絵的にはかなり満足・・・できたのだからそれで良し? | IWGB

絵的にはかなり満足・・・できたのだからそれで良し?

2015.07.08.Wed.14:38
昨日始めた「スクイの小夜曲」ですが昨日中にクリアしました。
プレイ時間はたぶん4時間くらい。

選択肢が2つありますけど、たぶん分岐は1つだけ。
お話的に主人公は存在せず、
ヒロイン4人の視点を入れ替えることで物語が進行します。
そもそも登場する男性キャラはレイプする側のモブばかり。
まぁこの辺で中身はお察し。

理不尽にヤラレちゃったヒロイン達にスクイを与える存在がいて
その存在の正体は、ってお話になるワケですが
このお話の中身は正直弱いうえに薄いですし、インパクトにも欠けます。
というか、あの設定だと「じゃ、良い子ぶってるオマエが死ねや」ということになると思うんですけど?

一応裏設定も全部説明してますけど、変にまとめきっちゃってて
結局なにがやりたかったのか、というテーマや
陵辱な抜きゲーなのか、ホラー系なのか、といったジャンルとかも
自分からボヤけさせてしまった印象ですね。

キャラ描写やヒロイン同士のつながりは悪くなかっただけに
もうちょっとやりようがあったように思えて勿体ない感じがしました。


反面絵は短い尺の中でかなり頑張った印象。
序盤のエロシーンのイベントCG使い回しだけが残念でしたけど
ソレ以外は圧倒的な質量だったと思います。

原画の丸新氏のキャラデザはブランドが変わっても健在でしたね。
ちょっと、かつての僚友ピロ水氏に近い絵柄もあって
そこは個人的に良い意味で変化を感じたところ。

塗りも正直これまでより良いと思えました。
陵辱系にありがちなベタ塗りですが
肌色が思った以上に丁寧でかなりエロさがあったと思います。

システムもシーンカットやバックログからのジャンプなど
ミドルプライスの割に機能はなかなかでした。

というところで採点表投下↓
sukui.jpg
単発なブランドかもしれませんが、絵のレベルはかなりのものでしたし
また丸新氏を起用しての新作を期待したいところですね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する