6のうち、4本がともに9以上にある、
ってのが非常にわかりやすい傾向ではあります。
満足度を90中盤に押し上げるのはシナリオの力が不可欠ですが
90前後までは絵とキャラだけでイケる、っていう証左かなと。

ちなみに3位タイの「乙彩」についてはB地区の塗りさえマトモなら
絵評価9でしたからねー(ノ∀`)
で、残る「シンソウノイズ」はシナリオ9で上位に食い込んだ、
ってコトですね。

あと特徴的なところでは、絵・キャラともに9以上ある9本のうち
雪仁氏シナリオの作品がなんと3本あります。
いずれもシナリオ評価は6か7なのにキャラ評価は9か10、
ってところがらしさ全開な気もしますね。


残る2部門は追記にて
続きを読む "2016年IWGB的ベストエロゲ2"

2016年IWGB的ベストエロゲ1

2017.01.20.Fri.02:43
先日言った最終チェックも終えましたので
総括記事逝ってみたいと思います。

(2016年上半期の総括記事はコチラ→

2016年は59作品(延べ70本購入)プレイしてました。
2015年の51本に比べるとアップしてますが
2014年が62本で2013年が60本なので
まぁ結局元通りになっただけ、という気も(ノ∀`)

このうち1本は極端に短いため採点不可能、ってことで
残り58本の採点一覧がこちら↓
2016review.gif
90点以上が6本でした。

ちなみに2015年は12本と乱発(ノ∀`)
プレイ本数がほぼ2割増えたのに、90点以上は半減ってことで
「2016年はイマイチ不調だったかなぁ」という印象は残りますね。

ちなみに80点台は23本とほぼ40%
90点台が6本ありますから、何気にちょうど50%は
80点以上ってコトになります。

2015年は90点台が12本に対し、80点台は10本。
つまり80点以上の割合は43%。

一昨年に比べると
「『不調』と感じたのは大当たりが減ったということ」
「でも全体のレベルは上がった」
ってことが言えそうに見えるんですけどね。

ですけどね。
ただ、ワタシの採点基準は年々甘くなってまして(ノ∀`)
一概にそうとも言えない、というか
実際にプレイした感じ、やっぱり一昨年に比べると
昨年は相当に不調だったなぁ、というのが正直な印象です。

と全体を振り返ったところで、以下各作品について。

まず90点以上のベスト6について触れたいと思います。
毎度のことですが、上半期作品については
そこでの総括で触れてますので、今回は軽くってコトで。
続きを読む "2016年IWGB的ベストエロゲ1"