曲に対する思い入れは伝わって来ましたが | IWGB
FC2ブログ

曲に対する思い入れは伝わって来ましたが

2019.05.21.Tue.22:21
「恋セピ」もクリアしてますので感想を。

冒頭から割と説明的なテキストが多くて
「なんでキャラにいちいちこんな不自然なこと言わせてるの?」
っていう違和感がありまして。

そこに持ってきて会話もちぐはぐというか
滑ってるというか噛み合ってないというか・・・

結局のところ、ヒロインの動機付け、主人公の動機付け
ともに掘り下げが弱くて説得力がないところを
無駄に言葉を増やしただけだよなぁと。

音楽が題材ということで、作中で主題歌を歌うシーンで
路上Ver.とライブVer.の2パターン用意してるのは
さすがのこだわりを感じましたが・・・

過去のCampus作品に比較すると、
かなり軽いというか薄さを感じてしまいました。

珍しくファンタジー要素なしで、
音を題材にしてみたのは好印象だったのですが
なんていうか、製作側の事情のほうが透けて見えて
かなり萎えてしまうと言うか。

例えばバンドVer.の曲を流したいがために、
それまでの流れ無視して
バンド結成してるようにしか見えなかったり、とか。

あと、その曲もライブで流した直後に
またエンドロールで同じ曲掛けるのも
センスのなさを感じたところ。
だったら主人公のオナニー的なモノローグと一緒に
エンドロールも流してしまったほうが
演出としてはカッコ良かったのでは?と。

絵の方も若干不安定さは感じたのですが
こちらも一点物凄くこだわりを感じたのが・・・

おっぱい(ノ∀`)

ここの造型・塗りだけは鉄板だったっすねw
や、昨今の業界的な流れとしては普通の判断だとは思いますが
その情熱をケツやら表情やらにも少し分けて欲しい、
と思うくらいには一点豪華主義でしたw

koi-sepi.jpg

これまで安定的に80台の点数は稼いでくれてたCampusですが、
この作品の発売直前のLightの倒産であかべぇに移転してるんですよね。
ただ、今作はほぼLightの下で作成してると思われます。

ソレでこのデキだと、あかべぇ麾下になって
ますます心配だなぁ、という不安を抱いてしまいました( ̄▽ ̄;)
Comment

管理者にだけ表示を許可する