ワタシ的にはキャラゲ・ヌキゲとしては申し分なし(≧∇≦)b | IWGB

ワタシ的にはキャラゲ・ヌキゲとしては申し分なし(≧∇≦)b

2016.04.14.Thu.23:14
「オモカゲ」、ラストのハーレムまで終了しました。

ミドルプライスのあからさまにヌキゲな設定だったので
ある程度チープさが目立つであろうコトには覚悟してたんですけどね。

で、実際OP曲とシナリオはいかにもな印象を受けたんですけどね。

やたらと独り言の多い痛い主人公に、
H中必要以上に卑語を連発するヒロイン達、
ってのは正直なんだかなぁと思いつつもまぁ前述のとおり
それくらいは想定の範疇内で、覚悟を問われる場面もまったくなく。

というか個別分岐後は及第定点以上には
イチャコラを描いていたと思いますので、むしろ期待以上だったかも?

この作品で特筆すべきは、やはり購入前から期待してた絵。
ここに関してはホント文句なしでしたね。

キャラデザは「こらかわええ(´・∀・`)」と買う前からツボに来てたワケですが
これがエースキャラだけじゃないところが良かったですね。

メイン3人とサブ3人のヒロインの属性はほとんどテンプレ通りの
オーソドックスな配置でしたが
これを6人とも魅力的に描き分けてる画力がまず素晴らしいっす。

そして塗りのクオリティもそこそこ高め。
どーゆー巡り合わせか、直近でプレイしたのが「罪ノ光」「エッセンス」と
連発でおっぱいの塗りにガッカリしまくった経緯があるだけに
今回はマジで心底思いました。

「なんて美乳やー。・゚・(ノ∀`)・゚・。」とw

そして原画というかイベントCGの構図もツボに来るモノが多かったですね。
CG毎におっぱい、ケツ、脚とどこをどう見せるかの意図がしっかりしてて
どんな構図になってもボディラインのバランスが
あまり崩れないのは非常に評価したい点。
最近、ここら辺をしっかり描ける絵師さんが激減してる気がするので尚更。

CGによっては若干表情に不安定さを感じたところもありましたが、
設定上、Hシーンのラストには必ずアヘ顔にしなくちゃいけない縛りを考えたら
相当に描き分けに苦労しただろうなあ、
とむしろ最後まで描ききったことを称えたいくらいっすねw

そして立ち絵のクオリティもかなり高め。
ぶっちゃけ立ち絵だけでも抜けるレベルかとw
このクオリティで表情・服装の差分数もそこそこ。
ミドルプライスであることを考えたら相当頑張ったなぁ、って印象です。

特に感心したのは、サブ3人の作り込み。
メインに比べたら使う回数少ないのに
サブもメインとほぼ同様に差分が用意されてましたね。
麻姫は脱がせたら一番エロかった気がしますし
栞はメガネ外すとかなり印象変わってメインを食えるポテンシャルを感じました。

あとはミドルプライス作品の割に背景もしっかりしてて
この価格帯の作品にありがちなチープ感が絵ではまったくありませんでした。
塗りがもうちょっとレベル高ければ10評価でしたね。

そして侮れないのがBGM。
OP曲は歌手さんの歌唱力から「?」でしたけどBGMはさり気にレベル高いw
西坂氏が手掛けてるのでナットクではありますが、
アコギメインだったりジャズっぽかったり引き出しの多さがさすがです。

とそんなところで採点表投下↓
omokage.jpg
自分でも意外な高評価(ノ∀`)
おそらく世間様よりかなり高く買ってると思われますw

これは、個人的に絵がかなりツボだったのと、
プレイ前から覚悟が出来てたことが大きいでしょうね。

絵がツボに来る人で「ミドルプライスならこんもんだろう」
と最初からハードルを低めに設定される方なら
ワタシ同様評価は高めになるんじゃないかと思われますw
Comment

管理者にだけ表示を許可する