お後さっぱり、お口直しには最高? | IWGB

お後さっぱり、お口直しには最高?

2014.04.07.Mon.01:03
「大図書館DS」全部終了しました。
(前回プレイ分の感想記事はコチラ
「豊川バスト」さんまで見たのでたぶんコンプかと思われw

アペンドストーリーもそれなりの量がありますので
コンプまでが案外長かったっすね。

FDになるとありがちな、「本編とキャラが違う」的なお話も少なく
また各お話でクオリティのムラもさほどなかったので
かなり安心してプレイできました。

葵ストーリーだけは途中をだいぶ端折った印象ですが
まぁ元がサブのサブだっただけにこれも致し方ないかw
つぐみを筆頭に他のストーリーでも見せ場があっただけ
水結よりマシだった気もw

その水結は本人のストーリーは悪くないのですが
他での出番がほとんどなかったねー、と。
確かサブでは一番人気だったように記憶してるのですが
どーしてこーなった。

全般的に佳奈すけ・つぐみが目立って
なんだかんだ小太刀も出番が多かったように思うのですが
結局一番出番が多かったのはギザ様だったような気もw

絵に関しては前に言った「ロリにシフト」からちょっと訂正。

ユースティアの辺りから見られた傾向ですが、
全体的にだいぶ丸みが強調されて線が太くなってきましたね。
この作品ではソレが更に進んだ感じ。
立ち絵では旧来の絵柄をキープしてましたが
イベントCGになるとそれが一気に加速。

故に日常ではロリさを感じたんでしょうね。
そして表情のワンパターン化、もうちょっと突っ込んで言うと
全キャラ、デフォルメがほぼ同じなせいで
「けよりな」や「FA」の時とだいぶ絵柄が違って見えるのかなぁ、と。

丸くなった分、フトモモやらおっぱいのむっちり感は増してて
そこは良いと思ったんですけど
個人的には「けよりな」の頃がピークに思えちゃいますね。

そんなワケでプレイ後の採点表。
toshokands.jpg
サブパラが総じて高いのに満足度がそれなりなのはまぁ仕様的に必然かと。
1つ1つのシナリオが深く掘り下げない以上、そらこうなりますやね。


あとは勝手な心配ですけど。
「FA」のアニメが低視聴率に終わりそのコンシューマ化も飛んで、
満を持した「ユースティア」も空回り気味。
ブランド的に結構ヤバイとこまで逝ってたと思うんですよ。

だからこそユースティアから1年で新作発表という
いつにない急展開だったと思うのですが。
そしてこの「大図書館」でだいぶ巻き返したなぁ、とw

こうなると次をどうするのかが重要になると思うんですけど・・・

ソレまでの間に、べっかんこうさんの絵柄が
どこまで維持できるのかも結構重要な気がしますねw
Comment

管理者にだけ表示を許可する