1周目のインパクトは絶大 | IWGB

1周目のインパクトは絶大

2015.01.03.Sat.21:48
先日急遽購入した「なないろリンカネーション」クリアしました。

や、これ、1周目のインパクトが凄まじいですね。
割と冒頭から「主人公は常識的なのにあれ?」みたいな
細かい違和感はあったんですよね。
で、途中であからさまなフリがあったので「え?まさか」と思って振り返ってみたら
それまでの違和感がストンと落ちたので「うぇえええ」となって。
その後も「あ、やっぱり」という描写がいくつかあったので
ある程度想定はしてましたけど・・・
それでもそこのオープンの仕方がマジでえげつねぇwww
あのフリをスルーしてたらもっとエライ事になってましたね、ええ。
これ、これからやる方がいらしたら1周目は琴莉√を強くオススメします。
この1周目のインパクトを受け止めるには琴莉√が最適かと。


で、各ルートでその後の展開が変わるわけですけど、
どのルートも丁寧に結末まで描いていたと思います。
あのインパクトだけじゃなくちゃんと結末まで責任を持っていたというか。

まぁタイトルの「リンカネーション」は「転生」とか「生まれ変わり」を指しますから
作品的にはむしろ結末のほうがメインだったのかなと思われます。
そしてそこから考えると、どの結末どのカタチが一番幸せだったのか
プレイヤーによって意見が思いっきり分かれそうなところも
上手かったな、と思いますね。
七つはありませんでしたけど確かに「なないろ」と言って差し支えないな、と。

また、シリアスなところとコメディなところのメリハリも良かったと思います。
笑えるところは結構笑えましたし、
先述のように伏線はキッチリ機能してますし、
なかなか完成度の高いシナリオだったと思いますね。

絵のほうは正直自分がやってきたエロゲの絵柄とは一線を画す
クセの強い絵柄だったと思うんですけども。
シリアスな場面での表情の描き分けは目を惹く物がありましたね。
特に琴莉√のラスト手前のシーンは差分3つの演出が物凄く印象的でした。
彼女の表情の変化だけで物凄い情報量を表現していたように思えましたね。
ぶっちゃけ好みの絵柄ではありませんでしたけども
演出は物凄く丁寧だったと思います。

あとはパッケの絵や公式サイトのTOP絵じゃ誰が攻略対象なのかわかんねー、
というところが気になったところですかねw

で、恒例の採点表は↓
reincarnation.jpg
シナリオで高評価になれば満足度は上がりやすい、
というワタシの傾向がモロに出た評価になりましたw
Comment

管理者にだけ表示を許可する