あえて地雷原に突っ込んで期待以上のサービス | IWGB
FC2ブログ

あえて地雷原に突っ込んで期待以上のサービス

2019.08.16.Fri.17:53
「こいかり」終わりました-。

個人的に注目してたのは八日なのか氏単独となったシナリオ。
ピンでの登板はたぶん「恋春」以来だと思うんですよ。

あの時は(ラブコメのノリで)ヒロイン同士が平気でいがみ合う、
主人公が平気でヒロイン相手に毒を吐く、
個別から外れたヒロインが未練タラタラで迫ってくる、
などエロゲ&ギャルゲのタブーをあれこれぶち破りつつ
それでもみんなを可愛く描いてたところが凄ぇな、
って印象だったのですが。

今回は更に「ヒロインから金を貰う」という設定が
もうあれこれ常識破りだな、とw

この題材を八日なのか氏がどう料理するのかと思ったら・・・
や、これは期待以上でした。

のっけからくすはらさんの処女ビッチを炸裂させる辺り
「恋春」の淫妹を彷彿とさせて思わずクスッと来ちゃいましたね。

主人公の毒舌っぷりやヒロイン同士のディスり合いは
更に磨きが掛かってますし、
この辺をサラッと嫌み無く描けるところはもうさすが。

今作は主人公の行動原理もハッキリしててわかりやすいので
キッチリその枠内で遊ばせるところが上手いなぁと。

また、「恋春」では多すぎるヒロインをみんな同格に扱って
若干間延びするところがあったのですが、
今作ではメイン2人だけ共通自体を長めに取って
更にサブにも分岐を作ってメリハリを作ってましたね。

ワタシ的には個別から外れたヒロインが未練タラタラで迫ってくるのは
説得力あってむしろ良いと思っているのですが
この仕様はそれに更に説得力を持たせた気がします。

それとヒロイン内に主人公の(外見上の)好みにど真ん中なキャラがいる、
ってところも「恋春」で一度使った手ではあるのですが
やっぱこの設定も他ではあまり見ないので、
上手い人がこれを描くとかなり面白いっすね。

あとはくすはらさんに北見さん、遠野さん、ポサラさん辺りを
平気でサブに置いてしまって、存在感ありすぎる彼女達を
今作は結構上手く使って来た印象。

そして一番気になったお金のやりとりについては
あんまり生々しく見せないところが上手いな、と思いつつ
ソレばっかりだと基本設定やコンセプトがおかしくなるし・・・
と思ったら、最後の選択肢の仕様みて「おお!」とナットク。

また絵未から貰ってたお金の使い方や
椿さん√ラスト直前でのエピソードで
しっかりその辺フォローしてたのも良かったですね。

コンセプト詐欺にならないよう、
でもストレスにも後味悪くにもならないよう
上手いところに落とした印象です。

ソレと特筆できるのは、
過去作にはかなり魅力的なサブキャラがいても攻略不可だったのが
今回は咲希と桃子にHシーンとエンディングを用意したとこ。
この2人、冒頭にいきなり出てきて「お、カワイイ」と思わせといて
「でもこの2人はサブキャラでーす」ってところにガックリきてたのですが
まさかの展開でこれは期待を大きくぶっちぎるサービスでした。

反面若干残念だったのは、時々それまでの設定無視して
まだバレてないハズの人が平気でそれを知ってる、
ってところがあった点。

いくつかはその会話の直後に
「実はちょっと前にそのことは話した」的なフォローもありましたが
後付け感パないですし、そのフォローすら抜けてるところもあって
ちょっと雑に感じたかなぁと。

あとは・・・
アサプロおなじみのヨゴレ枠とは言え、
双子の存在意義がかなり薄かった気がw


絵の方では。
ケツメインの図が多かったのも割とツボでしたが
個人的には騎乗位or対面座位が多かったのは
もっとツボを刺激されました(ノ∀`)

おっぱいを下から見る図というか
アヘ顔を間近で見る図というか
その辺が性癖に刺さりましてw

あとキャラデザ的にメイン2人に華があるのはもちろんなんですが
椿さんが立ち位置・属性的にもかなりアクセントになってましたね。
立ち絵も差分がやたら細かく用意されてましたし、
特に背中とケツを見せる図はなかなか色気を感じましたわ。

椿さん相手にはノータイムでポンポン軽口が出てくるところも
ホント主人公にとって好みのタイプなんだな、とよく伝わって来ましたし
エンディングの締め方も一番キレイでしたし
シナリオ面でもかなり別格な扱いだった気が。

というところで採点表↓
koikari.jpg
ブランド最高点になりました。

↑の八日なのか氏の傾向がハマらない人だと
たぶんかなり低い点になったと思うんですが
ワタシ的にはことごとくツボに来ましたから
まぁこれくらいは行っちゃうなぁと。

ただまぁ通常なら年間トップも狙えた得点だったんですけど
今年は年が悪かったね、と(´・ω・`)

あと今作はBGMもかなり出色でした。
「0km」で「おぉ、ここでそんなノリの良い曲使っちゃう?」って
結構インパクトあったんですが、
ソレ以来久々にセンスの違いを見せつけられた感じの圧倒されたBGMでした。
Comment

管理者にだけ表示を許可する