思わせぶりな設定はなんだったのか | IWGB

思わせぶりな設定はなんだったのか

2015.09.09.Wed.15:57
「トラベリングスターズ」ジル姉・紗彩・クロエとメイン級3人も終え
やっとこオールクリアしました(ヽ'ω`)
前回感想分はコチラ

紗彩はともかく、ジル姉とクロエについては
かつてあったという戦争のお話に絡めるのかなぁ、
という期待感があったのですが・・・
そんなもんは一切ありませんでした。

平坦上等なHOOK作品としては至極当然ではあるのですが
前作から泣き要素も入れて来てましたから
ガッツリヘヴィなものも有り得るのかなぁ、と思ったんですが
さすがにそこまでやる気はないようでw
お話の中身的にも他のヒロインとの違いは
さほどなかった印象ですね。

全体を見てもメイン6人の中ではフィンの扱いが
ちょっと軽い気がしたくらいで後は大差ない感じ。
前回感想分から印象が変わったところも特にないかなぁ。

強いて言うなら、他ルートで案外存在感の薄かったクロエが
自分のルートになると強烈に萌えオーラを発揮するところは良かったですね。
まぁ逆にこのルートではレアのキャラをぶっ壊しすぎてた気もしましたが。

絵に関しては・・・
前回感想分で言ったとおり、背景のクオリティについては
もう素晴らしいデキでここだけで評価するなら9以上は確実でしたね。

ただ、(前回感想分で次回に言うとも言ってた)キャラデザ部分やら
イベントCGのデキに正直「あれ?」とね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
特に主力というか今回のWエースのまかこさん&鈴平さんの
お二人の絵についてそう思わせられました。

細くなった線や薄くなった塗りの所為もあるかもしれませんが、
お二人ともこんなのっぺり顔だったっけ?という感じを受けまして。

過去作では表情1つとってももうちょっと描き込んでたような・・・
特にまかこさんの絵についてはエロシーンでのアヘ顔も
目の角度だけでそれを表現してるように見えて
なんていうか簡素化しすぎじゃね?的な印象が残りましたね。

鈴平さんは最近の傾向ではありますが、
面長化がどんどん進行してる感じ。

お二人とも過去作で相当に萌え頃されたことがあるので
却って評価が厳しくなってる面はあると思うのですが
正直こちらの評価は行っても7までって感じでした。

個人的にはキャラデザも中の人もミーシャが一番ツボだった感じw

まぁそんなところで採点表投下↓
travelingstars.jpg

クソ長かったですが、割と楽しめたのも確かで、
軽く及第点はクリアした満足度になったかなと。
まぁ「次の選択肢までジャンプ」機能があれば
満足度はもっと上がってた気がします(ノ∀`)

絵については間を取った形ですねw
7にしては低すぎますし9にしては肝心のキャラが・・・ってところで。

・・・蛇足ですが。
これも忘れた頃にミニFD化するんですかねぇ。
大穴でミーシャとリンネがFD化するならたぶん買います(;´▽`)y-~~
Comment

管理者にだけ表示を許可する