2020年03月04日 | IWGB
FC2ブログ

これはめっちゃ良いキャラゲー

2020.03.04.Wed.20:17
「はじカノ」終わりました-。

ヒロインは3人と少なめですが、その分1人1人が濃いですね。
ヒロインのラインナップもまず外さない王道パターン。

最近引っ越したばかりの主人公宅に
直前まで済んでいた年の近いJDに
数年間ロクに会ってなかった学園生の義妹、
美人原画家にして勤め先の上司。

その中の人にポサラさん、鈴谷さん、御苑生さんと
まぁ配置に関してはもうパーフェクトな印象w

紫作品でおなじみの月杜尋さんのキャラデザも
ワタシ的にはかなりツボに来てまして
プレイ前から期待値は高かったのですが・・・
やってみたらソレ以上でしたw

3人のいずれかと同棲するお話なのですが
同棲によって主人公・ヒロインそれぞれの幸せの感じ方や
ヒロインの萌えっぷりをとことん見せつけてきます。
絵と中の人も上記の通りですからこれはもう即堕ちますねw

ホント3人ともかなりの破壊力を持ってました。
主人公とやたら波長というかノリが合う舞衣と
年上で頼れるけど、甘えてくれるとカワイイ美咲さんだけで
十分にキャラ評価8はあるんですけども。

義妹&パツキンツリ目&不器用だけど健気でひたむきで鈴谷さんボイス、
というワタシのツボをことごとく押さえた結愛奈がもう反則級の可愛さ。
や、もう結愛奈√プレイ中は「なにこのこかわいいー」の連発w

個人的に「これくらいのちっぱいでええんやで」と思ってたら
脱いだらかなりデカかったことにビックリでしたが
まぁそれも含めてエロさもホント凄いコでした。
当然にマイ嫁ランクノミネート当確クラス。

少しだけ不満があるとすると、美咲さん√だけ
他の2人が出て来ないことですね。

他の2ルートでは選ばれなかった2人についても
軽くフォローしてくれるんですが、
美咲さん√だけは、フォローどころかそもそも出て来ない、
って事にちょっと違和感ありましたね。
まぁこの辺は複数ライターの弊害かもしれません。

絵の方はもうさすが。
ヒロインの描写に関しては、
画も塗りも高いレベルで安定感抜群。

基本おっぱいメインながら
ちょいちょい違うところも見せてくる構図も
さすが大ベテランって印象。

各ヒロインとのHシーンは12ずつで
ラストに短いですが4Pが1つ。
3人に絞ってこんだけいちゃラブしてくれれば
相当な満足感がありましたw

hajikano.jpg
キャラゲーとしては満点に近い作品だと思います。
ストーリー的には薄いかもしれませんが
こんだけ幸せオーラを放つ作品もそうそうないかなと。

あと、仕様面でちょっと修正して欲しいのがCG鑑賞画面ですかね。
御苑生さんが主題歌を唄ってるんですが
鑑賞画面でソレが延々掛かるんです(ノ∀`)

エロCGをじっくり見たいと思っても
なんか妨害されてるような気がしちゃいましたw

もともと上半期作品の中でもサプライズ大賞候補その1に挙げていた作品で
コンセプトの下でちゃんとキャラの良さを書ききれば高得点有り得る、
とか元日時点で言ってた気がしますが、期待を遥かに上回るデキでしたね。

ポテンシャルは物凄そう

2020.03.04.Wed.04:27
「恋四つ刻」もさくっと終わりました-。

冒頭での野外オナニーの時点で「なんじゃそら」っていうか
のっけからB級路線突っ走ってるなぁ、という印象でしたが。

暴言ヒロイン&毒舌ヒロインの2人が思った以上にカワイイな、とw
というのもイベントCGになると突然クオリティが上がるのがありまして。

最初は立ち絵でもイベントCGでも、
デカい解像度に追っ付いてない印象があったのですが
イベントCGのうち7割くらいはえっらいクオリティ高いんですよ。
このクオリティで安定してたら絵の評価は9以上は堅いのになぁ、と。

逆に残り3割くらいが立ち絵以下のクオリティで
その落差にホントびっくりなレベル。
こちらで安定したら絵の評価は4くらいでしょうかw
ここまでギャップのある作品は初めてじゃないですかね。

で、ラッキースケベをこなしていくと
ヒロイン2人がツンデレという以上に可愛く見えてくるというw
冒頭の馬鹿さ加減にちょっと見くびってしまいましたが
この辺は思った以上にシナリオがしっかりしてた印象です。

当初はちょっと雑に見えた立ち絵も、
原因は制服のドピンクブレザーだったんじゃないかなと。
あれさえ着てなければ普通以上に可愛く見えましたね。
特に凜香の部屋着(タンクトップ)は相当な破壊力w
惜しむらくはその凜香の裸の立ち絵、モノはあるのに
それを出さなかったところw

澪は割と最初のほうで裸の立ち絵を拝めますが
凜香はメッセージウインドウで胸が映らないサイズで表示されるだけ。
Hシーンでは正面からマトモにおっぱい映した図がないので
そこが勿体ないなぁと。

まぁシナリオ的に澪のほうがメインなので
2人の扱いに格差があるのはしゃーないんですけどねぇ・・・

Hシーン数で言えば澪9回、凜香2回で最後に3P1回。
ロープライスでこれなら、凜香も同等の扱いにしてミドルのほうが
個人的には嬉しかったかなと。

とは言え、澪も十分に可愛かったので
これでロープラならまあ元以上は軽く取れていたと思います。
koiyotsu.jpg
絵の残り3割のデキに、
明らかに少なそうな予算にできることが縛られていた印象のシナリオ、
この辺がクリアできれば
相当な作品を作り出せるポテンシャルは感じましたね。

プレイ時間中ほぼ8割Hシーン?

2020.03.04.Wed.03:46
「ギャル温泉」さくっと終わりました-。

冒頭で主人公がブラック企業ヤメて温泉旅行に行って
そこでギャル子ちゃんに声掛けられるまでに
だいたい5分くらい掛かると思うんですけど
そこからはもうひたすらHHですねw

二択でどっちのHをするか選び続けて
ひたすらハメまくる訳ですが、Hシーンは全22回。
もう同人ゲーのようなノリですが、実際3000円の価格考えたら
コスパ的にも同じレベルじゃないですかね。

こんなノリで流しておいて、お話的にもそれなりにまとめてますし
この絵さえツボに来る方ならまず元以上は取れる作品だと思います。
おっぱいメインの絵が多いのも、ウケやすい点かなと。

ただまぁ注意点としては、このコ、非処女です(ノ∀`)
ワタシは全然気にならないですが
そうじゃ無い方はお気をつけ下さいw
gal-onsen.jpg

あちゃー(ノ∀`)

2020.03.04.Wed.03:27
前にスミレさんのほうで、音声作品内の
架空ネットラジオ番組へのお便りを募集してまして
応募期間1日というムチャぶりw
ワタシもネタで1つ投稿してたんですよね。

で、先日発売されたんですが・・・
採用されてーらwww

いやもう馬鹿すぎるネタだったんですが、
まさか使われるとはwww

遠野そよぎさんが演じられる人気声優:碧みゆについて
どの作品からファンになったのか、架空の番組だから架空の作品でOK
とのことだったので・・・

雪仁さんの作品でそよそよって言ったら「ラブラブル」だよねぇと思って
「バブバブル」のバブ美からファンだと書いちゃいまして・・・

いや、アレ採用されちゃうのか(ノ∀`)

そこからバブバブ言い出すそよそよに
ポサラさんまで語尾に「バブ」と付けだして投稿者もお口あんぐりw

そもそも碧みゆの設定があれこれおかしすぎてもう爆笑w
あの展開だとアレくらいバカなほうが良かったんだなとナットクでしたわw

バイノーラルのクオリティも凄かったですし
よろしければ聞いてみて下さいw

先頭打者の仕事はエロバカカワイイだった件

2020.03.04.Wed.01:46
「GBM」のスピンオフ作品
「グリムと3人のおひめさま1」終わりました-。

ワタクシ、本編では7章以外をかなり酷評してましたが
その7章を終えた後のアフターならそれなり見れるかな、
とは思っておりました。

6章までを酷評したのは、各物語を崩壊するまでぶっ壊して
ライターのご都合さしか見えなかった点と
グリモワール関連の伏線の置き方にイライラしたせいでして。

ただ、アフターとなればグリモワール関連はもう解決済。
そしてお話ぶっ壊しすぎ、って印象の中で、
元からぶっ飛んだ作風だったアリスだけは
この作品のノリでも合ってた印象がありまして。

今回も「グリム童話全集の中から3人の姫をピックアップ」
ってノリならあれこれごっちゃになってもイケるかな、と。

で、やってみたら・・・
やっぱりなんらかのラスボスがいるっぽい表現はありましたが
本編みたいなぶつ切りの置き方じゃなくて
あくまで匂わせで終わってるのでこの点のストレスは皆無でしたね。

また、これを最初にプレイしていれば、
白雪姫のぶっ壊し振りにもう白目を剥いたと思いますが
本編やった後ならまだおとなしく見えるといいますか。
元々のグリム童話自体がかなりブラック入ってるって事実もあって
割とその辺は許容範囲内に思えてしまいましたw

で、その白雪姫のキャラはかなりあざとい(褒め言葉)なーとw
確かにこりゃカワイイ、やたら巨乳を強調したキャラデザに
ちょっとおバカ&チョロインとこれでもかと媚びてるヒロインを
先頭打者にしてきたなぁとw

そして割とクール系なキャラを演じられる印象が強い夏和小さんでしたが
アホの子でも全然イケるのはさすがやなとw

で、スピンオフ3連続作品としては
お話の中身的にあんまり進展はなくとも
世界観の紹介とエロシーンのクオリティだけで
十分トップバッターとしての役割は果たしてた気がしますw

白雪姫は巨乳だけでなく、ムチムチのフトモモもだいぶ強調してましたし
反対にグリムのちっぱいも全開にしてましたし
まぁこの辺だけでも元は取れてたかなと。

gbm-g1.jpg

点数的には本編とさほど変わらないのですが
ストレスはだいぶなくなってました。
その分中身も薄いっちゃ薄いですが、
黒幕のご登場など真相は続編を待つしかないですね。
キャラデザ的には次のいばら姫に一番期待しておりますです。

本編とは大違い(ノ∀`)

2020.03.04.Wed.01:07
「フルキスS」終わりました-。

フルキス」のスピンオフ作品で、
ワタシは本編を「マイン」認定していたのですが
今回は原画うなさかさんのみ、ってことだけで
たぶん本編とは別物になるだろうなぁと期待感はかなりありました。

メガトンズというかドスコイズがいなくなるだけで
絵は大幅に良化するでしょうし、
今回のヒロインはいきなり距離感ゼロってワケではなさそうですし。

それでプレイしてみたら・・・
「おお!」からの「あっるぇ?」って感じ。

確かに最初は距離あるんですけど
その距離の詰め方がだいぶチートですよね。
親友ポジションに女性キャラ置いて、
そのコがやたらお節介焼きというより主人公に都合良すぎで。

とは言え、主人公が憧れてる悠と、
最初から主人公を意識してる花菜の
ヒロイン2人はかなり良かったと思います。
配置的にも期待感大きくて。

ただ、割と冒頭でみんな仲良くなっちゃうのが勿体なく思えました。
三角関係な少女漫画の王道ではありますが、
主人公と悠が接近して花菜をやきもきさせてみたり、
花菜と近づくことで悠が主人公を意識したりする場面があったりすれば
もっともっと見せ場が出来たのになぁと。

そして、個別√に分かれてからが意外でしたね。
花菜√が短いw
冒頭からめっちゃ頑張ってるのがわかって、黒髪清楚な花菜のほうが
完全にユーザーからのウケは良いと思ってたので。

お話の締め方も等身大の学園生っちゃその通りなんでしょうけど
中身がないっつーか刺さるところが全然なかったっつーか・・・
もうちょっと彼女の良さを引き出してあげて欲しかったなあと。
ただ、ラストのCGはめっさツボでしたw
絵のほうは全般的に花菜のほうが安定感あったように思います。

悠√のほうは、王道の学園モノ青春モノって印象。
いちゃラブっぷりも花菜ルートより濃いなぁと。

冒頭から主人公と距離詰めることに躊躇いのない
悠の姿勢に正直ちょっと違和感あったんですけどね。
ただ、ラストまでやってみてナットクでした。
要は主人公の顔も性格もめっちゃドストライクだったのかとw

で、両方終わってみれば、共通が駆け足気味だったのは
個別でいちゃラブするためだったのか、という印象で。
個人的にはヒロインとの距離間との詰め方に面白さを感じるクチなので
ちょっと残念なところはあるのですが、いちゃラブのほうがウケるだろうなぁ、
とも思うのでこれはこれで有な判断だと思います。

fullkiss-ss.jpg
本編からの大幅加点w
というかまぁ正直本編とは完全別物って印象でした。

やっぱりくすんだ塗りが勿体ないなぁとは思うのですが
青姦なんかの場合は割と明るめに塗ってくれてて
これまでより良化の兆しが見えた印象を持ちました。
これが標準になってくれれば絵の採点もだいぶ上がるなぁと。
「メルキス」同様、うなさかさん&はねことさんの再タッグにも期待しております。

あとはBGMとヒロイン2人のボイスがかなりハマってました。
月野さんはもちろん、咲智さんのあわあわした感じの演技が
花菜のキャラにめっさ合ってたと思います。
「さくさく」のティナ以来ひっさびさにお名前拝見した気がするのですが
この系統のほうが合ってる印象でした。