2019年04月 | IWGB
FC2ブログ

ヴィジュアルはダントツ

2019.04.30.Tue.22:13
「家の恋人」さくっと終わりましたー。

前作同様ではありますが、
キャラの良さとヒロインとの距離感を丁寧に描きつつ、
滑らない手堅いお話にしてくるなぁと。

同居の過程に若干ご都合さは感じましたけど
まぁこれくらいの偶然と無防備さがないと
あの2人とは距離詰められないよね、というところでは
ある意味ナットクでした。

で、その後は無名のミュージシャンのサクセスモノ、
というテイストを無理なく絡めてくるのは上手かったですね。
連作とは言え、前作までとは違う展開があって
ダレることなく進められました。

また、前作の感想時点で言ってますが、
この2人理帆より見た目に華があります。
その理帆が2人を指して「デーハー」と言うのはウケましたw
また、絢萌より巨乳なチカと、理帆より貧乳なユリ
という組み合わせもかなり卑怯w
そして上手いこと、2人のキャラを引き出してたと思います。
お互いの関係や背景も無理なくまとめてきたなぁと。

や、この辺の安定感はもうさすが。
絵の方も巨乳のチカをヒロインにしてるだけあって
前作よりおっぱいメインに来てて
ヒロインよって見せ場を変えるという意図もしっかりしてて
ワタシ的に好印象でしたね。

あとはラスト近くでポサラさんに唄わせてたのが意外でしたね。
Aメロ・Bメロの時点で「おお!初めて聴いたけどうめぇじゃん!」
ってところまでがサプライズ。

サビになって「あー」ってある意味ナットクでしたけど、
ただ、ちゃんと練習すれば相当に上手いんじゃね?
とかなりのポテンシャルを感じる唄でした。

そんなところで採点表↓
uchinokoibito-.jpg

前作より少し落ちてるのはもうヒロインの差ですね。
個人的に前作のメイン:理帆がかなり良キャラすぎでした。
不思議ちゃんな2人と仲良くなる過程も良かったですが
理帆独特のほんわかさほどには刺さらなかった感じです。

そしてこれでシリーズ三部作終了になるワケですが、
このシリーズ、ロープラ作品の中でも良心的な作品だったと思います。
話は滑らないしカワイイしエロイ、という安定感は抜群でした。
Argonautでまた次のシリーズがあるなら期待大ですね。

期待値よりかなり楽しませて貰いましたw

2019.04.29.Mon.00:59
「乙女騎士」さくっと終わりました。
前回プレイ分の感想はコチラ

ヒロイン3人で尺も短いのであっさり終わってくれましたが
や、このバランスでミドルなら全然アリな気がしますね。

前回の感想で言いましたけど、
設定や世界観は本家の乙女シリーズを踏襲しつつ
中身は本家じゃやらないだいぶ脱力系に寄ったコメディw

や、本家の作品全部やってるだけに
そのギャップも含めて結構笑わせて貰いましたw

特に男バレする前後の流れが本家と比較して明らかにおかしいw
更にその後の展開見て「どいつもこいつも変態か?」というも点も
見方によっては「本家に喧嘩売ってんのか?」
って感じてしまうぶっ壊しぶりw

その軽いノリでさくっと終わってくれますし
ワタシ的にはなかなか楽しかったです。
「乙女シリーズ」やってない人からしたら
比較対象がないのでギャップで笑える場面がないってことで、
だいぶ薄い作品になると思うんですがw

あとは猫村さん・秋野さん・くすはらさんのメイン3人に
サブにも白月さんがいたりとCV陣はホント文句なし。
この皆さんに割とフザケたセリフも言わせたよなぁとw
くすはらさんはSWEETに来ると割と変態系もありますよね(ノ∀`)

こんなノリでBGMも本家より気合入ってる感じしましたし
ヴォーカル曲2曲も良かったと思います。
特にED曲「U AND I Love Chase」は
個人的には今年のエロゲソング暫定トップです。

冒頭かなりゆい姉さんちっくな歌い方で「お」と思ってからの
ポップなメロディラインはすっと入って来ますし
サビまでの流れ、サビ、間奏のシンセ、いや、どれもかなり好き。
ホント、CV・BGM・曲と音のレベルはいずれも高いと思います。

で。
絵の方は・・・
るちえさんは緑茶時代や直前の「まうころ」といい
らしさは存分に発揮されてたと思います。
っていうか、塗りは緑茶の時より良いと思いますので
ワタシ的には緑茶の頃より可愛く見えましたね。

前回感想で言いましたけど、
とぼけた主人公の表情はかなり秀逸でしたし
表現力も上がってる印象で。

また、八島さんの黒髪は
「ころげて」の小鳥とはまた違う良さがありましたね。
ちょいちょいボディラインに
不安定さがあったところは気になりましたが
キャラデザそのものは一段進化されてた印象です。

 ・
 ・
 ・

で。
避けては通れないパツキン:天音。
や、彼女のキャラデザは正直インパクトあり過ぎました。
コレだけで、この作品がイロモノに見えてしまう効果ありましたもん。
で、このコに秋野さんを当てるとかマジか、とも。

商業デビューっぽいはるるゆこさん担当だと思うのですが
過去絵見るともっとイケるハズなのにどうしてこうなったのか・・・

採点表はこんなとこ↓
otomekishi.jpg
もし天音のキャラデザが他と同じレベルにあれば
全体の評価も爆上がりだったんじゃないですかね。
それくらい足引っ張ってたと思います。

や、それでも、上半期のサプライズ賞筆頭候補レベルには
躍り出たように思えます。

や、これはいきなし想定外w

2019.04.28.Sun.02:35
キャスト買い&アンケートハガキ目当ての「乙女騎士」
今プレイしてるんですけど・・・

ヤバイw
いつものensembleより楽しいかもしれないwww

や、ホント、パツキン↓の造型は
icon_amane.png
相当にヤバイという認識に変わりはないのですが。

冒頭の設定で「おいおい本家デビュー作と丸被りやんけ」
とか思ったら。
ボイスだけとはいえまさかの本人ご降臨w

最近では本家の特典でよく歴代主人公集めてますから
まきいづみさんにも頼みやすかったんでしょうけど
まさかここでそのデビュー作と世界観を共有させてくるとはw

そしてそこだけはやる前からホント安心感ありましたけど
猫村さんがすっげぇ良いお仕事されてます∑d(≧▽≦*)

乙月の渚に近いっちゃ近いですが、
それよりも信頼感というか親友感の強いコで
これはかなりの良キャラ。

そして、そのちとせと同じるちえ氏が担当した主人公も
呆然とした表情が実に秀逸。
ドン引きだったり驚いたりという空気を存分に醸し出す
素晴らしい造型っすねwww
っていうかこの顔だけでいくつ差分があるんだろ?
異様にここだけ演出が細かくてこれだけで笑えますわ。
この顔が出るだけで空気を一変できるだけの力がありますw

で、今、そのパツキン√に入りましたが・・・
男バレのリアクションがありそうで新しいwww
その後のぶっ壊れ方といい、
 ・
 ・
 ・
正直開き直ってますねwww

ええ、そもそも男の娘として女子寮に潜入、
という設定自体がめっさコメディなワケで。
本家はそこをなんとかして
常識的な枠にはめようと苦心してるのが
透けて見えるのですが。

ここは違う。
「どうせおかしいんだから、その後もぶっ壊しちゃいましたw」
っていう一種巫山戯たノリを感じますねwww

本家保守派なら青筋立てて怒るとこかもしれないですけど
ワタシは「ブッ」と噴きましたわ(ノ∀`)

あと、CVはもちろんなんですがBGMもレベル高いっすね。
こうしてみると一部の絵以外はかなり高得点なのでは?
や、期待値60とか言ってましたけど
このままならちょっとというか全然違う数字になりそうですw

今月分だけなら楽勝なのですが(;´▽`)y-~~

2019.04.27.Sat.00:32
恒例の月末金曜日。本日の回収品↓
190426a.jpg
「9はるいろ」「初めての恋人」「乙女騎士」「ミシクロ」×2
「カノセカ」×3「家の恋人」「となかいS」「アイカギ2」「恋セピ」
の都合12本。

このうち、フルプラが「カノセカ」「ミシクロ」「初めての彼女」の3本。
ミドルが「乙女騎士」、で残り5本は全部ロープラ。

この今月分だけなら調子よければ2週間、
普通にやっても3週間で終えられると思うんですけどね。

何分先月分をほぼ残してるので、調子良いとか言う余裕もなく
5月はひたすらエロゲをクリアする毎日になりそうです(;´▽`)y-~~

とりあえず期待値
9はるいろ:90
カノセカ:90
ミシクロ:85
恋セピ:85
家の恋人:80
アイカギ2:75
初めての彼女:75
となかいS:70
乙女騎士:60

上下のギャップが激しい月ですなぁ(;´▽`)y-~~

プレイ順としては、ハガキやアンケートキャンペーンのある
「乙女騎士」「家の恋人」が最優先ですかね。

先月分も含めると予定としてはこんな感じ。
「乙女騎士」→「家の恋人」→「ボーナス2」→「将軍様FD」→
「メイドさんのいる暮らし」→「らぶこみゅ」→「9はるいろ」→
「カノセカ」→「ミシクロ」→「恋セピ」→「となかいS」→
「リアライブ」→「Pieces」→「アイカギ2」→「青い空のカミュ」→
「初めての彼女」→「白恋サクラグラム」→「メモオフIF-FD」

全部この通りにやる可能性は低いですが、
現状の優先順位とヘヴィなのはあんまり続けたくない、
ってことでこんな感じに。

あと、今日予約してきた分↓
190426e.jpg
「宿ガル」はサブからヒロインに昇格すると
前後比30%は可愛く改変される気が(ノ∀`)

あとは最後にカノセカミシクロ9の特典の皆様
190426b.jpg
190426c.jpg
190426d.jpg

勢いにやられた

2019.04.25.Thu.23:14
「BUKKAKE MINUKI」終わりました-。

この作品、正式タイトルが↓なワケですよ
BUKKAKE! ドシコリングMINUKIマックスアクメしてもいいですか?
~ ドエロいポーズして貰って見抜きぶっかけしたらお互い興奮がドチャクソヤバイです~

こう言ってはアレですが、ぶっちゃけマトモな作品とは思って無くて
まぁどんだけぶっとんだ抜きゲなのかなぁ、と思ったら。

思った以上にぶっ飛んでた(ノ∀`)

冒頭でいきなりやって来たイトコに
オナニー目撃されて勢い余ってぶっかける、
という場面でクスッとでもしてしまったらもう負けっすねw

一番有り得ないところを冒頭で乗り切っちゃった、
ってのを最大限活かした後の展開。

オナニー熱は異常だけど、主人公は真面目で良い奴、って設定と
職業はエロマンガの編集という設定が絶妙w

おかげで、各ヒロインとの出会いから関係が進むとこ、
直接ヤるワケではなくオナニー見せるだけ、
そのハードルの低さから常識人まで相手してくれる、
という一連の流れにも妙な説得力が生まれてて
当初の想定とは大きく外れて「案外読ませてくるなぁ」とw

そこから、だんだんとエスカレートしてくるのも属性突かれっぱなしでした。
や、個人的に最近やたら脱衣モノに弱いことに気付いたワタシですが
この作品もヒロインがだんだんとガードと着衣が緩くなるところが
かなりツボに入ってしまいましてw
それでいて共通ではやっぱりオナニー止まりという点もさすがのこだわりw

で。
普通に個別に入っても、ちゃんとそこそこ以上のカタチで
まとめてくれてるので安心感あるんですけど、
全員の個別を回収してもまだまだCGに空きがあるところが凄いとこw

誰かの個別に入ってもそれまでの選択次第で
他のヒロインもアプローチしてくる「浮つきモード」が秀逸w
溜めに溜めた共通から一気にぶっ放すバランスが凄いですわ。

ハーレムはもちろん、4人のヒロイン全通りの3Pがあって
よくまぁここまで作ったもんだと。
個人的に和泉万夜さんの作品は当たるか外れるかの差が激しいのですが
これはワタシのツボに刺さりまくった作品でしたw

絵の方も刺さるか外れるかの差が激しかったんですが
クルものはかなり「おおお」と唸らされましたね。
や、たぶん、オナニー時の主人公のノリについ同化してしまった、
って理由が大きいとは思うんですがw

そんなところで採点表↓
bukkake-minuki.jpg
期待値70からすれば大健闘っすね。

最低限の常識を押さえつつ全般的なノリの良さと
だんだんとエスカレートするエロさにやられた感じ。
後半もあれこれ見せてきますし
正直最近プレイした某作品達より楽しめましたw

・・・まぁ逆に期待値85の作品でこれだったら
逆に75を切ってた気もするのですがw

寝具も増える一方で

2019.04.24.Wed.21:19
現在、予約中の抱き枕カバー↓
・「恋カケ」彩音×2枚
・「乙月」渚
・「恋花」沙希
・「めくいろ」椿
・きみしま青さんオリジナル「メリアちゃん」

このタイミングで来てしまいましたか\(^o^)/

桜良の抱き枕カバー、7枚目の予約をせざるを得ませんねぇ( ̄▽ ̄;)
ただ。
布モノ全部買うと言った「俺不可避」ですが、
白亜のタペは今回はスルーですかねぇ(;´▽`)y-~~
ちょっと絵柄も表情もピンと来ない。
梓さんのタペは買いますけども。

あとこっちもなぁ

梓じゃなくて莉央って人選が既にずるいw
8枚目行かざるを得ないじゃないですか。・゚・(ノ∀`)・゚・。
あとは菜々のタペも追加っすかね。

こちらで悩むのは兼清みわさんの2つ。
9枚目はさすがにねぇ(;´▽`)y-~~

まぁ来月まで悩めるみたいなので考えときます(ヽ´ω`)

ロングスパンだとこういうこともあるよねぇ

2019.04.24.Wed.20:50
「夢と色でできている」全√終了しましたー。

プレイ前からわかっていたことではあるんですが
実際プレイしてしみじみ思わされましたね。

・・・karoryさんの絵、だいぶ変わっちまったなぁ、と。

発売延期以前に製作発表から最初の発売日公表までに数年、
そこから1年以上の延期を経たら、まぁこういう弊害も有り得ますよねぇ。

おそらく初期の段階で描いていたのであろうヒーロと恋の立ち絵、
それとイベントCG数枚はかなり可愛く感じたのですが、
どう見ても違う時期に描いたんだろうなぁ、というイベントCGもあって
安定感はあるのに絵と絵のギャップがハンパないという
とても珍しい事態に。

ワタシの好み的に、当初の絵柄のままなら、
絵の評価は最低でも9になったと思うんですけど
変更後は正直6までかなぁと。

また、シナリオ面でも冒頭からメールの多用にびっくりで。
LINEっぽいツールは一切出て来ず、
みんな1人1人にメール送ってる様を見てると
シナリオの書き始めはまだガラケー時代だったんだろうなぁと。

で、何人かの個別をクリアしたところで思ったのが
「ネタオープンまで引っ張るなぁ」ってコト。
過去に何があったのかあからさまに示唆する割りに
これみよがしにスルーの連続。

これをやられると、トゥルー以外の各個別のエンディングの
ハッピーエンド感が薄れますよねぇ。

で、もともとラストにするつもりだったヒロインが
やっぱりというかラスト縛りだったのですが
彼女の個別をやって思ったのは
「あれ?こんだけ?」ってこと。

過去の回想、今回払うべきツケ、
どれも粗筋の上っ面をなぞっただけにしか見えなくて。
や、散々避けてた過去の描写なんて見せ場も見せ場でしょうに
某大河ドラマでいう「ナレ死」と同じく
地の文だけで終わったことにされてて。

更に今回のツケを払う場面にしたって、
ずっとソレを守り続けて来た人の内面描写とか
いろいろ触れるところはあるはずなのに、さらっとやって終了。

あんだけ製作期間取ってこんだけ?
とはどうしても思ってしまいましたね。

製作発表から発売までの間、
シナリオのなかひろ氏はきゃべつそふとの
星恋ティンクル」も手掛けられてて
あれも短い個別を経てラストのトゥルーでドカーン、という作りでしたが
設定は比肩できても、描写は比較にならんレベルで落ちるなぁと。
しかもアレは絵の質量が圧倒的だった、という前提もありまして

そんなところで採点表投下↓
yumeiro.jpg
全体的に期待してたところからは1コずつ下回った感じ。

つばめの残念なところ、恋の淫乱ぶりといった描写はさすがなかひろ氏、
って感じで「らしさ」は発揮されてたと思うんですけどね。

あと、これでfengも一息ついたと思うんですが
この先どこに向かうんですかね?
またセイイキのように凉香タンのシリーズモノ出してくれれば
ロープラでなくても買いますが、そこまでの体力あるのかなぁ?

や、ここまで引っ張った割りにだいぶ短めだったのは
予算の問題かなぁ、とか思ってしまったので。

更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2019.04.20.Sat.22:54
先日当選させていただいた「らぶこみゅ」の服装検査キャンペーン、
その賞品が着弾してました-。
190420a-.jpg
伊ヶ崎綾香さんのサイン色紙です。

伊ヶ崎さん、ましゅまろそふとさん、
この度はありがとうございましたm(_ _)m

にしてもここまで描き込んでいただけるとはw
色も細かく変えられてますし
手の込んだ色紙をいただき本当にありがとうございました。

で。
よくここまでデコってくれたなぁ、と思う色紙にもビックリだったのですが
一番ビックリしたのは送り先の住所だったかも( ̄▽ ̄;)ゞ

ましゅまろそふとさんはCandySoftさんのブランドなワケですが
住所見たらめっさ地元www

以前、スミレの雪仁さんにも
「(賞品を)郵送より直接届けようかと思うくらい近かった」
と言われたことありますが、そのスミレさんより近いw

CandySoftのさかき傘さん作品で
やたら神奈川県内が舞台になるのもなんかナットクでしたわw

ちなみに色紙と一緒に送られてきたブツ↓
190420b.jpg
「まおてん」のクリアファイルと「トメフレ」のフライヤー。

個人的に「まおてん」は昨年のオレ的ベストエロゲに選出したくらい
高評価した作品なんですが、たぶんセールス的にはそこまででも・・・
って感じだと思うんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

「トメフレ」もワタシはとっくに予約済ではあるんですが、
これもどこまで予約数稼いでいるんでしょうか・・・

ちなみに↑の着弾報告、Twitterではちょっと前にうpってはいるんですが
この記事書いてる時点で、未だ「いいね」すら付きません(ノ∀`)
普段の当選報告なら秒殺で複数付くんですけどね
(この後、伊ヶ崎さんご本人に「いいね」されてから大幅に伸びました)


更にこの「らぶこみゅ」、Twitterでのアイコン・ヘッダーキャンペーンは
当選者合計12名のキャンペーンなんですがRT数が未だ・・・

69なんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

シックスナインで語呂がいいねと思いつつ
さすがに可哀想になってくるというと却って失礼に当たるのか・・・

まぁ現状17%というイベントのじゃんけん大会よりも高い当選確率でしてw

いや、地元ブランドと知ったら、もうちょっとなんとか頑張って欲しいな、
という気持ちになりましてね。

「まおてん」はホント面白かったと思いますし
もうちょっと評価されても良いんでは、とか
「らぶこみゅ」にしても原画のお二人の人選にしても
伊ヶ崎さんだけのフォロワー数からしても
さすがに69はねーだろ、と思う次第でありまして・・・

や、伊ヶ崎さんってエロゲ声優より同人活動のほうが活発で
そこでの固定ファンの数がマジでパないです。
フォロワー数も多いですが、サインをうpったツイートのアクセス数、
人気ブランドの公式にRTされたくらいの伸びしてますからマジもんです。
そこの層にサイン貰える、って告知するだけで
大幅に伸びると思うんですけどね。

うん、まぁつまり、広報さん頑張れ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ホントに微力ですが、地元ブランドとして
今後も応援させていただければと思いますm(_ _)m

どうにか1ヶ月遅れくらいには

2019.04.17.Wed.23:39
苦戦してた「スワイル」を終えて、
現在は「夢と色でできている」をプレイ中。

なんとか今週末くらいまでに終えて、
あとは「BUKKAKE」もなんとか
来週木曜までに終えたいなぁ、と思っています。

ここまでが2月発売分。
なんとか今月分回収までに2ヶ月持ち越しだけは避けたいところ。

ちなみに今月回収分↓
・カノセカ(×3)
・ミシクロ(×2)
・アイカギ2
・恋音 セ・ピアーチェ
・家の恋人
・初めての彼女
・9はるいろ
・となかい
・乙女騎士

複数購入が2作品あってフルプラ作品は実質3作品。
ロープラが5本、ミドルが1本なので
購入数の割りにそこまで時間は掛かんないかなぁと。

3月分がまだ「恋花FD」「まうころ」
「アオナツライン」の3本しか終えてませんが、
最悪再来月、できれば来月中に全部消化しときたいなぁ
とは思っております。

ただまぁ恒例のとおり、ワタシの会社はGWは普通に仕事なので
今月末から来月中旬までは灰になってる可能性も無きにしも非ず。
まぁなるようになるさと頑張ります(ヽ´ω`)

そろそろ引く

2019.04.17.Wed.02:31
「スワイル」終わりました-。

テイストは前作「ゴールデンアワー」と同じですね。
前作の主人公は元サッカーの世代別日本代表に選ばれたイケメン。
今作の主人公は成績学年トップを譲ったことのないイケメン。

なにかが欠落した日常の中でモテまくる主人公。
女の子のほうからぞろぞろ寄ってきて
流されるまんまヤリまくる展開。

その中で終盤で欠落してたなにかが判明して
お話は一気にSF的に動き出す、という流れ。

絵もキャラデザ・構図もあれこれ工夫してるとは言え
メインとなる部分はここ数作変わってなくて。
中の人も豪華ではありますが、毎作ほぼ固定。

うんまぁ正直「またこのパティーンっすか?」とは思いました。

そうならないよう、現在と3年前の出来事を交互に描く手法だったり
ヒロインの数をやたら増やしたり、という意図も理解はするんですが
正直、少し蛇足に感じたりも。

や、あれこれ演出してましたけど、肝心の中身がだいぶ薄味で。
はじめの紗江子や優華はCV的には大変ありがたいキャスティングでしたが
正直いなくても大勢にまったく影響しないヒロインで。

エロシーンはいつもどおりワンパターンの濃ゆい感じですが
そのほかの部分は粗筋にしたらたぶん数行で言えます。
過去の話もちょいちょい織り交ぜてくるんですけど
それらをひたすら引っ張って会話で尺をマシマシにしてるだけにしか見えなくて。
正直ワタシ的にはだいぶ苦行でした。

後半から中身が伴ってそれなりに読めてきたのは救いでしたが
ひたすら流されてヤリチンぶりに磨きが掛かる主人公には
いい加減辟易としてきてまして。

で、あそこまで引っ張って来てからの
最大のネタバレ部分は前作以上に
「へ?それでお話片付けちゃうんですか?」
という脱力感が否めなくて。

中の人のボイスと、より子さんの安定感はアリだと思いますが
シナリオまでそこまで前作同様にせんでもええのに、と。

採点表はこんな感じ↓
swale.jpg
そういや一番違和感があるのは主人公の家のベッドなんですよね。
ラブホならまだしも真っ赤なシーツってどうなん?と。

次回作もこのパターンだとちょっとキツイかもしれません。
唄を夢野さんに戻してフルサイズ収録のCD付なら話は変わりますが
MOREがソレをやるとは思えないですし
作風が変わらない限りはスルーの可能性が大きいです。