2017年08月 | IWGB

積みゲとネトゲと洗濯と掃除やったことしか記憶に無い

2017.08.16.Wed.19:50
ワタシ、夏休みが今日で終わるんですが。
休み中は記事タイトル通り↑しかやった記憶がありません(ノ∀`)

天気が悪かったせいもありますが
ここまでインドア三昧な連休は初めてな気がします。

引越するとき自分でそうできる環境にしたワケですが
ほんといくらでも引きこもれる部屋にしちまったなぁと(ノ∀`)

本来なら一度くらいアキバに逝こうかとも思ってたのですが
高速のラッシュのニュース見たらとても行く気になれず。
まぁこれは来週の休みにでも行って来たいと思います。
1週間仕事すればさすがに引きこもり症の
リハビリも済んでると思いますのでw

で。
とりあえず、ネトゲにアフォほど時間と金を注ぎ込んだので
イベントのノルマこなしてこちらはもうしばらく放置OK、
積みゲも下半期1発目の「ましまろ」を先程クリアしました。
こちらの感想は明日にでも、ということで。

あとは10日で「アオイロノート」と「アペイリア」をこなすのみ。
まぁ今月の新作購入は2本のみなので
多少ズレ込んでも全然問題ないんですけどね。

ちなみにあえて「新作」と付けたのは旧作購入も予定しているため。
「WLO」のクオリティパッケージ版と
先月発売の「Re:Lord」3本パックを既に予約済(ノ∀`)
更にアキバに逝った時に少なくとも
「アマツツミ」「アオリオ」は買ってくるつもりなので
来月のノルマはなんだかんだいつも通りになりそうです( ̄▽ ̄;)ゞ

夏休み中、ずっと9時前には起きてましたし
引きこもり以外は特段リハビリの必要もないので
社会復帰は楽そうかなぁ・・・と思ったのですが。

休み中の間に太ったようで、スーツのズボンが
かなりキツくなってました(´・ω・`)

記憶にはあまり残ってませんが
ちゃんと毎日3食食ってましたから当然っちゃ当然ですな(ヽ´ω`)

2017上半期総括2

2017.08.14.Mon.19:09
前の記事に続いて総括記事を。
今度は各カテゴリ別の評価を見たいと思います。

【シナリオ】
トップは9の「人気声優のつくりかた」と「はるるみなもに!」の2本。
作品総合で上位の2本がそのままここでも上位になりました。

8は「ニューリン」「イストリア」「シミュラクル」の3本。
「ニューリン」と「シミュラクル」はもうちょいテキスト量が増えて
そこでクオリティが変わらなければ更に上がる可能性がありましたね。
「イストリア」はまず誤字を無くすことですよねぇ。

【絵】
トップは「ネコパラ Vol.3」の10。
まぁこのシリーズは立ち絵でもエロシーンでも
E-moteを使いまくるという強みが利いてますね。
9は全8本。
多いのでその中で更に上という意味合いで「9+」を上げるなら
ティンクル・おじょます・はるみな・春音ですかねぇ。

【音】
トップは9で5作品。
「緋のない~」「シミュラクル」「彼女と俺の恋愛日常」「ニューリン」「春音」
最初の2本は鷹石さんのBGM、「ニューリン」はOP曲と各キャラの動画、
「恋愛日常」「春音」はキャスティングとヴォーカル曲で稼いだ印象です。

あえてこの中で一番を挙げるなら大穴「恋愛日常」ですかねw
小鳥居さんの外人の演技はかなり目を引きましたし
Solfaのヴォーカル曲も安定してましたし。

【キャラ】
トップが9で9作品もありやがりますw
「ヒットミー」「人気声優」「ティンクル」「しゅがてん」
「おにきすH」「甘ドレ」「ネコぱら」「イストリア」「はるみな」
この中であえて1番を挙げるなら「甘ドレ」かなぁ・・・

残る2部門は追記にて
続きを読む "2017上半期総括2"

2017上半期総括1

2017.08.14.Mon.19:00
もう盆休みも中盤というところで、やっとワタシが購入した
上半期発売作品を終えることができました。

今更感でいっぱいですが、一度ここで締めて
上半期作品を振り返りたいと思います。

ちなみに上半期発売作品で
ワタシがプレイした本数は43本。
複数購入した作品も含めると47本購入してました( ̄▽ ̄;)ゞ

これ、エロゲ歴2~3年目くらいの全盛時並の超ハイペースw
下半期も7月8月は大人しいといえ来月からラッシュが来るので
もしかしたら年間3桁もあるかもしれません(ノ∀`)

で、プレイした43本のうち「9-ここいろ-」は採点不能としてますので
残り42本の評価一覧は↓
2017_1sthalf.gif
90点台が全体の1割切って、80点台以上が全体のちょうど1/3。

ここ数年ワタシの評価がどんどん緩くなる傾向がありましたが
今回高得点作品の割合が減りましたね。
これはワタシの評価が戻ったのか
それとも単に作品がつまらなかったのか、それも含めて振り返って見ます。
続きを読む "2017上半期総括1"

加点分も大きいのですが、減点分がその数倍ある感じ(;´▽`)y-~~

2017.08.14.Mon.15:52
大苦戦中だった「春音*アリスグラム」終わりました-。
(2度にわたってグチった記事はコチラ→

2度にわたるグチでも言わせていただきましたが
共通は相当にしんどかったです。

特に冒頭でいきなり
・説明的な地の文に対し、中身とセンスのない会話
・地の文と主人公のセリフとの間にギャップを感じる
って印象を強烈に受けてしまったので「これあかんやつや」
という先入観が思いっきり入ってしまいました。

後はなんでもかんでもテキストにしたがる印象を受けました。
自動ドアが開く音なんざ効果音1つで済むモノを
いちいちテキストに起こしてますし
主人公のモノローグもちと多すぎた印象があります。

で、2度目のグチで言いましたが個別が共通より読みやすかったのは
単に↑の点がなくなってたからです。
とは言え。個別も共通に比べて読みやすい、というだけで
中身は共通と全然違う設定で動いてた印象。

例えば優理。
共通ではバレンタインのエピソードで自分の気持ちに
ようやく自覚した面が描かれてましたが
彼女の個別ではもっと前から、ってお話でした。
こうなるともう後付け感で一杯ですね。
しかもその設定がなければ彼女の個別自体に違和感生じますし。

また共通と優理√での浮気氏の設定のギャップもかなり気になりました。
共通√の時点で浮気氏は耶々に冤罪被せた記事を散々書いておいて
共通でも部長√の個別でも謝罪の1つもなし。
それどころか自分も北菱の被害者的なツラしてるように見えて非常に不快でした。

それが優理√では辛辣な記事にも意味があったという。
「あれ?」ですよね。耶々を追い詰めたあの行動にそんな意味は見当たりません。
また同じ意味で共通で一葉を追い詰めようとしたのもおかしな話です。
北菱と一緒になって先走った記事を書いたのは新聞部のほうだろうと。
あそこで追い詰めるのなら、優理√での設定からすれば
一葉ではなく北菱のほうだろうと。

また一番「?」だったのはエリサ√。
作中の「ZERO」が彼女の個別の時だけ最終目標のために動く理由が弱すぎです。
彼女の個別の時だけにある、主人公との会話がきっかけになったんだろうな、
って読み取れる部分はありますが、
ソレは他√でZEROが最終目標をブン投げる理由にはなってません。
あの強い動機ならもう始めてしまった計画を
今更途中で諦めるようには見えないんですよねぇ。
共通時点でもう「グランドクロス」待ちだったんですから。
つまりエリサ√でなければ「グランドクロス」が起こらない、って理由をこさえとけばOKだったワケですが。

率直に言って共通と個別の基本的なすり合わせすらできてなかった印象です。
複数ライター作品でありがちと言えばありがちですが。
特に優理の気持ちに関する描写くらいはすぐ気づけるレベルでしょうに。
共通が無駄に長すぎてディレクターがチェックを怠ったとしか思えんのですよw

また共通でイヤミな役をイヤミなままブン投げて、他の√でフォローしても
設定に行き違いがあればフォローどころか更に嫌悪感が増すばかりです。
どなたが共通を担当されたかわかりませんが、
ここだけならシナリオ評価は2~3を差し上げたいくらいでした。

あと全部プレイしても投げっぱないくつかの設定はまた続編で回収されて
そこであれこれつながってくるとは思うのですが
今回はあちこちで分かれすぎてちょっとフリーダムすぎた印象もありますね。
もうちょいまとまり感があれば印象ももっと良化したように思えます。

続いて絵。
今作は前作「ALIA」のお二人に加えて高苗氏も参加されましたが、
氏担当の耶々がかなり存在感ありましたね。
絵柄的にも他のお二人とまったく違和感がないながら
過去作にはまるでいなかったキャラデザになってたと思います。

前作からのお二人も以前に比べて大幅に良化した印象です。
特に表情の多さとボディラインの描写の丁寧さが
前作から格段に良くなったなぁと。
ぶっちゃけ、ALIAの立ち絵って乳から下は正直アレでしたよねぇ・・・

解像度を上げたのか、理由はよくわかりませんが
線もかなりクリアになった印象で画質も非常に良く見えました。
なので途中までは絵の評価は今回は「10」かな、と思ったくらいだったのですが・・・
おっぱいの塗り見てズドーンと。

丁寧に描き込んだ原画や背景を更に丁寧に塗り上げてきてるのに
なんで巨乳の先端だけそんな塗りになるのかなぁ?と。
無駄に巨乳を量産して、そこが一番の売りのハズなのに、と。
minori作品もまったく同じコトが言えるんですがw
もともと色素が薄いエリサだけはハマってる気がしましたが・・・
ということでここでワンランク落としましたw
や、これがおっぱい作品でなければ10のままだったかもしれませんが
散々引っ張った最大の見せ場でソレはないだろうとw

音については。
まずメイン5人のキャスト陣はもうほとんどパーフェクトですね。
人気声優さん達がそれまで演じた役柄と今回のキャラ設定を見比べて
「このキャラはこの人が一番適役でしょー」
ってところを見事にキャスティングしてるなぁと。

Ceuiさんの曲やBGMも個人的には前作より好みで
こちらの評価はかなり大幅に上がりました。

というコトで採点表投下↓
haruari.jpg
共通と個別間のギャップでキャラ評価が伸びないところもありましたからね。
極論すれば諸悪の根源は共通ってコトですね。
ここがマトモだったら90前後もあったカテゴリ評価だなぁと。
故にその辺の冗長さがなくなるであろう続編は
かなりの上積みがありそうですが・・・
おっぱいの塗りは変わらないんでしょうね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ここだけは共通関係ないですし。

頑張っちゃいるんですが(ヽ´ω`)

2017.08.12.Sat.17:03
個人的に上半期のラストを飾ってる作品「春音アリスグラム」ですが
部長・会長とクリアしてただいまロリ√です。

正直、あの共通を何周もする仕様は鬼ですね(´・ω・`)
選択肢ジャンプをガンガン利用してもぶっちゃけ長い。

数年前、8月の「大図書館」とかクロシェットの「プリコレ」とか
fengの「星架か」とか共通が異様に長い作品が続けて出されて
辟易とした記憶がありましたが、まだ根絶されてなかったのか、
と。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とは言え、各個別に入ればまだ若干ダレるところはあっても
割と普通に読めてくるのが悩ましいところ。

世間様にちょいと遅れてワタシも短い夏休みに入ったので
最後の試練だと思ってなんとか頑張ります(ヽ´ω`)

・・・目標は夏休み前でしたけど、ここまで大苦戦すると
さすがにやむなしです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

これは・・・覚悟してたより強敵や('A`)

2017.08.09.Wed.01:41
もう8月も中旬に入ろうか、というところで
個人的に上半期発売のラスト
「春音アリスグラム」を始めたのですが・・・

冒頭10分で既にしんどい。・゚・(ノ∀`)・゚・。

やー、日常シーンのモノローグにかなり強い癖を感じるんですよねぇ。
説明的過ぎてセンスを感じない、ってのも一因ですが
それ以上に主人公の口調もなーんか変に感じるんですよ。
あえて喩えるならオッサンが
無理に若いコを演じてるような違和感とでもいうか。
会話は普通でも地の文ではなんか尊大ぶってる印象があって。

おかげですんなりお話に入ってけない(;´▽`)y-~~

更に親友キャラを筆頭とするコメディ描写が
二昔以上前のテンプレみたいで、滑ってる滑ってない以前に
そもそも内容を感じないんですよね。
テキストの容量をムリヤリ水増ししてるようにしか見えないという。

ちょっとモチベ減退気味の今のワタシには
これはかなりの強敵になりそうです。

キャラデザのカワイさでまだ保ってますが
それでも爆乳推しが過ぎると却って萎えるワタシなので
この先どーなるかちょっと自信ないですわ(´・ω・`)

とりあえず誰かの個別1周まではやろうかと思ってますが
それ以降はちょっと様子見で。
なので、今回はあえて普段と逆に
一番気に入ったコから逝こうかと思います。

そこでこっちが慣れるか、
作品的に逆転ホームランがなければそこで打ち止め、
っつーコトでご容赦ください( ̄▽ ̄;)ゞ

※追記
時々やる「タルいと思ったらCtrlスキップ」でどうにか凌ぎ続けてます。
ってか半分以上Ctrlしてるような(;´▽`)y-~~
それでも話の筋は追えてるところにやっぱり水増し感がね( ̄▽ ̄;)

こんなところで運を使うべきでは無かった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2017.08.07.Mon.00:45
余命わずかな「ガルクロ」はもうやるつもりはなかったんですけど
「そういやタダガチャのチケットが10枚くらい余ってたな」
の余計なことを思い出し、消化しに逝ったら・・・

天音が当たったでござる(´・ω・`)
170807.jpg
これで初期☆5の5人が全員勢揃い。
(初期のカトレアは巫女Ver.ですがソレも所持してます)

これは残りの「フロフロ」「Re:LieF」のイベントもやっとけ、
ってことなんでしょうか(;´▽`)y-~~

や、その前にワタシは積みゲを崩す、という使命があるため
やっぱそれどころじゃねーな、と( ̄▽ ̄;)ゞ

こんなところで運は使いたくなかった、と思いつつ
最後のヤケっぱちな大放出をしてるようにも思えるので
きっと運は使ってない、と都合良く思っとくことにします。

絶望的にご縁が無いようですが、まぁいいや(ノ∀`)

2017.08.05.Sat.23:17
ようやく帰って来れました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

や、よりにもよって今日に限って残業っした(´・ω・`)

おかげで「あっぷりけCF」のスマホ参戦も
まったくできない状態のまま帰宅。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ということで「ヒロイン全員お礼ボイス」コースという言う名の
実質「どなたか1名好きな出演声優さんの直筆サイン色紙」コースは
当然終わってましたねー(;´▽`)y-~~

知ってた(ノ∀`)

どのみち絶望的だったところに残業直撃とか
無慈悲なる鉄槌にも程があるわと\(^o^)/

100%負け惜しみですが。

一昨日の時点で不明で、今回明らかにされたキャスト陣で
ご縁が無くて個人的に発狂したくなる方は
いらっしゃらなかったのでまぁいっかと(ノ∀`)
実のところ夏野さんがいたら、たぶんなにかしらの策を講じて
結果はともかくなんとか参戦だけはしたと思います。
・・・和奏さんがサプライズ出演、ってケースを考えていたんですよねw


ということでとりあえずCFパッケージコースだけ申し込んでおきました。
当初考えてたグッズコースはキャンバスアートのデキ次第で検討って感じですね。

以上戦況報告でした(`・ω・)ゝ

やる前から敗戦決定\(^o^)/

2017.08.04.Fri.00:55
昨日、あっぷりけのCFについて
あれこれのたまってしまいましたが。

人気の出そうなコースが22時からで一般が21時から、
と思っても一度確認したらまったく逆でしたね\(^o^)/

ワタシ、残業せずに会社から急いで帰ってきて
21:50頃の帰りが精一杯になるので21:00から開始のコースには
到底間に合いません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

スマホで参加しても相手は歴戦の猛者どもでしょうしねぇ。
ドラゴン相手にひのきの棒で立ち向かうようなもんで
到底敵う気がしません( ̄▽ ̄;)

22:00からなら10分でできるだけアップして吶喊すればワンチャンあるかも、
とか妄想こいてましたけどやる前から試合終了です\(^o^)/

あとさっき奏雨さんとイリアさんのキャスティングが発表されてましたけど
イリアさんは完全に想定外でしたわ。

一応記念参加ってコトでスマホでチャレンジだけしてみましょうか(;´▽`)y-~~

ラスト√必要だったかなぁ?

2017.08.04.Fri.00:45
「かねせん」さくっとクリアしました。

個別3√+ラスト√の構成でしたけど
いずれも尺が短いのでサクサク終わりますね。

その中で伏線忍ばせたり、王道的なバトルを繰り返したりしつつ
タイトルにもなっている「境界線」を各ヒロイン別に
描いてるところはまとまり感があったと思います。

が。
伏線も未回収気味に思えるのはワタシの読解力不足ですかねぇ?
紫苑ルートでのラスボスの狙いはなんだったのか、
巴√でラスボスが「予定通り」と言ってた通りの結末とはなんだったのか。
ラスボスの狙いがボヤけたまんまで終わった感が強いです。

で、これならわざわざラスト√を作ることもなかったよな、と。
ラスト√でオープンになるのって、
結局バレバレなラスボスの存在と正体だけですし。
その目的が全ルートやると明らかになる、とかいう設定なら
この仕様になるのも当然だと思うのですが
なんかもったいつけた割りに核心に切り込んでない印象っすね。

また「タタリ」に関する描写も薄いよなぁと。
10年前も似たような事件があったとか思わせぶりに振っといて
そこらの回収もありませんでしたし。
桐月さんファンの目から見ると「紅蓮華」と「シミュラクル」の設定をちょいと借りてきたけど、
そこまでの完成度には到底ないよ、的な作品に見えてしまうと言うか。


まぁ共通プレイ時点では結構期待値は高まったんですよね。
ただ、個別をやってみたらまとまってはいるものの
期待のだいぶ手前で落ち着いてしまったなぁという感じ。

あと、ライターの一人えじむら氏については
ライター枠で最初にクレジットされた作品だとシナリオ評価が伸び悩むのに対し
2人目以降にクレジットされると評価7以上になるのがナゾなところw

絵に関しては・・・「はつがまい」の感想でも言いましたけど
空維さんの絵柄と塗りがかなり合ってない気がしてしまいまして。
今回の巴や前回の忍、そしてもとみやさんの絵でもそうでしたけど、
なんでポカーンと焦点の合ってない感じのヒロインが量産されるのかと。
ワタシの主観的にはご自身の塗りではそのようには見えないんですよねー。

エロシーンでのバランスの崩れ具合も結構アレでしたし
ここは思いのほか伸び悩んだなぁと。

音については、もうOP曲が印象的でした。
曲調といい、みとせさんの声質といい作品に凄くマッチしてましたね。

というところで採点表投下↓
kanesen.jpg
書いた感想の半分以上がネガティブなことでしたけど
OP曲と世界観とBGMのマッチ具合は楽しませて貰ったなぁ、という感じです。