ワタシ的に今年最大のサプライズ賞 | IWGB

ワタシ的に今年最大のサプライズ賞

2015.11.27.Fri.01:51
「リブラ」クリアしました-。
(前回感想分はコチラ

前回感想分のマリルートでのおふざけっぷりにめっさ噴いたんですが
あれはマリルートだけのノリだったんですね。

葵とリコリスのルートは途中分岐するまでは同じだけあって
展開は結構似てますけど、カレン・マリとこの2人のルートそれぞれで
ラスボスも違えば展開もノリも違う、ってのはかなり楽しめました。

巫山戯てるのに痛快なマリルートに
絶望の中に希望を残す葵&リコリスルートに
王道中の王道、カレンルート。

ワタシはたまたまこの順番でプレイしたんですけど
ソレがドンピシャでしたね。
先にカレンやって後からマリやったらたぶん呆然としてましたわw

しかも展開にこれだけバリエーション持たせたのに、終わってみれば
伏線部分の条件はいずれのルートもちゃんと押さえているという心配り。
好き嫌いかなり分かれそうですけど、ワタシはかなりツボに来ましたw
これはかなりメリハリ利いてて良かったです。

ダメな人は主に2通りかなぁ。
コメディ部分のノリが合わないというか、
やたら多いロリネタやおしっこネタが生理的にダメな人はたぶん駄作w
あとは主人公の悩みがグダグダなので、そこがダメな人もキツイかなぁと。

ワタシ的に前者はむしろめっさ笑えたクチ。
後者は吸血鬼モノの定番なのでさほどにゃ苛つきませんでした。

あとは前の記事を筆頭に作り的にツッコミどころも多々ありましたけど
勢いとクライマックスの盛り上げは存分に堪能しました。
特にカレンルートのラスボスの圧倒的存在感と
その終わり方は拍手モンでしたね。

絵のほうではミヤスさんのキャラもクロエさんのキャラも
キャラデザは相当に良かったと思います。
特にクロエさんのリコリスは
ミヤスさんの強力な3枚(イリス・カレン・マリ)相手に
霞まないどころかむしろ好対照でかなり光って見えました。

クロエさんの場合、若干サブのクオリティにギャップを感じましたが
(特に立ち絵)メインがズバ抜けてれば問題ないかと思うので
これはこれで良い気がしました。

イベントCGではおしっこにこだわりがあるためか
股間推しな構図が目立った気もしますが、
エロい時はエロく、かわいく攻める時はかわいく、
というメリハリがシナリオ以上に利いてた気がします。
原画面ではほぼ文句なし。
塗りがもう少し丁寧だったら・・・そこがかなり勿体なかったかなぁ。

音の方では。
BGMは吸血鬼ものらしく厨二っぽさ全開の曲が多いところがむしろ良い感じでした。
あとはリコリス役の橘さんとマリ役の新堂さんのテンションが
作品全体の雰囲気をかなり引っ張っていたように思えて
かなりハマリ役だと思いましたね。

そんなところで採点表投下↓

10月3本目の90点オーバー。
シナリオだけで見れば今年4本目の9以上。
ホントどんだけレベル高い月だったのかとwww

・・・しかしこれのプレイ前の期待値は70( ̄▽ ̄;)ゞ
や、お見逸れしましたm(_ _;)m
Comment

管理者にだけ表示を許可する