これは甘いわー。前作を軽く凌ぐ激甘ぶり | IWGB

これは甘いわー。前作を軽く凌ぐ激甘ぶり

2016.01.06.Wed.17:31
アマカノ2終わりました。
(ちなみに前作の感想はコチラ

前作よりヒロインが1人増えたものの各個別の尺は変わらず長め。
更に前作で大きな減点要因となった紗雪ルートのような
理不尽要素は皆無になってましたね。

もう100%コンセプト・タイトル通りの内容でしたわw
ヒロインが甘えて来るようになるまでの過程に
心底ベッタベタに甘えられる様子を
まぁご丁寧にあれこれ描いてくれてます。

雪国ならでは描写が前作より減ってますけど
これは前作やった人なら舞台は同じですし
繰り返しになってしまうでしょうからここを結構省いたのはまぁナットクです。

ピロ水氏の絵を前面に推しつつ、砂糖に蜂蜜と練乳ぶっかけたような
この甘さの総攻撃は日常描写の一コマでもかなりの攻撃力がありました。
主人公の言動も常識人というかかなりの気の利いたイケメン君なので
全編的にストレスもなくひたすら甘いところを堪能できる内容だったと思います。
この辺は前作の反省点をちゃんと踏まえて作ってきてると思いましたね。
更に前作のヒロイン3人もところどころでゲスト出演してるのも
なかなかのサービスだと思いました。

で、個人的には前作より評価したいのがキャラデザ。
特に前作より1人増えた分、属性的にも新規に増えたツンデレ担当の
穂波のキャラデザが過去のピロ水氏のキャラの中でもかなりカワイイ子だなぁと。

また完全にわんこだった後輩こはるの後継を小悪魔的にした奏も
快活さの中に可憐さもある感じでこれまでにない可愛さが感じられましたね。

イベントCGになるとかなり濃い塗りになるところは前作同様で
人を選びそうな気がするんですが、
立ち絵ではこの後輩2人がホント目を引きましたわ。
口パクの精度が高いのもその一因だと思います。

逆に巨乳のお二人様はエロシーンになると
おっぱいが他の生き物に見えてくるレベルで
個人的にはむしろ引いたクチ( ̄▽ ̄;)ゞ
シナリオの中身は他2人と同レベルだと思いますけど。

音も前作同様にDucaさんのバラードで安定感抜群。
中の人もかなりハマってたと思います。

全体的に前作の良いところは踏襲しつつ、
改善点はしっかり改善してきたように思います。
で、そうなると恒例の採点表もこうなると↓
amakano2.jpg
ええ、前作とは雲泥の差(ノ∀`)
ピロ水氏の絵が好きな人ならもっと高得点になってるでしょう。

あと、アマカノグラフでのセリフが増えたのも
細かいサービスながら楽しかったですね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する