ロングスパンだとこういうこともあるよねぇ | IWGB
FC2ブログ

ロングスパンだとこういうこともあるよねぇ

2019.04.24.Wed.20:50
「夢と色でできている」全√終了しましたー。

プレイ前からわかっていたことではあるんですが
実際プレイしてしみじみ思わされましたね。

・・・karoryさんの絵、だいぶ変わっちまったなぁ、と。

発売延期以前に製作発表から最初の発売日公表までに数年、
そこから1年以上の延期を経たら、まぁこういう弊害も有り得ますよねぇ。

おそらく初期の段階で描いていたのであろうヒーロと恋の立ち絵、
それとイベントCG数枚はかなり可愛く感じたのですが、
どう見ても違う時期に描いたんだろうなぁ、というイベントCGもあって
安定感はあるのに絵と絵のギャップがハンパないという
とても珍しい事態に。

ワタシの好み的に、当初の絵柄のままなら、
絵の評価は最低でも9になったと思うんですけど
変更後は正直6までかなぁと。

また、シナリオ面でも冒頭からメールの多用にびっくりで。
LINEっぽいツールは一切出て来ず、
みんな1人1人にメール送ってる様を見てると
シナリオの書き始めはまだガラケー時代だったんだろうなぁと。

で、何人かの個別をクリアしたところで思ったのが
「ネタオープンまで引っ張るなぁ」ってコト。
過去に何があったのかあからさまに示唆する割りに
これみよがしにスルーの連続。

これをやられると、トゥルー以外の各個別のエンディングの
ハッピーエンド感が薄れますよねぇ。

で、もともとラストにするつもりだったヒロインが
やっぱりというかラスト縛りだったのですが
彼女の個別をやって思ったのは
「あれ?こんだけ?」ってこと。

過去の回想、今回払うべきツケ、
どれも粗筋の上っ面をなぞっただけにしか見えなくて。
や、散々避けてた過去の描写なんて見せ場も見せ場でしょうに
某大河ドラマでいう「ナレ死」と同じく
地の文だけで終わったことにされてて。

更に今回のツケを払う場面にしたって、
ずっとソレを守り続けて来た人の内面描写とか
いろいろ触れるところはあるはずなのに、さらっとやって終了。

あんだけ製作期間取ってこんだけ?
とはどうしても思ってしまいましたね。

製作発表から発売までの間、
シナリオのなかひろ氏はきゃべつそふとの
星恋ティンクル」も手掛けられてて
あれも短い個別を経てラストのトゥルーでドカーン、という作りでしたが
設定は比肩できても、描写は比較にならんレベルで落ちるなぁと。
しかもアレは絵の質量が圧倒的だった、という前提もありまして

そんなところで採点表投下↓
yumeiro.jpg
全体的に期待してたところからは1コずつ下回った感じ。

つばめの残念なところ、恋の淫乱ぶりといった描写はさすがなかひろ氏、
って感じで「らしさ」は発揮されてたと思うんですけどね。

あと、これでfengも一息ついたと思うんですが
この先どこに向かうんですかね?
またセイイキのように凉香タンのシリーズモノ出してくれれば
ロープラでなくても買いますが、そこまでの体力あるのかなぁ?

や、ここまで引っ張った割りにだいぶ短めだったのは
予算の問題かなぁ、とか思ってしまったので。
Comment

管理者にだけ表示を許可する