さすがの安定感&さすがのサービスぶり | IWGB

さすがの安定感&さすがのサービスぶり

2015.12.21.Mon.22:59
「嫁ヤバ」ハーレムまで全部クリアしました。

個別では若干弱いと感じた八神三姉妹も
セットになるととんでもねぇ攻撃力があるなぁ、
と最後の最後に思い知らされた感じ(ノ∀`)

や、1周目の共通の時点で思ってしまうワケですよ。
二葉さん起用の希里乃と沢澤さん起用の菜々華の存在が
明らかにブチ抜けてるなぁと。

冒頭からいきなり嫁探しが始まり急展開で同居生活になった時点で
「えー」という印象がある中で
良い子過ぎる三姉妹はなんでかいずれも好感度ほぼMAX状態
というチョロすぎる展開見せつけられると
「なーんか滑ってねぇ?」という印象になりまして。

となると一線置きながら存在感を示す前述の2人のほうが
よく見えちゃうのも必然だよねぇと。
希里乃の場合はただでさえ前作のラスボスとほぼ同じ仕様にしてますしね。
ええ、二葉さんの声で「お兄ちゃん」ってだけでもあざとすぎるのにw

なので初めにやった三姉妹ルートを終えた時点では
「絵の可愛さとおっぱいのエロさはさすが∑d(≧▽≦*)・・・でも・・・」
ってな印象でした。

しかしそこから菜々華→希里乃とクリアしてクルッと手の平返しw
この2人が異様に可愛かったのもそうですが、
なんで三姉妹がチョロかったのかの補足もあり
概ねナットクできる締め方だったと思います。
まぁ建国とかまで話を広げられると違和感ありましたけども。

あとはサブ2人まで個別を用意した上でハーレムで締めるところは
さすがのサービスぶりでしたね。
瀬里香よりロリな菜々華を用意した上で更にロリな先生もスタンバイとか
キャラの配置にもこだわりを感じましたわ(ノ∀`)

絵の方では先述の通りですが、相変わらずおっぱいの描写がエロくて好きですw
ブランドデビュー作「With Ribbon」からそうでしたが
特にヒロインが少しかがんでおっぱいがタレ気味になった時の描写に掛けては
ホントピカイチかと∑d(≧▽≦*)

キャラのほうでは菜々華先輩のキャラデザが
過去2作にはない感じでかなり惹かれましたね。
黒髪は基本ロングだったのをボブにして
極端なツリ目にもタレ目にもしなかったことで
重すぎない正統派な美少女になったというか。

希里乃にかなりの存在感があるであろうことは
プレイ前からわかっていましたが、
菜々華先輩がここまで目立つとは思ってなかったので
これは上手いなと思ったところでしたね。

そんなところで採点表投下↓
yomeyaba.jpg
池上さんの絵を楽しむキャラゲーと思えばもう文句なしかと。
沢澤さん、二葉さんの声もかなりハマってました。
惜しむらくは妹キャラに藤咲さんを配しておきながら
おもらしがないとはどーゆーこっちゃ、
という文句がありそうなところかな?(ノ∀`)
Comment

管理者にだけ表示を許可する