待望のコンビ2組だけではなく | IWGB
FC2ブログ

待望のコンビ2組だけではなく

2019.01.30.Wed.23:37
「ソサアラ」二日で一気に完走してみました。

異世界飛んだけど、要はスポ根クラブモノ?
と思わせてからの後半突入。
この構成だけでも一見の価値ありですね。

少し短めの前半にしても、
序盤が少々タルイのは否めないんですが
それぞれの個別でイチャコラ要素もふんだんに盛り込みつつ
各ルート毎に展開を変えながら熱い展開を見せてきますので
正直ここだけでもそこそこの点数は付けられます。

いやぁ、ちょいと前からエロゲやってるユーザーからすれば
六花さん&そよぎさんの掛け合いだけでも楽しめますし
そこに持ってきて絵師の早川ハルイさん&庄名泉石さん、
という同じスタイラスのWエースながら初めての共作、
って時点でかなり反則気味でしたからねぇw

そこに小鳥居さんや小倉さんはもちろん
絵師も桜みさきさんに妹担当させたのは
ワタシ的には完全反則でしたね。

桜さんは商業デビューと思われる「おにキス」で
次回作が楽しみ、と言ってましたが、
ここで来るか!という驚きもありましたし。
や、桜さんもスタイラス所属と知ったのはその後だったもんで( ̄▽ ̄;)

まぁおかげさまで買う前からシナリオ以外は
そうそう外さないだろうなぁ、という確信があったため
前半だけでもそれなりの満足感があったワケで。

それが後半からの大どんでん返し。
両サイドから絶望を突きつけられた時点では
「こっからどうまとめるんだろう?」
とwktk感はハンパなく爆上がりしてました。

そっから突然駆け足気味になったり
某所で一気に軽くしたさじ加減はちと首を傾げましたが
まぁ尺とその後の展開を考えれば必然ですかねぇ。

そこから一度フェイクを入れて、
タイトルの意味を把握してからのクライマックス。
確かにあそこで一旦息抜きしとかないと
もう1コの因縁を挿入できる空気じゃなくなりますしね。

またクライマックス中もご都合さを感じましたが
前半部分をきちんと踏まえての要素でしたし。

そしてクリア後にあるんじゃないかと思った
ラストの選択肢の追加。

ちょいちょい「もうちょっとだけでもこうしとけば・・・」
って気になる点が結構あったのは否めないんですけど
熱さと勢いに乗せて「伝えたいこと」は
ダイレクトに届くシナリオだったなぁと。

最後まで一気に完走したのは、
この熱さにやられた部分が大きかったと思います。

絵のほうでは。
原画陣の絵は期待以上でした。
ハルイさんの2人はもちろんですが
庄名さんのアキナ、桜さんのミアは
お二人の一番得意なフィールドのキャラに思えまして。
おかげでキャラデザ、立ち絵、各イベントCGも
かなり満足感あったんですが・・・

ちと残念だったのは塗りですね。
絵によってはベッタベタな塗りになるのがかなり勿体ないなぁと。

特にエロシーンでそれが顕著で
原画ではもっとキレイ系な線だったんじゃないかと思えるんですが・・・
まぁスタッフロール見ると、彩色はだいぶ外注したみたいですから
この辺もやむなしですかねぇ。

音の方では琉姫アルナさんが
BGMまで担当されてるのにビックリ。
や、これまでの楽曲から、
だいぶ高音のシンセ系でゴリゴリ来るイメージあったのですが
中世風のBGMもそつなくまとめてきますし、引き出し多いなぁと。

そんなところで採点表↓
soceal.jpg
ここんとこ、毎年1月にその年の基準となるような
高得点稼ぐ作品が出るんですが
今年は「ソサアラ」がソレになりそうですね。

お話が完結しちゃってるんでなんとも言えませんが
2018年世界でのFDなんか出たら確実に複数買うと思いますw
Comment

管理者にだけ表示を許可する