瞬間最大値は落ちたモノの全体的には大幅アップ、って感じ? | IWGB

瞬間最大値は落ちたモノの全体的には大幅アップ、って感じ?

2016.03.11.Fri.23:48
「ノラとと」全ルート終わりました。

かなりナナメ上をかっ飛んでくギャグと
そのキャラらしさをこれでもかと発揮して萌え頃しにくるキャラ描写で
怒濤の勢いで畳み掛けてくる展開はさすがの一言。

前作「らぶおぶ」同様、ツッコミどころというか
粗さを感じたところも多々あったのですが
それをどうでもいいと思わせるパワーはクセになるというか
このノリは独特でかなりツボに来ますねw

ただ、あくまでワタシの印象ですが、
爆発力は冒頭部分の「我が家がバーニング」がピークだったかなぁと。
ところどころ、時折連発で爆弾かましてた前作に比較すると
瞬間最大風速は少し落ちた気がしました。

まぁ伏線がこれ見よがしになったり、あえて流れをベタにしたりして
お話をわかりやすくした分、
完成度は上がったけど爆発力は下がった、ってコトなのかなぁと。

それとこれも前作との比較ですが、
「らぶおぶ」はメイン2人以外の個別は極端に短いという仕様してたんですが
今作はパトリシアが少し長めに感じたくらいで、
あとはみんな同程度だったように思います。

というかプレイ前は「もしかしたら短いかも」と思ってた
未知とユウキの2人のルートのほうがしっかり起承転結があって
お話として楽しめましたね。
ネコになってしまった意味を織り交ぜつつ
ノラの覚悟が光った未知√とサブが光ってたあっすー√は
その見せ場もしっかり練られてて、前作より完成度の高さを感じました。

反面、あれ?と思ったのは(個人的に)本命2人。
シャチ√は日常こそ一番、ってコンセプトはわかりますけど
さすがにそのまんま平坦で行くとは、とw

パト√は姉妹丼を取り入れたのはGJですが
お話の展開と設定にさすがにムリがあった気が。
「それをどうでもいいと思わせるパワー」と前述しましたが
この√だけはどうしても引っ掛かりましたね。

キャラ描写的にはかなりツボに来た分、逆にお話的に物足りなさがあって
ここでシナリオ評価が伸び悩んだ感じです。

とは言え。
ワタシ、プレイ順は未知→あっすー→パト→シャチ
でプレイしたんですが、
これ、まったく逆なら相当楽しめたと思います。
パトとシャチの順序が前後しますが
選択肢はおとなしく上から選ぶのが推奨、ってことですかね。

続いて絵の方ですが。
まずエロさと可愛さを両立させた大空氏の画力が光ってたと思います。
前作の時点で際立ってたムチムチ具合から更に進化して
くびれ辺りの描写もかなり上手くなられた印象でしたね。

おっぱいだけじゃく、腰やらフトモモやらケツでも
エロさを感じさせてくれる人ってどんどん少数になってますし
そういう絵を描きながらキャラデザも可愛いのが描ける、
って人は更に少数ですから、この進化は今後にも期待できるかと。

そしてシナリオや音も含め、前作から一番大きく進歩したのは塗りだと思います。
10段階で言ったら4~5辺りから一気に8くらいになったというか。
エロさもアップしてるのは塗りの効果も大きいと思います。

それと特筆すべきは声優陣。
メイン4人だけでなくサブに至るまで
よくまぁここまでイメージピッタリで揃えたもんだと。

パトのピュアさとかあっすーの情の深さとか
シャチのかわいさとか未知の不器用さとか
その辺、シナリオの力ももちろん大きいですけど
中の人の演技がホント凄くて、その良さを引き出すに止まらず
数倍に増幅させてたなぁと思います。
キャラ評価は10にしましたけど、キャスト効果がかなり大きいですね。

だいぶ長くなってきたのでここらで採点表投下。
noratoto--.jpg
ツボに来た割にはシナリオ評価が7止まりだったり
満足度が期待値に届かなかったのは、
前述の通り本命2人√の印象からですね。

ちょっと惜しい気もしますが、この粗さも魅力だとは思うので
次回作で変に型にはハマって欲しくない、とも思います。

もしFDが出るなら田中ちゃんの過去のエピソードとか
ノブチのヒロイン昇格とかあったら更にキャラ評価が爆発的に上がる予感。
Comment

管理者にだけ表示を許可する