2019年07月 | IWGB
FC2ブログ

2019上半期総括2

2019.07.31.Wed.23:59
前の記事につづいて上半期総括。
各カテゴリ別のトップを振り返ります。

【シナリオ】
トップは9の「つきかな」。
ここの1位が総合1位に直結しやすいだけに
まぁ順当な結果ではあります。

ちなみに8は13本も乱発w
その中であえて上位をピックアップするなら・・・
「pieces/渡り鳥のソムニウム」「ソーサレス*アライヴ!」
「リアライブ」の3本ですかねぇ。

【絵】
トップは10で「つきかな」「9はるいろ」「恋嵐スピリッチュ」の3本。
次点の9はやはり13本乱発w
ここでも9の中で上位をチョイスするなら
「ミシクロ」「恋課金」「タマユラミライ」かなと。

【音】
トップは10で「pieces/渡り鳥のソムニウム」「ガールズ・ブック・メイカー」
「乙女騎士~いますぐ私を抱きしめて~」「青い空のカミュ」の4本。

「pieces」以外はここまでまったくピックアップしてない作品ですが
いずれも歌・BGM・ボイスともレベル高かったですね。

【キャラ】
トップは10で「月の彼方で逢いましょう」「恋嵐スピリッチュ」
「金色ラブリッチェ-GoldenTime-」「Sugar*Style」の4本。

「つきかな」の三冠は2016年の「千恋」以来ですかねぇ。
二冠は過去何度もありましたけど。

で、ちょっと確認してみたら、最近はシナリオよりここで点数稼いだ方が
総合で高得点になりやすい傾向してますね、ワタシ。
そら採点基準も甘くなるはずやとw

残る2部門は追記にて。
続きを読む "2019上半期総括2"

2019上半期総括1

2019.07.31.Wed.23:59
7月いっぱい掛かってしまいましたが、
上半期発売作品でワタシが購入したエロゲは
全作終えることができました。
というワケで一旦締めて恒例の総括記事を投下。

上半期に購入&プレイした作品の一覧はこちら↓
2019result-1sthalf.gif
エロゲ49本・非エロゲ3本の合計52本。
昨年は48本でこパーソナルレコードでしたが
またエロゲだけで上回ってしまいましたね(;´▽`)y-~~

で、満足度を見ると、なんと1/4に当たる13本が90点以上。
当たり年だとは思ってましたが、
ここまで乱発したのはさすがに初めてで。
通年で2018年10本、2017年7本、2016年6本

80点以上で見れば半分以上の28本なんで
まぁ明らかに採点基準が甘くなっただけってことなんでしょうけど、
実際に今年は当たりが多かったとは思います。

そんなところでまず上位作品を振り返ります。
続きを読む "2019上半期総括1"

満足度がついにカテゴリ評価に追い付いて・・・ブッチぎったwww

2019.07.31.Wed.21:26
「つきかな」全√終わりました-。

いやー、すげー作品でした。
期待値78とか言ってスミマセンでした。

個人的にtone work'sの作品は毎度、各カテゴリ評価は高いのに
満足度になると途端に暴落するのがもうパターン化してまして。

星織」「銀はる」それぞれの感想で言ってますけど
満足度が暴落しちゃう理由はだいたい↓

・1√単位で見れば長いけど丁寧で面白い
・しかしどれもワンパターン
・リアル寄りな世界観なのに、アフター編になると
 主人公がチートのごとく毎回勝ち組になってむしろ浮き世離れしてる
・2周もすればお腹いっぱいのそれらを
 1作品あたり6√くらい見せつけられる

って辺りですね。
今回もその覚悟で臨んだら・・・

最初のうぐいす先輩で「おお、ついに悲恋を入れて来たかぁ」・・・
と思ってからのハッピーエンド。
ファンタジーというかオカルト要素を交えてきてますし、
過去作のような出来すぎたサクセスストーリーが実はサクセスじゃなかった、
という意味も込められていて、この1√終えた時点で
「今回はなんかいろいろ違うぞ?」と。

そして、過去作との大きな違いの1つがサブ3人を攻略対象にしたこと。
今回のサブ3人はみんなアフター編から登場するキャラばかり。
メインに比べれば学園編がない分短かいっちゃ短いですが
他作品と比べたら十分満足出来る質量はありますからね。
過去作のパターンに当てはまらない3人の存在は
全体の展開的にも非常に良かったと思います。

そして残る3人をやって思いましたが・・・

・夢を叶えた√、夢に破れた√、夢破れたあとに気付けば夢を叶えた√
 いくつもパターンを用意した
・鬱要素をなるたけ排除した過去作と違い「死」をむしろ積極的に書いた
・オカルト要素の中身もしっかり書いて説得力と言わないまでも
 世界観の厚みは作った
・サスペンス要素も入れた
・過去作と同じパターンの個別も1つだけ残した

とここまでやればそら「ワンパターン」なんて文句は出るはずもなくw
特にメインの灯華√の展開は上手かったですね。
ブランド特有の「学園編」「アフター編」の2つの存在をむしろ逆手にとって
同時並行でお話を進めちゃう、ってのは凄いアイデアw

オカルト要素が受け入れられない人だと
もう半分以上がダメになる作品だと思いますが
ワタシとしては全然有りでしたね。

かなり緊張感のある展開も見せてくれましたし
過去作とは明らかに違う作品にしてくれたな、と。
それでいて、過去作のテイストを残した√も置いて
らしさも残してくれたように思います。

で。
絵・音に関してはもともと評価の高いブランドだったワケですが
今回から参加された古池屋さんの絵もアクセントになってましたね。
一番リアル寄りな絵柄で巨乳2人を担当されたこともありますが、
小顔が並ぶキャラ達に混じってやたら肉感的というか
丸みのある絵柄されてて、率直にエロいなぁとw

また、今までギャル系担当が多かった秋野すばるさんが
小学生と同じ身長のパツキンロリと
35歳のキャリアウーマンを担当されててビックリでしたね。
どっちも過去作とは違う魅力があって、
引き出しが物凄く増えた印象で次回作以降が
ホント楽しみになるデキだったなぁと。

あと、音の面で、フリーの夢野ゆきさんに
Meisさんの曲歌わせたところはホント想定外でビックリでした。
この挿入歌、「月」のイメージを
Meisさんらしくエモく仕上げてきたなぁ、と。

そんなところで採点表↓
tsukikana.jpg
・・・昨年「メモオフIF」がこの点数叩き出した時は
こんな点数もう出ねぇだろ、とか思ってたのですが、
まさか翌年あっさり並ぶとはw

や、もともと2周以上耐えられないシナリオが暴落の元でしたから
そこさえ改善されれば急騰するのは間違いなしの銘柄でしたが
まさか一気にここまで改善されるとは
ホント想像もしてませんでした。

あとはキャラが全般的に良かったですねぇ。
雨音の猫的描写があざといなぁ(褒め言葉)とは思いましたが
真っ直ぐな聖衣良に奥ゆかしいうぐいす先輩。
サブの3人もかなり良い存在感出してて。

そして灯華は、彼女√のラストまでやった時に
主人公の前だけで見せる奔放さの意味と
アフター編ではいなくなることの意味を思い知らされて
「これはずるいなぁ」とw

ともあれ、前作終了時点では「もう買わないかも」
と言ってたくらいでしたが当然あっさり掌返しw
次回作がホント楽しみです。


最後に余談ですが、メニュー画面の左端にあり、
某ルートでも重要な舞台となる深谷の電波塔。
実物は2014年の返還を受けて2015年には撤去が済んでます。
まぁあんな事件が起きる余地はないからこそ、
実物の名称を使っての描写なんでしょうね。

こ・れ・・・は・・・ヤヴェェ

2019.07.30.Tue.03:24
上半期作品のトリにとっておいた「つきかな」。
メイン2人とアフターのみの3人を終えたところですが。

や、率直に言ってかなり面白いっす。

最初にやった例の珍名さんで
「え?」と驚かされるところはありましたが
現時点なら確実に上半期最高点ですね。

大トリのキャラでどうなるか、ってのはありますが
まぁ大幅減点は考えづらいかなぁと。

ともあれあと2人・・・なんとか月内コンプ頑張ります(ヽ´ω`)

舞台が被ると珍名も被るのか

2019.07.27.Sat.01:12
そういやあいミスの試練に追われて
記事にするのをすっかり忘れてましたが。

直前にやった「メモオフIFfD」は
シリーズ全作がそうだったように
江ノ島をはじめ藤沢&鎌倉が舞台になってて
今やってる「月かな」も
江ノ島と藤沢市街が舞台になってるのですが。
(今年の作品だとあと「アオナツライン」も鎌倉&藤沢)

「月かな」やって驚いたのはヒロインの名前。
文芸部長の名前が「日紫喜うぐいす」ですが
「メモオフIF」にも「日紫喜瑞羽」というヒロインがいるワケで。
読みが「ひしき」と「ひむらき」で違いますが
そうそう被る苗字じゃねーよなぁとw

軽く調べてみたら藤沢市固有の苗字ってワケではなく
「日紫喜」さんの都道府県別分布でみたら
ぶっちぎりで多いのは三重県で神奈川はそもそも圏外。

「メモオフIF」のほうは昨年3月の発売なんですが
まさかコレ見て合わせたとはさすがに思えないので
あくまでたまたまなんですかねぇ。

ちなみに他のキャラの名前は一切被ってません。
一番有り得ないところが被ってたので驚いた次第w
キャラは黒髪ってとこ以外全然似てないので
まぁ混乱することもないんですが(;´▽`)y-~~

で、これまでの話にまったく関係なく、
ここまででツボに来たのが武藤さんの幼女(ノ∀`)

や、ロリというかこんな娘が欲しかったw

この娘ならお母さんもきっと美人かと。
お顔が出て来ないモブ扱いですが
未亡人のお母様がヒロイン達よりとても気になる次第w

積んでみると結構な質量・・・どうしまおう?( ̄▽ ̄;)

2019.07.26.Fri.22:47
恒例の月末金曜日。
本日の回収品↓
190726a.jpg
あと特典↓
190726b.jpg
「コロラム」「姫贅」「LOVE³」☓2
「こいかり」「ぬきたし2」「宿ガル3」
「アイウラ」「猫忍3」の計8作品延べ9本。

「LOVE³」を2本逝っちゃったのは完全にいつものミスです。
ポチったの忘れてまたポチるアレ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

9本あるだけに積んでみるとそれなり質量ありますけど
まぁ夏休みがあるんでなんとかなんだろう、と(;´▽`)y-~~

とりあえず月内は先月分の残り「月かな」をやっつけることに専念し
(「あいミス」はダラダラやってますけども)
それを終えたら今月分ということで一応期待値とプレイ順の予定↓
・宿ガル3:90
・猫忍3:85
・アイウラ:80
・こいかり:85
・LOVE³:75
・コロラム:85
・姫贅:70
・ぬきたし2:70

ロープラ&お気軽なやっつけやすいところから始めてくつもりです。
・・・「月かな」でお腹いっぱいになることが容易に想像できるからですが(;´▽`)y-~~

とりあえず格納庫がパンク気味で、夏休みに一旦整理しないとなぁ
と思っていたら、来月頭に実家から家族が来ることになり\(^o^)/
この辺のエロゲやら特典やらはどうにかして
クローゼットにブッ込むミッションがスタートしました(ヽ´ω`)

あと1週間あと1本

2019.07.25.Thu.00:07
結構な容量あった「白恋」「メモオフIFfD」を
どうにか終わらせることができました。

これで上半期作品で残すは「月かな」1本。
今月分回収日の明後日には間に合いませんが
残り1週間となった月内には
なんとか間に合わせたいと思います。

上半期のオレの嫁&曲ランキングもほぼもう固まってますけど、
この「月かな」も上位に食い込んでくるポテンシャルはあると思うので
楽しみではあるのですが・・・

どんだけ長いんやろ?(;´▽`)y-~~
インストールもなんかめっさ時間かかってるし

上手いフォローと丁寧なのと破壊力パネェ

2019.07.24.Wed.21:16
積んでた「Memories off InnocentFile for Dearest」終わりましたー。
(本編の感想はコチラ

本編はこのブログ史上最高得点をマークした作品。
あの時は完結作ということでそのつもりでプレイしてましたが
まぁそりゃシリーズ毎作FDが出てるんですからこれも出ますよねぇ。

シリーズ完結からのオマケ的な延長戦、
毎作FDは短めなんでそのつもりでいたら・・・
とんでもねぇ尺してました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そのうえ。
どうしても埋まらないCGいくつかあるなぁ、と思ったら
クリアする順番が条件になってるCGもあって。
や、思った以上に濃い中身してましたね。

本編の感想で述べたことなんですが、
この作品、本編ではマトモと言えるヒロインは
実質2人しかいないというかなり特徴的な作りしてまして。

メモオフらしいっちゃらしいですが、
2人はメンタル病んでる系なエンディングですし
1人はそもそも存在感薄くて要らないコ状態、という。

それが今回は病んでる2人に
本編の各エンディング後のアフター、というカタチで
しっかりフォローしてたのがエライっすね。

本編感想時点で、せめて(ヒロインの資質がありそうな)
琴莉だけはあれ以外の展開があっても、
ということは言いましたが、
柚莉にもナットクのエンディングがあって
最後にしっかりまとめてきたなぁ、と。

また、これが今作のメインストーリーだったと思うのですが
ラスボスさんのアフターも凄かったですね。
本編で少し疑問として残ってたところを回収するばかりか
本編でネタバレする以前の各シーンで
ラスボスさんがそれぞれどんなことを考えていたのか、
っていうことを明かすのも実に上手いなぁと。

更にコンシューマ作品ですから
エロゲのようにあからさま表現はさすがになかったですが
明らかに「ヤッた」のと、それを受けての周りの変化、
ってところも随分攻めた描き方してましたねwww
やー、よくそこまで書くわw

そして終盤のシーンタイトルですが
again,encore,T-WAVEなど
過去のシリーズ作のFD作品のタイトルを
そのまま使ってるのも思わずクスッとしてしまったところ。

この時点で「や、すげーわ」という印象でしたが
ラストに取っておいたノエルが相変わらず反則的な破壊力ww

冒頭からいきなりサービスカットが入るわ
質量パネェとは言ってもFDですから
なんでかほとんどのストーリーでおんなじ温泉旅館行って
おんなじような入浴シーンがあるのはお約束だと思ってましたが
(旅館に行かないヒロインも入浴シーンは必ず有りw)
ノエルだけ「ホントこれエロゲじゃねーのかよ」っていう
キワドイCGがやたら多いwww

他ヒロインもしっかり作り込んで来たとは言え、
やっぱノエルとラスボスさんが別格だなぁ、でFAでしたw

過去のシリーズ作では毎回、
本編発売→FD発売の1年くらいの間に
なんでか絵が大幅に劣化する、というジンクスがあったのですが
今作ではそれも見受けられず、
シナリオ・絵とも本編同様かなり丁寧に作られていたと思います。

まぁそんなワケで
memooff-iffd.jpg
本編からさほどに点数は落とさずまとめてくれたなぁと。

驚いたのは本編にいなかった1のヒロイン音羽かおるのゲスト参加。
本編では多数の過去作ヒロインのゲスト出演がありましたが、
ギャラが別格そうな水樹奈々さんや清水愛さんのセリフは
めっちゃ短かったんですよね。

で、音羽さんのCVは田村ゆかりさん。
この方もギャラが違いそうなんで
本編でのゲスト参加がないのも仕方ないと思ってましたが
まさかここで来るとはw


転校生コンビの詩音との会話もあれこれあって
さらにわざわざBGMまで用意されてて非常に懐かしかったです。

あとは「警告劇場」の「神奈川県民ならわかってくれ」
というネタは大爆笑しました。や、これも懐かしいwww
最後にこんなネタブッ込んで来るとは完全に想定外www

本編はもうラスボスさんの
正体ネタバレからテンション上がり通しで
プレイし終えた時は半ば放心状態でしたが
今作はその辺の想い出も全部丁寧に思い返して
楽しく時に愛おしく世界観に再度浸れた作品だったなぁと。
卒業式と同窓会的な関係と言いますか、
本編とはまた違う良さがあったと思います。

と言いながら。
警告劇場の終わり方が中途半端だったので
気になってホントなんの前情報もなかったのですが
本編立ち上げたら結構長めのアプデが始まって
起動したら前にはなかった「Epilogue」がw

や、ここまで手の込んだ仕掛けしてくるとはw
結構なお点前でしたw

減点分は前作で引かれているので

2019.07.23.Tue.17:54
「白恋サクラ*グラム」終わりました-・・・
というか終わらせました。
(「春恋サクラ*グラム」の感想はコチラ

破綻気味というかワタシに言わせりゃ崩壊してた
本編のサスペンス部分がなくなって
各アフターはいちゃラブメインのお話か・・・と思いきや。

思い切りが悪いというかこの期に及んでまだ冗舌というか。
前作から唯一サブからヒロイン昇格を果たした梢レベルで十分だったのに
また水増し感満載のお話にしてきたなぁと。
まぁ前作共通ほどのテンポの悪さではなかったのは救いでしたが・・・

また、アナザーでは前作で未回収だった部分のフォローがあるのかなぁ、
と思ったらここもスルー。ここが一番ガッカリしたところですね。

代わりというか別の大きな疑問を残したまま終わりましたが
アレはおそらくアペンドで対応するんでしょう。
本編発売から約2年、あんだけ発売を引っ張って
まだ未完成か、ってのも驚きではありますね。

ただ、前シリーズの「ARIA」のキャラを出すアナザーやら、
RPG風の世界観で展開するハーレムストーリーがあったり
おふざけしてたストーリーは素直に楽しめました。

勿体ぶったあれこれより、これくらいあからさまでご都合なほうが
むしろ身の丈合ってる感じがするなぁと。

shirokoi.jpg
その2つのアナザーがなければ、
たぶん本編同等の採点だったかなと。

(塗りは除く)絵とキャストが申し分ないだけに
非常に悩ましいですが
作品だけ見たら次作購入はもうないかなぁ・・・。
せめておっぱいの塗りが変われば
ボイス付デジタル画集と割り切って買えるのですがw

ヤマ場と修羅場と正念場?

2019.07.20.Sat.23:06
現在バキバキに積みゲ崩してて、
残るはあと3つって所まで来てます。

ただ、そのうち2つがクッソ長いであろう
「白恋」と「つきかな」でして。・゚・(ノ∀`)・゚・。

もう一つクッソ長いと想定していた「DC4」が
最大のヤマ場とは踏んでいたのですが
これが想像以上のマジでパない尺してたので、
もし残す2作がこれと同じくらいの尺してたら
たぶん月内終わりません\(^o^)/

あれほどではない、と信じて残す3作は今月中に終わらせて
上半期の総括記事も今月中にうpりたいと思っています。

それと、「もしかしたら出ないかも」と思ってた某茄子が
先日やっと出てくれました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

去年より額は下がってましたが、まぁ最悪の状況は脱せられたので
これでどうにか修羅場は乗り越えられそうです。

あと今月分ですが。
2本ほど延期した上に来月夏休みがありますからね。
月内までに上半期のノルマをこなせばどうとでもなると思います。

ちなみに現在の今月購入予定↓
・アイドル裏営業
・宿ガル3
・コロラム
・LOVE3
・恋愛かりちゃいました
・姫と穢欲のサクリファイス
・ぬきたし2

だいぶ減ったのとロープラ作品が複数あるのとで、
夏休みの状況次第ではなにか買い足すかもしれません。

ただ。
9月に「きまテン」「おなくらさん」「スタステ」と
複数購入予定のブツが思いっきりかち合ってくれやがりまして。

正直今年最大の正念場の様相を呈しているのですが・・・
ままれならあともう一発やってくれるかも?
という期待もあったりなかったり(;´▽`)y-~~