「甘い」かどうかは判別しかねましたが「デカイ」のはよくわかりました。 | IWGB

「甘い」かどうかは判別しかねましたが「デカイ」のはよくわかりました。

2015.09.01.Tue.19:28
「妹のセイイキ」をクリアしました。

「feng史上もっとも甘い」ってのは正直よくわかりませんでしたが
凉香タンの絵とゆかなのきょぬーは
これでもかと堪能できる作品だったと思います。

エロシーンの大半はおっぱいメインで
立ち絵でも下着・全裸のシーン多数。
そこに服装だけでなく髪型もちょくちょく変えて
ゆかなの可愛さを存分に引き出していたなぁと思います。

新規CG(SD除く)は差分なしで20枚・エロシーンの数13回、
凉香タンの絵を楽しむことが主目的なら
(まぁ大半の人がそうだと思いますが)
コスパ的にも文句なしの作品じゃないでしょうか。

シナリオ的にはなんか後付け感が半端ないなぁと。
前作「彼女のセイイキ」で主人公がゆかなを
過保護に扱ってた記憶があまりなくて
ちょっと違和感あったんですけどねぇ。

や、そのフォローはちゃんとありましたけどね。
でもそうすると、妹と散々ヤッてから別のお話になるのかー、
というところで別の違和感が発生するという展開。
それがため、シナリオ評価は前作同等までしか見れなかったです。

ああ、あと前作と違って陵辱ルートはありませんが
これは妹相手ですから、まぁ当然の流れでしょうかw
というところで採点表投下↓
seiiki2.jpg
結局のところ、各カテゴリ評価は
意図してませんでしたが前作とまったく一緒。
満足度的に2点上がったのはゆかなのほうが
可愛く見えたせいでしょうか(ノ∀`)

で。
これの直前にクリアした「おしおき生意気ギャル」も
ロープライスのエロシーン多数という共通点があるのですが、
これも意図せずしてシナリオ評価以外の各カテゴリ評価はまったく同じw
前作の締めでも同じコト言ってますが、たぶんロープライス作品としては
この辺が満点に近い数字なんだと思います。

個人的には「おしおき」のほうが、かなりツボに来てしまったので
満足度には大きな開きが出ちゃってますけど
凉香タンスキーな人ならもっと満足度が高くなって当たり前な
クオリティーだったと思いますので、そこは好き好きってところかと。
Comment

管理者にだけ表示を許可する