HHGと思わずういんどみる作品と思えば | IWGB

HHGと思わずういんどみる作品と思えば

2015.11.17.Tue.16:38
「アンラッキーリバース」オールクリアしました。
(体験版の感想はコチラ

萌えゲーというかキャラゲーとしては
そこそこ以上のデキだったと思うんですけど
「HHG」みたいなストーリー性を期待すると
相当に物足りなく感じますね。

リズリールートで少し過去のお話が出るくらいなのと
不運の理由が語られるくらいなもんで
物語とか世界観の広がりとか
どんどんハマっていくような仕掛けはほとんどなし。

というかそんな見たままの世界観だけで完結してるのに
そのルートの根幹的な設定に若干ツッコミ入れたくなる箇所もあって
ぶっちゃけストーリーなんて二の次なデキだったように思います。

反面、キャラゲーとしては先述の通り、及第点を軽くクリアしてるかと。
萌えどころの描写は的確ですし、イチャイチャぶりもなかなか。
ツッコミどころがあったルートでも
そのヒロインの健気さは十二分に伝わってきましたし。
「HHG」みたいな作品を期待しちゃうとアレですが
ソレ以外のどみる作品と思えば十分合格点かなぁ、という気がしました。

ただまあ、別に短くてもトゥルールート作って
真のレオンとかユートとか見せ場を設ければ
もっと印象が変わった気がして勿体ない気はしましたね。


絵については。
公式サイトで「ういんどみる史上、最高にエッチな作品を目指します」
とかありましたけど・・・

え?

って感じ。や、これよりエロくない作品探すほうが難しいよ?
というのが正直な印象w

ミヤスさんはさすがの安定感でしたけど、
ななせさんのイベントCGは立ち絵とのギャップが激しいなぁと。

キャラデザや立ち絵は可愛いと思えても
HシーンのイベントCGではほとんどはじめから表情が相当に崩れてるので
どーもそのヒロインとHしてる感覚が薄いんですよねー。
また顔以外のボディラインもかなりバランス崩れてましたし
これでエロさを感じろ、と言われてもなぁと。

というか、シーンの総数、シチュエーションや着衣状態にも
コレと言って特筆出来るモノがあるワケでもなく
強いて挙げるならピー音なし&アナルにはモザイクなし、
ってところが目立ったくらいで、エロに注力した印象はほとんどありませんでした。

反面立ち絵の演出は相当に上手かったと思います。
セリフの途中でもめまぐるしく表情や動きが変わったり
あれこれ動き回る演出はへタなイベントCGより表現力がありましたね。
表情やポーズの差分も多くてそこはかなり楽しめました。
特にウザイと思ったウルシュのWピースは最終的にかなりカワイイと思えるレベルにw

音については。
体験版の感想でも言いましたけど、リズリーの曲「誇り高きナイトメアなのだ」が秀逸w
バイオリンのフラメンコはこれだけ聴いてるとホント情熱的な曲にも聞こえるんですが
これをリズリーに当てるというセンスが素晴らしいw
正直OPやED曲よりよっぽど印象深いですwww

あとは明るいながらも落ち着いたメロディが多い中で
「WAKING DATE」は日常の中で心弾んでる感じが出てて耳に残りました。

そんなところで採点表投下↓
unrebir.jpg
十分及第点なハズなんですが、期待値(85)からすると大幅に下回ったのは
やっぱ「HHG」のイメージが強かったせいかと( ̄▽ ̄;)ゞ
Comment

管理者にだけ表示を許可する