しぼんだモノがまたおっきしたw | IWGB

しぼんだモノがまたおっきしたw

2014.12.19.Fri.08:13
「春風センセーション!」クリアしました。
(前回分感想はコチラ

前回2人の時に「中身がない」と言ったシナリオですが
今回2人は突然クオリティが上がった印象。
具体的に言えば、キャラの内面描写の丁寧さが段違い。

五十鈴ルートなら、ハルカのフォローに回る彩女、
その後のハルカと彩女が仲良くなったというさり気ない言葉。
概ねそのルートの当該ヒロインしか描いてなかった前回2人とは明らかに違って
周囲にまで気を配ってる様が実によくわかるテキストでした。

また、ハルカの涙の演出も良かったですね。
前回の感想でも触れた無駄に高い画質をここではキチンと活かしてました。

ラストに取っといた彩女ルートは、五十鈴ルートほどには
周囲へのフォローは感じなかったですけど
まぁ彩女のかわいさはこれでもかと見せつけられた感じ。

ハルカルートも彼女のかわいさを全面に押し出した内容で
やはり幼少時の約束がメインとなっているストーリーでしたが
そこではヒロインより主人公のほうが悩んでるイメージが強かったせいか
個人的には主人公がらしさを見せた彩女ルートのほうがツボでしたね。
これはまぁそもそも個人的に彩女が一番ツボに来てた
ヒロインだったためかと思いますがw

また、↑の順でプレイしてましたから
ラストにプレイしたのはエクストラストーリーの麗緒奈になったワケですが。
彼女のストーリーも小鉄やミオとは比較にならないくらいの濃さを感じましたね。
特に彼女が彩女やミオと交わす短い会話のやりとりが良かったですね。
中身が結構重いんですけど、お互いがお互いを理解してる感じを
その短い会話の中に詰め込んでいて実に上手いなぁと。

シナリオ評価は前回プレイ時ではせいぜい4でしたが
ワタシ的には一気に挽回した印象です。
というかプレイ順がまったく逆だったらかなりガッカリしましたねw
まぁぶっちゃけ、外見だけでなく設定もデフォルメが過ぎた伊織は
サブでエクストラストーリーで良かったんじゃ?というホンネがどうしてもw



また、これまた前回の感想で「ふしぎな踊り」とまで評したEモートですが
前回2人とは違って今回2人とサブの3人でだいぶ印象が変わりました。

ついついおっぱいを凝視しすぎてましたが、
これ、表情の動きが一番すげぇんじゃないか、ということに今更気付かされました。
前に言った呼吸してる様子もアニメにはない演出でしたが
表情がリアルタイムでここまでめまぐるしく変わるのも
実はアニメではあまりない演出に思えました。
アニメによるエロシーンが売りの作品でもやろうと思えばできるんでしょうけど、
そこまで丁寧に作ってなくて当たり前な印象ですしね。

また、Eモート中でも作中の他のイベントCGと比較して
画質やら表情に違和感がほとんどないのもスゲぇなと。
ちなみにこれらに気付かされたのはフェラのシーンw
これらの利点はこういう時にフルに活きてくるのか、と
新たな発見があった気分でしたわwww

それと今作のエロシーンでなんだかんだこだわりを感じたのは
やはりおっぱいでしたね。
大きさの違いはあれど、先っぽはみんな同じ色・形状、ってのが
エロゲでは当たり前でしたけど、今作では乳輪も乳首も全員違ってるのが
まぁリアルっちゃリアルw

デカさで言えばハルカと伊織なんでしょうけど、
美乳さで言えば見事なロケットおっぱいの持ち主:彩女と
バランスの良さが光っていたミオの2人がズバ抜けていたな、とw

前回でぷるぷるしすぎとは言いましたが、きょぬー2人以外は
そこまでには違和感感じませんでした。
そこのおかげでエロさに関しては
たぶん今年ナンバーワン評価になると思われますw

あえて残念な点を挙げるなら、彩女の髪を下ろした姿がやたらかわいかったのですが
この時のEモートがないのが実に勿体ないな、というところw

で、恒例の採点表を投下。
harukaze.jpg
や、ホント前回感想時から一気の巻き返しでしたw
シナリオなら五十鈴、Eモートなら彩女でだいぶ見直した印象です。
ストーリー二の次なキャラゲーならキャラゲーで
ここまでやってくれれば十分満足ですね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する