これは評価が難しい(;´▽`)y-~~ | IWGB

これは評価が難しい(;´▽`)y-~~

2015.04.30.Thu.23:48
数日遅れましたが「はなのの」の採点記事を。
序盤が被ってる体験版の感想はコチラ
また中身の感想は言ってませんが、一応コチラが前回感想分

以下、ちょい長くなりそうなので追記へ。
.

前作はFDだったので、シンセミアから数えると
5年のインターバルを開けての作品でしたが・・・

各個別をプレイした段階では「あれぇ?」ってのが正直な印象でしたね。
分量的には「コンチェ」と同じくらいとは聞いてて、
実際そのくらいのボリュームだったとは思うんですけど・・・

なんていうか、個別の展開が浅いなぁと。
ラストにつながる伏線やら裏設定を小出しにしてるのはわかるんですけど
各ルートのクライマックスというかヤマが
過去作に比べると明らかに低すぎるというかw

まぁ「今作の主人公は死なない」とはFDの時点で言われてましたけども
別に生死に関わらなくても、もうちょっとメリハリ付いても良かったような。
逆に過去作に比してかなり増量していた「いちゃラブっぷり」を見せられても
「期待してたのはそっちじゃないんですよぉ」と勝手なことを思ってしまう流れでして。

それと、序盤の桜花の推理の展開がちょっと強引に見えましたね。
「ここはこうである可能性が高い」という記述にも
「え?そうかな?現状の情報だけでそう決めつけていいの?」
と若干飛躍気味に思えた場面が複数ありまして。

また、カレンダーが今年のものでないことにはすぐ気付きましたが
(たぶん2013年のもの)
それはともかくとして強烈に違和感があったのは、
どのルートも4/29がなんの断りもなく普通に平日だったこと。
ちょっと桐月さんらしくないなぁ、と思えたりも。

また、もうちょっと見せ方があったんじゃ、と思ったのは「主人公の色の見え方」。
これはテキストでのみ説明してましたけど、
これドラマCDじゃなくてPCゲーなんですから視覚上の演出は可能なワケで。
一場面だけでも主人公が見えている視点を表現すれば
もっとお話に入りやすかった気もします。

とあれこれ難点ばかり挙げてますが、
これはまぁソレだけ期待値が高かったことの裏返しっつーことで。
もちろん、各個別の中でも「おお、さすが」と思う場面も多々ありました。

例えば麗奈との「親友」っぷりは
「コンチェ」の莉都とはまた違う感じで良かったですね。
付き合っても永遠に親友って感じだった莉都に対し、
明確に関係が変わった、というか変えることを受け入れた
麗奈の描き方は結構ツボに来ました。
態度はめっさイケメンながら、「あー、これはかわいいわー」とグッと来るというかw

また、他ブランド作品ながら「紅蓮華」の仕様を思い出して
クスッときたのがフローチャート。
「紅蓮華」では本筋(くおんルート)は真っ直ぐ下に向かって伸び、
主人公と遠い関係のヒロインほど、その本筋から遠く離れたところで伸びていく、
という仕様になっていたんですよね。

今回、ちょっと迂回はしても真っ直ぐ下っていくと
入るルートは涼子ちゃんなワケでw
しかも最初の分岐でどちらを選んでも迂回できるという仕様。

作中で麗奈が「道隆のタイプは涼子」と言い切ってるシーンがあるだけに
「あーなるほどなー」とw
今回そんな意味はなかったかもしれませんが勝手に納得したところでしたw

で。
ラストルートなワケですが。
前回感想で言ったとおり、「あれ?あれ?あれ?」を抱えつつも
相変わらず反則的なタイミングで挿入歌を入れてしっかり盛り上げつつ
きっちり終わらせたなーと。

疑問は疑問で残ってるんですけど
「まぁ確認せずともたぶんちゃんとカッチリまとめてるでしょ」
という安心感がありましたので、素直にハッピーエンドを受け入れられましたw
で、実際に設定資料集見て納得したのは前回のとおりです。

で、全体を通して思ったのは。
「コンチェ」は広がったお話に対して終着点が小さく深く、
「シンセミア」もどんどん壮大に、だったのに対し
「はなのの」はもう初めの時点からこの終着点に向かってた、ってところ。

故に個別では過去作で感じたお話の広がりを感じることもなく
「えー」と思う部分は大きかったのですが、
終わってみると「こういう展開もアリっすね」と手の平返しw
期待値というところで見れば、正直追いついてないですが、
これはこれで見直しました。

絵については・・・立ち絵とイベントCGでだいぶギャップを感じました。
個人的に思ったところでは。
イベントCGのほうが断然キレイなのが桜花で
立ち絵のほうが断然キレイなのが雫先輩。

良い方で高得点稼いでも逆で「あれ?」ってなって、結果点数伸びず
という評価になりましたね。

同様なのは音もですね。
過去作同様、BGMは鷹石さんが担当されてますから
「おー、さすがー」と思うところはいくつもあったんですが、
エンディングで「え?」と目が点に。
曲調もクオリティもデキに正直疑問が。

とシナリオでだいぶ引っ張りすぎたのでいい加減採点表を投下。
hananono.gif
見るべきところはたくさんあるんですが、
シナリオも絵も音も、ところどころ減点があって
思ったほど点数が伸びなかった感じですね。

次回作は2年で出来ると嬉しいっす(ノ∀`)
Comment

管理者にだけ表示を許可する