今回限りの試みなら全然あり | IWGB
FC2ブログ

今回限りの試みなら全然あり

2020.03.14.Sat.23:53
「ハレキン」終わりましたー。

全ルートハーレムというかなり変わった仕様でしたが
設定と世界観で「ハーレム」に必然性を持たせ、
各ルートでメインとなるヒロインを設けて
そのヒロインでラストを締める、という流れは
思ってた以上にまとまり感あって
当初想像してたより良い方向に裏切られましたね。

これの良いところは、そのルートのメインヒロインでなくても
そのルートのノリに合わせたエピソードにより
他のルートとは違う一面を引き出しつつ、そのルートでハッピーエンドになれる、
ってところ。普通なら他のルートでどんだけ輝いても
ハッピーエンドになれるのは自分のルートだけですからね。
全ハーレムならではの描写だと思いました。

各ヒロインの萌えどころ、ギャップ、ノリの良さ、
といった描写はもう鉄板のSMEEクオリティ。
全ルートハーレムで、どのルートでも
ヒロインみんながそれぞれ良さをアピールしてきますから
SMEEのストロングポイントを
効果的に発揮できる仕様だったようにも思います。

その分というか、各個別はちょっと短めだったように思います。
まぁみんなでワイワイを計5ルートもやるワケですから
これで正解だと思うのですが。

そして、このお祭り騒ぎの中で、
光とマルー姉さんそれぞれの主人公との絆の深さの描写もあって、
お話に深みを与えていたように思います。

ということで、(今回限りなら)全ハーレムも悪くない、
ってか結構楽しめたと思います。

今回限り、って強く思ったのは、
その光とマルー姉さんの件を見た時ですね。
「や、この展開ならもうそのヒロイン1人を愛すべきじゃね?」
と思ってしまうなあと。

もうコンセプトからひっくり返すような持論になってしまうのですが。
マルチエンディングで全ハッピーエンドの場合、
「選ばれなかったヒロインが可哀想」ってのはナンセンスに感じるんですよね。
それは選びたくても選べないサブヒロインに言ってくれ、って話で。

だってプレイヤー側の意志でいつでもそのコを選べるんですもん。
個別のデキが酷いから、他のライターでやり直してくれ、
ってのはワタシもよく思うことがありますが、それはまた別問題でw

アニメや小説など一本道のお話なら、普通主人公とハッピーエンドになるのは
メインヒロイン1人なワケですが、ADVはいろんな展開ができるワケですよ。

その中にハッピーエンドがあるのであれば、
他のルートで可哀想ってのはADVの自己否定に見えちゃうんですよねぇ。
なら全員ハッピーエンドのアニメでも作っとけ、って。

この「ハレキン」はハーレムを5ルート作って
それぞれのルートでみんなの良いとこ引き出してたところに
「おお!」と感心させられましたが、
これも次やられたら「や、もういいっす」って思ってしまいそうです。

あとは中の人の熱演っぷりが凄かったですね。
全ルートで各ヒロインに見せ場があるワケですから
いろんなテンションでいろんなセリフ演技して
そこももう本っ当に楽しませて貰えました。

「ハーレム」は悪いことじゃないっていう世界観の構築と
これは確かにみんな好きになってしまう、というヒロインの魅力で
この作品は成り立っていると思うのですが、
後者はかなりの部分、中の人の力があったと思います。

絵の方は、前作・前々作と印象は変わらないのですが、
なにせ3Pは当たり前、6Pも複数あるよ!
って作品でしたので、たぶんお仕事量は半端なかったと思います。
ホントお疲れ様でしたw

harekin.jpg

ここ3作の点数でいうと
90「Sugar*Style」>89「Making Lovers」=89「ハレキン」
なんですが。

散々言ってる通り、ワタシの採点基準は年々甘くなっているので
今の基準でソートしなおすと
「Making Lovers」>「Sugar*Style」>「ハレキン」になると思います(ノ∀`)
「Making」で93点、「Suger」で91点って感じ?
Comment

管理者にだけ表示を許可する