2020年02月05日 | IWGB
FC2ブログ

そこだけは刺さらないんです

2020.02.05.Wed.18:42
「おにあま」さくっと終わりました。

プレカノの過去作は、なんか妙に
ヒロインの言動やクセに一捻り入れたがるというか
あんまり素直なヒロインにはしてこない印象がありまして。

「アエリアル・ライフ」のように、
たまにそんなコがいたかと思えば
世界観をヒネりすぎてそれが全然表現できてないという
低予算振りを露呈しちゃった作品もあり。

それが今回はだいぶおとなしいというかベタで王道な
甘やかせカノジョとの同棲モノに徹して来たなぁと。
ロープラ作品としては至極マトモですが、
実にプレカノらしくない、というのが第一印象でしたw

田舎から理由こさえて主人公を追い掛けて押し掛け女房しにきた、
というヒロインの設定に
純朴っぽいコを描かせたら鉄板の木場さんの絵柄は
とてもマッチしてたと思います。

それで王道で攻めてきたら、普通は刺さるんですが
ワタシの性癖的にはむしろ脱いでからがガッカリで全然刺さらず。

や、無駄に乳がデカすぎるのは「安直だなぁ」くらいには思っていたのですが
脱いでみたらB地区もクソデケェw

木場さん直近の過去作「スタステ」では全然そんなことなかったので
たぶんそういうオーダーで描かれたんだろうなあ、
とは思うのですが、ワタシ的には非常に勿体ないなと。

過去作に比較すると純朴な分、ちょっと華やかさには欠けるので
おそらくその分を巨乳って事でアピールしたと思うんですが、
そのほかとのバランスを無視してでも無駄に巨乳にすると
ワタシ的にはもうドン引きレベルで萎えちゃうんですよねー。

そして個人的に最悪なのがやたらデカい乳首。
これをやられるとおっきしたアレも仕事放棄して
即寝してしまう性癖してまして( ̄▽ ̄;)ゞ

oniama.jpg
そこさえなければ、ほのぼののまま終わってて
それなら70以上はあったと思うんですけどね。

プレカノらしくない、と思ってましたが
好みの絵柄でも脱いでみたらガッカリだった、
っていう「ボーナス」でもあった出来事が繰り返された印象。

その辺がまったく気にならない方でしたら
もっと点数は上がるんじゃないかと思います。