終盤、各方面でついてけないとこが少々 | IWGB
FC2ブログ

終盤、各方面でついてけないとこが少々

2019.05.19.Sun.23:44
「ミシクロ」ラストまで終了しましたー。

シナリオも粗筋から各エピソードのテキストも安定感あって
絵もハイクオリティで立ち絵の口パクも同期バッチリ。
ロリモードじゃない月野さんのボイスをこれでもかと堪能できて
途中までは「こら、今年暫定トップまであるかも?」
という手応えがありました。

個人的に嫌いな分岐方法してましたけど
このストーリーならそれに説得力ありましたし、
その分岐後もサクサク読ませて
お話的な見せ場にしても、エロ的な見せ場にしても
盛り上がるところと魅せるところがわかってるなぁとw

や、エロシーンをE-moteで動かす作品も増えてますけど
そうすると体全体かおっぱいを見せようとする作品が多い中で
この作品はしっかりおっぱいメインのシーンも用意しつつ
他を用意してるところが実にわかってますね、とw

まぁそんなワケで、晶さん、ひな√くらいまではだいぶ楽しめてました。

ただ。

遊離√辺りから「アレ?」と。
まず終盤のチェスの対戦自体がちょっと浮いてみえたんです。
や、ライターさん、オナニー激しくね?と。
厨二っぽい世界観に主人公と遊離のキャラ
ってのも理解してるんですけど、チェスの種明かしなんかはもう
「チェスをカッコ良く書いてる俺かっけー」みたいに見えてしまって
ライターさんのリアル厨二っぷりにだいぶ萎えてました。

更にここら辺から、フリーダムな黒幕さんの描き方に
さすがに違和感拭いきれなくなりまして。
いや、いつまで自由にさせてんのよ、的なツッコミがどうしても。

で、その遊離√では更に少し感じたことがありまして。
それは彼女の行動原理に動機付。
それまでの言動からすると
イマイチズレがあるように感じられたんですよね。

それがラストルートでは姫風露・黒幕・某親父など
みんなに対してそれを感じてしまいまして。
特に某親父はなにやってんだろ、と。
お前が研究対象をああしたのは奴だとわかってるのに
なんでそんなリアクションなんだよ?と


黒幕で言えば、憎悪の対象が移っていく過程と
彼の述懐に全然説得力がない。
「目が似てきた」で片付けるところじゃないだろよ。

姫風露の決断にしても、ちと唐突感ありましたかね。
彼女が目覚める前、なにを聞かされていたのか、
それでどんな感情を覚えたのか。
告白しあって気持ちに素直になったとはいえ、
その前提すっ飛ばしてあのように切れるところにも
それまでの過程から違和感がありまして。

その分、ラスト√では散桜花が光って見えましたけど。

あとラストバトルからのエピローグの流れも
素直に楽しめれば良かったのでしょうが、
ここだけは構成的にわかりにくかったなぁと。

ボディを変えた意図も
遊離と姫風露の会話から察することはできますが
もうちょっとわかりやすく言ってくれた方がスッキリしたと思います。
ラストバトルからあえて遠回りしてのハッピーエンドなんですから
プレイヤー側にスッキリさせてくれた方が良かったのに、と。

採点表はこちら↓
mishikuro.jpg
終盤で満足度落としてコレですから、
ポテンシャル的には青天井だった気がします。
ストーリー度外視してキャラゲーとしても良かったと思いますし、
単純にきいちゃんゲーとしても超優秀w

あと個人的に月野さんの次にインパクトがあったのは
散桜花役の鶴屋さん。
K子さんの妹作品では安定のおっとり次女ポジションでしたけど
今回の殺人マシン的な役がめっさハマってるのにビックリ。
ちょっとデレた時の演技が反則的に可愛かったっすねw
Comment

管理者にだけ表示を許可する