2019年12月04日 | IWGB
FC2ブログ

深みを排してえぐみは倍増どころじゃないw

2019.12.04.Wed.11:26
「まなかし」終わりました-。

原画るび様&シナリオ和泉万夜氏ってコンビは
同じバグシステムの「にくにく」以来なワケですが
アレより更にグロいっすねwww

耐性のなかったスカトロ以外はまぁ平気だった、
とか言ってた「にくにく」ですが、今作はその要素は薄め。
ただ、猟奇的な描写は大幅にエスカレートw

いやぁ、見てるコチラ側があちこち痛くなるような場面のオンパレード。
「にくにく」では「あれ?案外俺大丈夫じゃね?」とか余裕ぶっこいてましたが
今回は「ああああ、これは無理無理」と思わず目を背けたのが複数枚。

またCG量も多いのですが、痛めつけられる差分量だけでも結構な数があって
るび様自ら企画されただけあってノリノリで描かれたのかなぁ?とw

立ち絵の差分量もハンパなく、ミドルプライスとしては
絵はかなり頑張った質量だと思います。

またワタシ的にツボに来たのが真奈美のキャラデザ。
いかにも薄幸の美少女っぽい、可愛さにキレイさもあるヴィジュアルに
八尋さんのボイスもかなりハマっててめっちゃ庇護欲そそりましたね。
・・・で、逆にムチャクチャにされるというギャップがもぉねw

で、絵のグロ描写以上にクるモノがあったのがシナリオ。
「にくにく」は人類を捕食対象とする異次元存在が敵キャラなので
そもそも常識が違う、という前提がありましたが
今回はあくまでクラスメイトとその関係者ですからね。

まぁつまり「コイツらヤベーよwww」っていう
レベルがもう桁違いw

「にくにく」では陵辱にも意味があった的なシーンがあり、
そこが作品に深みを与えていましたが、
今回はそう言った裏設定的なモノはなし。
ただただヤバイとw
一応、冒頭からセットされてたフェイクは
かなりあからさまだったので割とすぐにわかりましたw


また、割と「愛情」も真剣に描かれてた「にくにく」と違い
今回はひたすら倒錯的に描かれてるなぁという印象で。
おかげで読後感はまるで違うモノになりましたが
インパクトの大きさはこちらが圧倒的ですねw

manakashi.jpg
好みの分かれるところだと思いますが
個人的にはシナリオなら前作、キャラデザなら今作。
ヒロインがひたすら酷い目に遭うを見守りたい方は
今作のほうがよりえげつないかと思います。