2019年05月21日 | IWGB
FC2ブログ

立場が逆になっただけなのに今回はすんなり

2019.05.21.Tue.22:56
「アイカギ2」もさくっと終えてますので感想を。
(前作とそのFDの感想は→「アイカギ」「アイカギAD」)

ロープラの同棲モノを流行らせたシリーズの最新作。
「オタク要素」という設定は新しくてそこにインパクトはありますが。

個人的に最大の特徴はそこじゃなくて、
主人公とヒロインの幼馴染み2人を
前作と立場を逆転させたところ、だと思いました。
要はお節介と世話を焼きまくるのが主人公側、っていう。

前作ではヒロインになんでもやらせっぱなしで
彼女の誕生日プレゼントすら頑張れない主人公に
正直かなりガッカリした記憶があるのですが・・・
それがぐーたらな女の子、という設定に説得力さえあれば
こっちはすんなり受け入れられるのは意外でしたねw
まぁそこからヒロインが頑張る、という描写があったればこそ、
ということだと思うのですが。

またテストという目標とゲームという描写があったためか
前作とは違って日常からメリハリがあって楽しめましたね。

そして、引きこもりがちだけどちょっとノリが良い、という設定に
遙さんのキャスティングは絶妙だったと思いますw
ハイテンションになった時の可愛さはもう鉄板でしたw

そして今作もとにかく立ち絵のデキが素晴らしいの一言。
ヒロイン視点でのAnotherViewで
やたら風呂場での場面が多かったですが
正直ワタシ的にはこれが一番エロかったw

aikagi2.jpg
ぱんつ着衣の立ち絵など
相変わらずあるけど使い切れてない素材はあるようなので
これもFDに期待ですね。

曲に対する思い入れは伝わって来ましたが

2019.05.21.Tue.22:21
「恋セピ」もクリアしてますので感想を。

冒頭から割と説明的なテキストが多くて
「なんでキャラにいちいちこんな不自然なこと言わせてるの?」
っていう違和感がありまして。

そこに持ってきて会話もちぐはぐというか
滑ってるというか噛み合ってないというか・・・

結局のところ、ヒロインの動機付け、主人公の動機付け
ともに掘り下げが弱くて説得力がないところを
無駄に言葉を増やしただけだよなぁと。

音楽が題材ということで、作中で主題歌を歌うシーンで
路上Ver.とライブVer.の2パターン用意してるのは
さすがのこだわりを感じましたが・・・

過去のCampus作品に比較すると、
かなり軽いというか薄さを感じてしまいました。

珍しくファンタジー要素なしで、
音を題材にしてみたのは好印象だったのですが
なんていうか、製作側の事情のほうが透けて見えて
かなり萎えてしまうと言うか。

例えばバンドVer.の曲を流したいがために、
それまでの流れ無視して
バンド結成してるようにしか見えなかったり、とか。

あと、その曲もライブで流した直後に
またエンドロールで同じ曲掛けるのも
センスのなさを感じたところ。
だったら主人公のオナニー的なモノローグと一緒に
エンドロールも流してしまったほうが
演出としてはカッコ良かったのでは?と。

絵の方も若干不安定さは感じたのですが
こちらも一点物凄くこだわりを感じたのが・・・

おっぱい(ノ∀`)

ここの造型・塗りだけは鉄板だったっすねw
や、昨今の業界的な流れとしては普通の判断だとは思いますが
その情熱をケツやら表情やらにも少し分けて欲しい、
と思うくらいには一点豪華主義でしたw

koi-sepi.jpg

これまで安定的に80台の点数は稼いでくれてたCampusですが、
この作品の発売直前のLightの倒産であかべぇに移転してるんですよね。
ただ、今作はほぼLightの下で作成してると思われます。

ソレでこのデキだと、あかべぇ麾下になって
ますます心配だなぁ、という不安を抱いてしまいました( ̄▽ ̄;)

ケツの進化は凄かった

2019.05.21.Tue.21:54
「となかいSS」さくっと終わりました。
(前作までの感想は→「となかい」「となかいW」)

今回やたら気になったのが、ふりがなの多さ。
18禁作品のハズなのに小学校レベルの漢字にまで
やたらルビが振られてまして。
その所為でやたら行間が広くなってるせいなんでしょうか。
まさかテキストのレイアウトでこういう印象になるのは
自分でも意外に思ったんですが、めっさテンポ損ねますね。

そして、致命的な事にシナリオにもテンポがない。
シリーズおなじみのちょっとズレてるヒロイン、
ってことを表現したかったのかもしれませんが、
会話がすべりまくってる印象しかなくて。
飴ちゃんの無駄遣い感がハンパなかったですね。

反面。絵の方では、ワタシが再三言ってた
「貧ケツ」(ケツは尻のこと)が劇的に解消されてましたね。
水着でバックのシーンで顕著でしたが、
腰からフトモモに向けてのラインが、
以前ならケツのところでほぼ直角だったのに
今回はめっさ盛られたプリケツぶり。

これまでもフトモモの太さは良い感じだっただけに
一気にバランス取れてきたなぁ、
とここは手放しで絶賛したいとこw
おっぱいに関しても前作同様文句なしなんですが。

ちょいとエロシーンまでの流れや
その途中のコスチェンジの過程とか
だいぶ適当だったよなぁと。
全般通じてテンポとか流れとか考えないシナリオで
せっかく進化した絵が勿体なかったように感じました。

tonakaiss.jpg

作を追う毎に絵は良化してるのに、満足度はなんでか落ちる一方。
まぁ次も買うと思いますけど、
そろそろシナリオもう少しなんとかしませんか?