アンネゲーとは想像してましたが | IWGB
FC2ブログ

アンネゲーとは想像してましたが

2019.10.17.Thu.22:46
「きまテン」全ED回収しましたー。

ヒロインは1人のみのロープラ作品。
ブランドデビュー作「ななリン」と同じ世界観で
「ななリン」同様、霊有り、殺人有りのホラー混じりのサスペンス。
シナリオは「9」でもサスペンス系ロープラを手掛けたかずきふみ氏。
とまぁこの時点で、作風は十分に想定できたワケですが。

やってみると、「あー、やっぱかずきさんだねぇ」とすぐわかるテキスト。
特にメインヒロインのアンネのセリフが時折「9」の天みたいになる時があって、
沢澤さんのボイスで馴染んでたセリフがポサラさんの声で聞こえてくることに
ちょいちょい脳内が混乱しましたw 
や、なにが起こっているかは把握してるんですが
「え?このセリフ、この声でいいの?」的な違和感がどうしてもw

あと、特徴的なところとしては、物語冒頭で事件のあったマンションに
主人公が閉じ込められてしまうとこ。脱出要素があるということより、
完全に閉じられた世界の中で限られた人達への捜査で解決に導くという手法。
予算が限られたロープラとしては上手いテだなぁと。

ただ中身としては足りないところをちょっとずつ埋めてく感じは掴めるんですが
サスペンス的なスリルにはだいぶ欠けてて
ビックリするような仕掛けもほとんどなくて
(一番ビックリするのが「ななリン」のメインヒロイン琴莉の出オチっていう)
割と淡々と進むところがちと期待と違うところだったかなと。

おそらく最大の仕掛けであろうところは
正直やる前から想定内というか
昭和生まれのオッサンだけに「犯人はヤス」的展開を
最初から疑ってみてしまうんすよねw

そう見ないようにと思っても、案外そこは隠してないというか
もう割と最初の段階から「あーやっぱりね」的な言動をしてくるので、
あとはそう来るとわかってる決め球をどうズバっと投げ込むのか・・・
と思ったらこちらも案外淡々。

更に思うままに進めてエンディングまで行ったら、
あんまりスカッとする終わり方じゃないなぁ、と思ったそこがTRUEエンドで。
まぁそうなると他のエンディングは言うに及ばず。

ただアンネの魅力はこれでもかと押しつけられてて
結局スリルのない展開になったのは
アンネのデカ過ぎる存在感のおかげなんだよ、という
ま、つまりサスペンスの体を借りたキャラゲーだったなぁと。

ハナからアンネゲーになるとは思ってましたが
まさかこんなカタチでくるとは想定外でした。
というか、コレなら最初からロープラにありがちな
イチャコラ同棲ゲーでも良かったような・・・

と は い え。

個人的に今一番好きな絵師さんであるきみしまさんに
ちょっと悪い言い方になっちゃいますが
ここまで媚びた絵を描かせてきたのが個人的には最大のインパクトw
こんなあからさまに巨乳をメインにしてくることなかったので。

普段からこーゆー絵を描かれる人がこのキャラデザなら
さして来る物はなかったのですが
コレまで最大の「まほ×ろば」の数倍
セックスアピールが強かったので、正直ひっくり返るわとw

これでE-moteでの立ち絵のビューワーもあって、
服装・髪型・表情のカスタマイズはもちろん
100以上のアクションも再現できるという作り込み。

わざわざかずき氏を起用したシナリオながら
メインはこっちでしたかー、と。
きみしまさんファンの自分的にはソレがツボでしたね。

イベントCGの塗りもこれまでのきみしまさんの原画作品とは
一線を画す肉感的な濃ゆ~い塗り。
「まほ×ろば」時点で「本気でエロ描かれたら凄ぇ」とは思ってましたが
や、この塗りでエロはもちろん萌えもなくしてないところが凄いですわ。

あとはたぶんセリフの8割はポサラさんが喋ってたと思うので
ポサラさんファンにはうってつけの作品かと思いますw

kimaten.jpg

他に個人的に印象深かったのがOP曲「Fantastic Conflict」。
Primal×Hearts」の「コーティングチョコレート」を意識して作られただけあって
完全にワタシのツボを刺激しまくり∑d(≧▽≦*)

ということで、本編プレイ中よりも「Fantastic Conflict」聴きながら、
アンネビューワーでおっぱい揺らしてる時のほうが楽しかったかもw
Comment

管理者にだけ表示を許可する