2019年07月 | IWGB
FC2ブログ

減点分は前作で引かれているので

2019.07.23.Tue.17:54
「白恋サクラ*グラム」終わりました-・・・
というか終わらせました。
(「春恋サクラ*グラム」の感想はコチラ

破綻気味というかワタシに言わせりゃ崩壊してた
本編のサスペンス部分がなくなって
各アフターはいちゃラブメインのお話か・・・と思いきや。

思い切りが悪いというかこの期に及んでまだ冗舌というか。
前作から唯一サブからヒロイン昇格を果たした梢レベルで十分だったのに
また水増し感満載のお話にしてきたなぁと。
まぁ前作共通ほどのテンポの悪さではなかったのは救いでしたが・・・

また、アナザーでは前作で未回収だった部分のフォローがあるのかなぁ、
と思ったらここもスルー。ここが一番ガッカリしたところですね。

代わりというか別の大きな疑問を残したまま終わりましたが
アレはおそらくアペンドで対応するんでしょう。
本編発売から約2年、あんだけ発売を引っ張って
まだ未完成か、ってのも驚きではありますね。

ただ、前シリーズの「ARIA」のキャラを出すアナザーやら、
RPG風の世界観で展開するハーレムストーリーがあったり
おふざけしてたストーリーは素直に楽しめました。

勿体ぶったあれこれより、これくらいあからさまでご都合なほうが
むしろ身の丈合ってる感じがするなぁと。

shirokoi.jpg
その2つのアナザーがなければ、
たぶん本編同等の採点だったかなと。

(塗りは除く)絵とキャストが申し分ないだけに
非常に悩ましいですが
作品だけ見たら次作購入はもうないかなぁ・・・。
せめておっぱいの塗りが変われば
ボイス付デジタル画集と割り切って買えるのですがw

ヤマ場と修羅場と正念場?

2019.07.20.Sat.23:06
現在バキバキに積みゲ崩してて、
残るはあと3つって所まで来てます。

ただ、そのうち2つがクッソ長いであろう
「白恋」と「つきかな」でして。・゚・(ノ∀`)・゚・。

もう一つクッソ長いと想定していた「DC4」が
最大のヤマ場とは踏んでいたのですが
これが想像以上のマジでパない尺してたので、
もし残す2作がこれと同じくらいの尺してたら
たぶん月内終わりません\(^o^)/

あれほどではない、と信じて残す3作は今月中に終わらせて
上半期の総括記事も今月中にうpりたいと思っています。

それと、「もしかしたら出ないかも」と思ってた某茄子が
先日やっと出てくれました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

去年より額は下がってましたが、まぁ最悪の状況は脱せられたので
これでどうにか修羅場は乗り越えられそうです。

あと今月分ですが。
2本ほど延期した上に来月夏休みがありますからね。
月内までに上半期のノルマをこなせばどうとでもなると思います。

ちなみに現在の今月購入予定↓
・アイドル裏営業
・宿ガル3
・コロラム
・LOVE3
・恋愛かりちゃいました
・姫と穢欲のサクリファイス
・ぬきたし2

だいぶ減ったのとロープラ作品が複数あるのとで、
夏休みの状況次第ではなにか買い足すかもしれません。

ただ。
9月に「きまテン」「おなくらさん」「スタステ」と
複数購入予定のブツが思いっきりかち合ってくれやがりまして。

正直今年最大の正念場の様相を呈しているのですが・・・
ままれならあともう一発やってくれるかも?
という期待もあったりなかったり(;´▽`)y-~~

とりあえず長いわw

2019.07.19.Fri.23:06
「DC4」ようやく終わりました。・゚・(ノ∀`)・゚・。
DCまで終えてメールまで来たのでたぶん終わりだと思います。

や、とにかく長かったっすね。
プロローグ&共通時点でもそこそこあるのに
ヒロイン7人はしんどいわー、と思ってたら
更にもう1人いて正直お口あんぐり。

長めのプロローグ・共通で描かれた日常に
あれこれ秘密が隠されてた、って意図も理解はするのですが
さすがに冗長すぎて途中でだいぶしんどくなってました。

あと、各個別に入ってからはメリハリ出てくるように思えたのですが
各個別でのいちゃらぶ度のバラツキが目立ったのも気になった点。
やたらラブラブな√もあれば、終盤にようやくくっついて終わり、という√もあり。
わりと主要キャラに見えたコが個別ではそうでもなかったり、って思えて、
要は「当たり外れが結構あるな」という印象で。

更にラスト√でそれまでの共通や各個別の設定が
ほとんど活かされてなかったところも
収束感がなくバラバラに感じられたところ。

あんだけ思わせぶりに書いてた主人公の家族に関する伏線もほぼスルー。
瑕疵が生まれた箇所、そこを「ダカーポ」でなんとかしようってなら
むしろその要因、某事故に戻るべきなんじゃ?
って余計なことまで考えてしまいましたね。

まぁつまりあんだけ長々とあれこれ書いたのに
それを全然活かせてないじゃん!
って印象がどうしても拭えなかったですね。

実績のあるライターを沢山揃えて
それぞれらしさは発揮されてたと思いますけど
そこを束ねる軸がなかったって感じです。

そしてここで唐突に採点表↓
dc4.jpg
各個別で見れば面白いと思うんですけどね。

絵の方はまんま期待してた通りのクオリティ。
ただ、イベントCGでこれ、っていう勝負絵はなかった印象で。
パンチラ・着替えとかという意味ではなく
その個別で特徴的な一枚、ってのがあんまりなかったな、と。
その辺は全部水鏡湖にブン投げられた印象でした。

シナリオも絵も何か軸となる決め手があれば
思いっきり印象は変わったと思うんですけどね。

非エロゲで分割商法はわかっていたけれど

2019.07.17.Wed.00:37
「ニンジャガ」終わりました-。
ちなみに作品の正式名称は↓
Ninja Girl and the Mysterious Army of Urban Legend Monsters ~Hunt of the Headless Horseman~


っつか1章分しかないのでわりかし速攻で終わります。
選択肢もいくつかありますが、悪い方を選ぶと即BADエンド。

次作のボスなのかそれともラスボスなのかわかりませんが
BADを迎えると今回は出て来ないSDキャラの2人がヒントを教えてくれます。
が、前述の通り不正解なら即BADですから、
ヒントもくそもなくて、要は顔見せってことなんでしょう。

実質一本道で短めのお話はコメディも交えつつ
軽いフェイクを一発入れて終盤はバトルメイン。

バトルの描写はさすが渡辺氏、って安定感はありました。
が、ヒロインの台詞回しにちょいちょい違和感がありまして。
特に霧の「だわ」は口癖としての使いどころも
中の人の演技的にもなんかめっちゃ浮いて聞こえまして。

大概説明的になりそな場面でそれを多用してくるので
あえて狙ってやってることなのかもしれませんけど
妙にクセが強く感じられてしまうんですよね。

元々が海外のブランドが
日本人クリエイターを起用してできた作品なので
あえて外国人が喋ってる感を出してきたのか
って思ってしまうくらいには日本語的に違和感がありました。

で。
シナリオがアレでも、ボリュームが短くても
ロープライス作品なら絵と世界観さえマトモなら
なんでも許される風潮がある気がしてるんですが。

実際茉宮さんとぴこぴこぐらむさんの絵は確かにかなり良かったです。
良かったですが。

これ、エロゲじゃないんで。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ソレ考えると、絵もテキストもロープラのエロゲと比較すると
だいぶ容量少なめだったかな、という印象。

更にこれまでの茉宮さんの作品やってると
中の人のボイスもちょっと合ってない感じがするような気がしました。
まぁこれは作を追えば慣れてくるとは思うんですけどね。

採点表は↓
ninjaga1.jpg
タイトルがクッソ長すぎるので、ショートカットアイコンにセットされた名前のまんま入力しときましたw

シナリオはまだプロローグで次作以降に期待、
ってところもありますね。

今回は敵がいろんな意味で硬派なヤツだったので
次作以降、敵キャラにも華が出てくれば
結構化けてくるんじゃないかなぁと。

たまにこういうFDもあるから本編がアレでも買ってしまうワケで

2019.07.15.Mon.22:47
「おにぎゅ」のFD終わりました-。
(本編の感想はコチラ

本編ではいつも通りの平常運転なノリではあるけど
シナリオの各所で設定おかしい、というところ。
それとハグシステムが若干面倒でもうちょっと使い途あるのでは、
というところを指摘してブランド最低点をマークしたのですが・・・

見事なくらい指摘した箇所を修正してきましたね(・∀・;)
まぁ同じような意見が多々届いたってことなんでしょうけど。

今作は本編ハーレム√のアフター、って設定だと思うんですけど
本編で見られたPTAなどストレス的なモブは極力回避。

また主人公の引きこもり設定のポジティヴ面は見せても
他の生き方を全否定するようなアフォなテキストは皆無。
でも通り一遍な上からかくあるべし的な将来の目標はなんだか違うと思う、
という前作にあったコアな部分は自然に残した感じで。

「やればできるじゃないですかー、やだもー」
って感じでしたw

さらにハグシステムを設定で選択肢に変えることも可能。
そしてキスでそのシステムを採用、
などあれこれ上手い具合に調整してきましたね。

ストレス要因をここまで除去してくれれば
もともと絵の評価は高いだけにそら満足度は爆上がり。

採点はこんな感じに↓
onigyu-fd.jpg

率直に劇的に改善しましたね。
更に各キャラに用意された和装コスが実にGJ。
白無垢の某キャラはもう度肝を抜かれましたw

うん、まぁ、それくらいだろうとは

2019.07.14.Sun.01:12
「Sugar*Style」のアフターストーリー終わりました-。
(本編の感想はコチラ

いきなり採点表
SS-AS.jpg
本編が90だったことを考えると
いつものFDのパターン以上に減点幅が大きいですが
元からアフタースートリーと音楽CDとのセットって時点で
中身が薄めなのはまぁお察しでしたね。

それでも前作までのように
アフターを分割しなかったのは良かったなと。

あとはひたすらいちゃつくだけの作品でしたが
本編時点で、どこまで主人公のことが好きなんだ、
ってくらいの描写してた、真央と晴が
更にデレデレになってたところは見せ場でしたかね。

ただ、1キャラ2つずつしかHシーンがないのに
某キャラは1つをフェラだけで終わらしたのは
なんだか数だけ埋められた感が。

思う存分堪能してますが、死亡フラグ建築?

2019.07.10.Wed.17:41
Twitterにうpってブログにうpるのすっかり忘れてたんですが。
前にカノセカのコラボバー逝って酔った勢いで
キャンバスアートを2つ発注してしまったコトがありまして。

アレと、それとは別件でイチリさんのFANBOXから仕入れたブツが
なんでか同時に届きまして。

届いたブツの絵は全部イチリさんの絵。
それを全部飾った頭の悪い図が↓
191703a.jpg
キャンバスアートはサイン入でしてアップにすると↓
191703b.jpg

せっかくなんで、手持ちのイチリさんのサイン入のブツを全部並べた図が↓
190703c.jpg
こっちは見た目にスッキリ。
レイアウトだけ見ればインテリアの範疇に収まる気がするような。
・・・そうか肌色成分があるとインテリアには向かねーんだな(;´▽`)y-~~

っていうか、キャンバスアートの画質とクオリティが
想定していたより相当良くて。
これを複数並べるとソレだけでなんか
存在感というか説得力があるオブジェになる感じというかなんというか。

うんまぁつまり
2枚買っといて良かった∑d(≧▽≦*)
という結論にw

あと、抱き枕カバー2枚も届いてました↓
190707b.jpg
きみしまさんのオリキャラ:メリアちゃんと

東方のキャラなんてことも露知らず
裏面の尻にKOされて買った宮瀬まひろさんのブツ↓
190707a.jpg

やー、調子こいてあれこれポチってましたわ。
正直、今月ボーナスが出ないとマジ死亡なんですけど
未だ出る気配がない(;´▽`)y-~~

そっちで送ってこられると事前にわかってしまうという

2019.07.10.Wed.16:31
Parasolさんの「恋嵐スピリッチュ」での
アンケートキャンペーンに当選させていただきましたー∑d(≧▽≦*)

ということで届いたブツ↓
19709a.jpg
みけおうさんのサイン入クリアファイルです。

・・・これ、本来、賞品発送を以て当選の発表となるところなのですが。

ワタクシ、某黒猫さんにメンバー登録してまして。
そうするとワタシ宛の荷物の依頼が来た時点でその概要のメールが届いて
あちらの日時指定を無視してこちらで日時を再指定できる、
というチートが可能になるんです(ノ∀`)
ただし発売日指定の商品について発売日以前の到着指定は当然不可

なので、その前日には
発送元:ラッセル
商品名:クリアファイル
という通知が来てまして、それでもう中身を察してましたw

ただ。
伝統的にParasolのパツキンに弱い、とはアンケでも書いたんですが
まさかあのメンツの中であえて翼が選ばれてるとは思いも寄らず。
こちらはホント意外でしたw

そして人選もそうですが、
しっかり巨乳Ver.でケツも魅せる実に素晴らしい構図で
本当にありがとうございますm(_ _)m

ということで飾ってみた↓
19709b.jpg
過去2回、Parasolさんで当選させていただいた色紙と
みけおうさんの同人作品「百五十年目の魔法使い」で
当選させていただいた色紙と一緒に飾ってみました。

これ、A4までで作った枠なので
B4フレームだとちと厳しいっすね( ̄▽ ̄;)ゞ

ちょっと飾り方はまた考えたいと思いますが
Parasolさん、久々3度目の当選ありがとうございます。
そして、みけおうさん、2つめのサインありがとうございます。
続きを読む "そっちで送ってこられると事前にわかってしまうという"

男性キャラはかっけぇ

2019.07.10.Wed.16:10
「DEADDAYS」終わりました-。

一度死んだ人達が某組織の手によって蘇生され
そこから生き続けるために実験という名目の
幽霊狩りをさせられる、という内容。


CLOCKUPらしくバイオレンスとセクシャルな表現がかなり強調されてますが、
生死観をベースにしたこの作品ではむしろそこは必須な要素で、
落としどころが上手いなぁと。

また、バイオレンスに関してはグロさはさほど感じなかったですね。
その演出を抑える機能もありましたけど、
ワタシ的には使わなくても全然問題ないレベル。

そしてこんなテーマの割りに、ノリが案外軽くて
サクサク読めるのが一番意外だったところ。

ただ、「お!」と思わせるテキストが随所に散りばめられてて
ライターによってはその一言を置くためにあれこれ演出して
勿体付けて強調するような言葉でも、
この作品では自然というか普通に置かれてる感じで
ノリの割りに思わぬところで考えさせられるというか。

どんなに強いヤツでも強い殺意には敵わない。
その殺意は人から見たらホントしょーもないことだったりする。
自分の身に起きてないことは共感しようがない。
なんて全然別なところで語られてるんですが
3つ合わせると、普段自分達が生きてる世界とこの作品の世界が
特段変わりが無いと思わされるというか。

また、ラスト近くの殴り合いに発展する前のエピソードも
さらっとしか描かれてませんが、
この作品でずっと言ってきた「生きる」ってことを
一番真摯に受け止めたシーンだよなぁと。
読みやすさの割りに読み応えもあるテキストだったと思います。

絵の方では。
もうCLOCKUPらしい世界観を存分に表現してると思うのですが、
エロゲとして見るとエロさはあんまり感じなかったかなぁと。
いろんな液体の塗りのレベルの高さは感じたのですが。

ぶっちゃけた話ですが、女性キャラより男性キャラのほうが
全般的にかなり魅力的に見えましたw

キャラと同じ印象になるのですが、設定的にもキャラデザ的にも
みんなかなりわかりやすい属性でまとめられてる中で
二面性というかフトコロの深さを感じさせるのが
ほとんど男性キャラのほう、っていうところが大きいですかね。

ただ、そのわかりやすい女性陣の中で、
一番常識人だけど一番悩ましくて一番色気がある真奈美さんが
一番「生きてる」ってことを感じさせてくれるヒロインだったように感じました。

逆に全っ然読めないキルりんが一番死を感じさせるキャラだったなぁと。
時折「あれ?コイツ、カワイイかも?」と思わせるヤバさも良かったっすw
・・・ただ、瑛太と天願のカッコ良さのほうが際立ってたかなぁと。

あとは性別不明ですが66のラストでの機能の仕方を見て
あ、わざわざ蒼衣さんを起用した意味がわかったわ、とw
結構おいしいキャラでしたねw

採点表↓
deaddays.jpg
OPムービーと曲「Liar,Liar」に惹かれて買ったのですが
そこはもちろん、中身の方も楽しめて元は十二分に取った印象。

単発は勿体ない

2019.07.08.Mon.00:15
「たそくろ」終わりました-。

攻略ヒロイン1人なんで短いのかな、
と思いきや案外ボリュームありましたね。

大正ロマン的な舞台背景から
不意に繰り広げられるホラーめいた官能的展開。

そこから、更に愛する相手と自分の命との天秤を測ったかと思えば
ここぞとばかりに不穏に急展開。

や、OP曲『Spider Silk』の曲調はまんまこれをトレースしてたんですね、
と言いたくなる先の読めない展開。

そしてしっかりカタチを作っての終わり方。
や、これは最後まで存分に楽しませて貰いました。

主人公:有馬とヒロイン:すぴかだけでなく
サブの麦と月子がホント良い味出してましたね。

森崎さんの当たりのシナリオで見られる
異性間との距離感に対しホンネとタテマエを仕込んで
思わずニヤニヤしてしまう描写。
今作は麦のおかげでコレがキレイに決まってましたねぇ。
小鳥居さんのボイスも合ってましたし
ホント、ニヤニヤが止まりませんでした。

どんだけシリアスになっても麦さんが入ると日常を取り戻す、
って描写はとても上手かったと思います。

前半で目立ってた麦に対し、
中盤までは設定通り影の薄い月子さんが
後半になると見せ場が増えるのも上手いなぁと。

日常の麦さんに対し、
月子さんはお話の核心に食い込んでいく存在。

有馬との関係性においても対比があって
ホント面白い2人だったなぁと。

麦にはサービスカットが1つだけありましたけど
自分的には月子さんのヴィジュアルが一番好みなだけに
彼女にソレがなかったのが唯一残念なところでしたね。

そして。
久々に鈴平さんの単独原画となったワケですが。

発売延期したとき、理由が「原画の遅れ」とか言ってたので
劣化も覚悟してたのですが・・・

そのクオリティにビックリw
完全に良い方向に裏切られました。

「つり乙」シリーズでも言いましたし、
前作「きみめざ」でも良化は見られても
相変わらず下半身が作画崩壊気味、と言ったのですが。

今回は大幅に解消されてますね。
立ち絵の表情の描き分けも
以前並みに丁寧になってるなぁ、
と思ったらイベントCGもしっかり描かれてる印象。

ええ、正直前作までは途中で切り上げた感すらあったのが
今作はちゃんと最後まで描き上げられてるなぁと。
このクオリティにするまで描いて貰った経緯で延期したのなら
これは実にGJだったと思います。

そんなところで採点表↓
tasokuro.jpg
一応次作製作予定などはないそうですが、
わざわざアンケで続編や次作を希望するかという問いがあったので
ちょっとは続きというか麦&月子のヒロイン昇格に期待したいと思います。