さすがのお手前 | IWGB

さすがのお手前

2015.12.24.Thu.18:51
「キミのとなりで恋してる!~The Respective Happiness~」
全部終わりましたー。

本編の感想はコチラにあるんですが・・・
アフター集の今作のほうがかなり楽しめました。

本編の感想でも言ったことですが、
冒頭で滑って見えた嫁探しの件と
風呂敷広げすぎて最後に萎えたプロフの件。
めっさ引っ掛かったその2点がなければ
結構素直に楽しめるんだなーと実感した次第。

まぁぶっちゃければ
新キャラの先輩の姉まで天才だったとのはやむなしとは言え
恵まで後付けで天才にしてしまうのは正直どうかと思いましたけど・・・
ソレが気にならなくなるレベルで
キャラの内面描写が丁寧でしたね。

特に主人公・なぎさ・莉奈・恵の間で行き交う感情描写が
本編以上にズバ抜けてたなぁと。

そしてそこらの描写があるから
ほうせんか種バーンがとんでもないギャグになり
莉奈のおなかいじりが新たな性癖として
すごく説得力が出てくるんだなぁ、
とそのセンスとお手前に感心するばかりでした。

あとは今回のプロフやサイドストーリーでは
風呂敷を広げすぎず、普遍的なところで止めてるのも
本編より好印象になった理由の1つかと思います。
恵までオリンピック代表にしてたらたぶん萎えたと思いますしw

音についてはOPとEDの2曲も良かったと思いますし
ここも本編より高評価になりましたね。

というワケで採点表↓
tonakoifd.gif
ミドルプライス作品としては申し分なしかと。

しかしこのクオリティだと昨年の本編同様
またALcot本家の同じ年の作品より
萌えゲーアワードでのランキングが上になってしまう予感。

LOVEREC.」がハニカム文庫的な仕様に
なってしまったことを憂いた身としては
この状態はあんまり歓迎できないなー、と少し複雑に思ったりもしてます。
Comment

管理者にだけ表示を許可する