おおお、これだけでも買った甲斐があった。・゚・(ノ∀`)・゚・。 | IWGB

おおお、これだけでも買った甲斐があった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2016.03.13.Sun.23:17
「恋盾2」をようやく始めました。

特にプレイ順を決めてなかったのですが、
序盤からアホ可愛さ全開の真愛に
第一印象以上の魅力を感じたので
そのまま彼女を選び続けていたんですが。

や、この選択肢の多さは初期AXL作品を彷彿とさせますねw
で、そうなれば、「初期作品同様バッドかノーマルエンドがあるんじゃ?」
と邪推が働きまして(ノ∀`)

最後の選択肢と思われるところで真愛を袖にする選択肢を選んだら・・・
ソーニャ√に入ってました\(^o^)/

ちょいと計算外でしたが、彼女の√のお話自体はまぁまったくもって想定内。
まぁキャラの配置やら裏設定が前作よりだいぶわかりやすくなってますよね。
ソーニャがどんなキャラか、エコーが誰なのか、手先が誰で黒幕が誰か
辺りはだいたい共通時点で想像がつくという。

そしてこのソーニャ√はかなり展開が強引だったなぁ、と。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ただ、この強引さは明らかにあの彼女のためですよね。
ええ、いつだったかワタシが
「松田理沙さんが演じられたキャラの中で一番好き」と言った設子さん。
彼女をゲスト参加させるためにあんな展開になった、という印象です。
まぁ声だけの出演とは言え、また出てきてくれてホント泣けました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

や、前作の礼拝堂のシーンや全裸で目一杯開脚してからの蹴りとか
お嬢様の演技をしたうえで更にヤンキーぶった演技とか
未だ相当印象に残ってます。
癒やしボイスでおっとりしたコを演じられることが多い松田さんのキャラの中で
彼女は明らかに異質なんですが、でも松田さんのおっとりボイスがないと成立しない
という希有なキャラしてますからね。

やー、彼女が元気にやってるってわかっただけで買った甲斐がありましたわーw
それにまた松田さんがAXL作品に出演された、ってのも感慨深いモノが。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ここまでボイスがあるなら前作のCGの使い回しだけでなく
是非出て欲しかったんですけど、まぁそれでも十分満足はできましたわ。

あとは、お話にムリがあってもヒロインの可愛さを引き出す描写はさすがの安定感でしたね。
なんとなく入ってしまったソーニャでも結構な攻撃力がありましたから
他のヒロインも楽しみになりますわ。

とりあえず、この後は当初の目標だった真愛√へ。
その後は麻衣に逝くのが楽なんでしょうけど、ここまでプレイした感じ
彼女はラストに取っておきたいなぁと。

たぶん真愛→希望→莉里→麻衣になるかな。
Comment

管理者にだけ表示を許可する