相変わらず吹っ切れた極振り∑d(≧▽≦*) | IWGB

相変わらず吹っ切れた極振り∑d(≧▽≦*)

2016.05.07.Sat.00:58
「おにキス」、ハーレム含めた全ルート終わりました。

新ブランドの作品なんですけど、K子さん参加の「妹」作品で、
出演されてる中の人やライター陣、
それにコード入力でおまけが増える等のシステムから言っても
Galetteの系譜を思いっきり引き継いでるのは言うまでもなく。

GaletteでのK子さんの前作は「おに禁」で
その時の原画はK子さんに加えてひさまくまこさんまでいる
結経強力な原画陣でした。

今作ではメインとしてはこれがデビューになると思われる
桜みさきさんに代わっていますが
キャラデザといい、画力といい、相当なレベルに思えました。

K子さんのキャラとの絡みなら、むしろ桜さんのキャラデザのほうが
双方のキャラが並んでも違和感がなかったように思えたくらい。

故にGaletteでイケた人なら今回でもイケるかな、と思います。

そのGaletteになかった演出としては、まずコンセプトの「キス」演出。
そのリアクションに至るまで、まぁ萌え頃すようあれこれ練られてるなぁと。

あとはヒロイン4人にそれぞれ、全裸の全身イベントCGが用意されてるところ。
これ、縦に6画面分くらいスクロールするかなり巨大な絵で
そのまま抱き枕カバー化できそうなクオリティ。
全身キスしまくる、というコンセプトに沿った演出をこれで可能にしているワケですが、
まぁここまでよく仕上げたな、という根性に驚きでしたわ。

絵と演出、キャラ面に関してはもうまったくもって文句なしですw
ヒロイン全員ふくらみかけのちっぱい、
ってところに好き嫌いはあるでしょうけど(ブランド的には至って平常運転ですが)
原画さんの基礎画力がしっかりしてるので
どこをどう見せたいのか、という意図もハッキリしてますし
そこの描写のこだわりも感じられてエロさはかなりあったと思います。

あんまりロリ属性のないワタシでもちっぱいの先っちょの線や塗りの
柔らかいけど少し固め、的な描写は結構ツボに来ました。
また体位も割とアクロバティックなモノもありましたけど
そんなムリな体勢をさせても、違和感なくボディラインを描き上げて
さらに腰なり脚なりのラインを強調する画力はホントさすがでしたね。

各ヒロインのそれぞれの可愛さもドストレートで
まぁこんな妹がいたらそらひたすら愛でるしかないよなぁとw

シナリオのほうは相変わらず頭のネジが
4~5本はぶっ飛んでるデキでしたが
元からそこには期待しちゃいないですからねw

ヒロインをどれだけ可愛く見せて、
どれだけニヤニヤしてしまうHを見せてくるか
っつー最大の需要はしっかり満たしてくれてますので
これはこれでOKだと思います。

そんなところで採点表投下↓
oni-kiss.jpg
や、キャラゲとしてはホントほぼ満点に近い気がします。
中の人の人選ももう鉄板w
あとはK子さんももちろんですが、
桜みさきさんの次回作にも期待したいですね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する