おっぱい露出のナゾは残りますが | IWGB

おっぱい露出のナゾは残りますが

2014.12.31.Wed.17:02
「ハーヴェストオーバーレイ リコネクション」クリアしました。
(ちなみに本編の感想はコチラ

本編で不足と思えた2つのうちの1つである
キャラ萌え描写については初乃も持子も割と丁寧に描いてた印象。

なんつーか初乃は当初から隙の無いキャラだなぁ、って印象。
クセの多いヒロイン陣の中で、唯一常識人で性格も良くハイスペック、
ただし少々病を患っている、というギャップも含め、
本編ヒロインズの弱点を埋めるのにあれこれ計算されたヒロインだったね、と。
そりゃかなり可愛く見えて当たり前なんですけど、
ただそこをちゃんと可愛く見せることすら本編では不足気味だったので
今回はちゃんとそこに気を配ったんだなぁ、と思わされましたね。

対して(失礼な言い方にも程がありますが)パッと見で華がない持子が
ラストヒロインの位置づけで大丈夫?と思ったのですが
や、こちらもなかなか萌えどころを押さえた描写だったと思います。

もう1つシナリオで不満と思えた「根源的設定のオープン」もそれなりにありましたね。
確かに持子関連のお話はだいたい読み取れました。

ただ、ゆうか関連のナゾはほとんどナゾのまま。
彼女が何者なのか、主人公が記憶をなくす一因となった事故の経緯、
冒頭でなんでおっぱいを露出していたのか、等々
軽くは触れられていてある程度推測はできますけど、
ほとんどブン投げてたように思えましたね。

まぁ本編がそこまで売れた作品とも思えないので
この「リコネクション」である程度道筋をつけてくれただけ
マシなんだとも思いますけども。

また、本編のクライマックスにあった主人公の熱さに対し、
今回のクライマックスはやや落ち着いていたと思うんですけど。
そこでの「ゲーム」の話は序盤の「決断力1」のエピソードを活かしてて
なかなか面白い落とし方だと思いました。

続いて絵。これも本編の感想で言ったコトですが
エロシーンになるとだいぶ顔が変わる仕様は相変わらずっすね。
特にツリ目の初乃がエロシーンだとほとんどタレ目になるのは
ガッカリを通り越して裏切られた思い。
逆に持子と莉央はだいぶ補正が掛かりますねw
照れた表情はなかなか破壊力がありました。

恒例の採点表は↓
hor.jpg
本編のスコアと比較するとキャラ評価をアップさせてます。
その分満足度も70台到達って感じ。
人魚伝説をもうちょっと丁寧に描いてくれてれば
シナリオ+1で満足度は80超えもあったと思うんですけどね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する