夕陽を見ると泣けてくる。・゚・(ノ∀`)・゚・。 | IWGB

夕陽を見ると泣けてくる。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2015.07.07.Tue.16:38
「乙女が奏でる恋のアリア 君に捧げるアンコール」の話ですけどね。
(ちなみに本編の感想はこちら
桂もヒロインに昇格したのに、夕陽は特典パッチで
ハーレムの一人に加わってるだけ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

中の人が上原さんで元気な後輩キャラなら
もっと需要があるかと思ったんですが。

まぁ特典限定でほとんどオマケ扱いでもサービスシーンがあっただけ良し
ってところでしょうか。

という前振りからの中身の話になりますが。

どのアフターも基本甘々でしたね。というか本編同様中身は薄いので
ひたすら甘い要素しかない、って感じ。

これでダラダラ続けられたらしんどいところですが、
そこはどのアフターも短すぎず長くならず、
というバランスが徹底されたので、
展開的にも仕様的にもストレスはほとんどなかったです。

桂ルートに関しては、なんというか可愛く見せるために
本編から桂のキャラを若干崩しちゃったように見えました。
まぁこれはこれで有りだと思いますけど
この桂で本編同様人気投票1位になるかは微妙な気も。

逆に言えば、本編のあのキャラでお話作るのは相当ハードで
こりゃサブだったのもナットクだわ、という印象もありますが。

まぁ男バレしたきっかけが呆気なかったのもそう感じた理由ですかね。
あの豪放磊落なキャラにしては随分普通に流れた話だったというか。

シナリオに関しては正直、パッチ特典の夕陽に男バレした瞬間が
一番笑えてインパクトもあったとこでしたわw

まぁ絵買い・キャラ買い目的で購入した人が多いと思いますので
そこの需要には十分に応えるデキだったと思います。

で、その絵のほうですが。
これでも当たり前ながら本編同様で全般的に塗りは良いハズなんですが、
ちょこちょこイベントCGの塗りで雑なところがあるんですよね。
特におっぱいにおいてそれが顕著。ええ、やはり本編でも言った気がしますが。

また、本編から少し時間が経過した所為か、FDや続編にありがちですが
イベントCGの顔やら表情が本編のソレとは微妙に違って思えるシーンが多々あり。

これらのために、正直イベントCGより、
本編と変わらない立ち絵のクオリティが光って見えましたわ。

というか奏・桂辺りになると、本編にない(もしくはほとんどない)
服装やら表情をかなり出すようになっているので
正直新規イベントCGより立ち絵のほうがよっぽど萌えましたw

まぁイベントCGの変化も個人的に微妙に感じる程度のものだと思うので
気にならない人は全然気にならないレベルだと思います。
それでいて上記2人の立ち絵の演出など加わってますから、
絵の評価は本編よりも上に見たい感じ。
ああ、あと裸の立ち絵の多用もプラス査定したいとこw

あとは今作と本編のOP曲・ED曲のフルサイズが収録された
CDの存在も大きいですかね。全曲Ducaさんですし。
ゲーム単体だけだとなんとも微妙な気がしますが
このCDが付いてミドルプライスなら十分以上にその価値はあったかな。

ということで採点表投下↓
otokanafd.jpg
ワタシの傾向からするとFDで本編以上の数字を出すことは少ないんですが
この作品の場合、本編が低かった所為もあるかなぁ、と。
Comment

管理者にだけ表示を許可する