FDとしてはほぼ満点 | IWGB

FDとしてはほぼ満点

2016.06.01.Wed.17:39
「恋クマSE」、全部終わりました-。

やータイトルどおりエロへのこだわりようがマジパネェっすwww
エロシーンの総数は本編より少ないんですが、
その分1回当たりの分量が更に凄いことにwww

本編の感想でも言ったことですが
原画のさよりさん自身が塗りされてる、
って強みが最大限生きてますね。
特にいろんな汁の描き分けがグロなくエロく塗られてる様は
ほとんど神がかり的。

あと、ちょいちょい他作品の感想記事で言ってる事ですが
エロさを売りにするには、顔以外のラインが大事だと思うんですよ。

カワイイというのはぶっちゃけマスコットやら動物にだって感じる感情ですが
エロさを認識するには(相当の変態でない限りは)
同一種の異性が対象になるわけでして。

顔とおっぱいだけはやたら丁寧だけどソレ以外は違和感バリバリ
って絵師さんが昨今めっさ多い印象があるんですけど
そーゆー方達の絵って正直カワイイ止まりなんですよね。
ええ、ぶっちゃけエロさを感じない。あくまでマスコット止まり。

それに対し、さよりさん自身は「顔が一番苦手」と自称する
今時珍しい絵師さんだけあって、
ソレ以外の描き込みのほうがむしろパないという。

もちろん顔もカワイイから人気絵師なワケですが
ボディラインの描き込みからその塗りに至るまで
どこをどう見せるか、物凄く練られてますね。
どうすればよりエロくなるか、
っていう求道ぶりがホントすげぇっすわw
ええ、ホント「エロの求道士」って印象っす。

また、シナリオでの萌え描写も高いレベルで安定感あって
実に安心して見てられましたね。
ハーレム以外本編からのアフターばかりでしたから
今更なれそめで萌えさせられない分、
付き合ってからより可愛く見えるところの描写が
やたら丁寧だったと思います。

あとは笑えるところはかなり笑えました。
個人的には現状今年一番笑えた作品だと思います。

そしてありそでなかったハーレムも加え
本編にあった充実したオマケの類い
(さよりさんのコメントや中の人のフリートーク)
も全部揃えたのはもうさすがですね。
本編を楽しめた人なら不足なく今作も楽しめると思います。

ということで採点表↓
koikuma-SE-.jpg
カテゴリ評価は本編と変わらず満足度も-4だけ、
というワタシのFDの評価としてはかなりの高得点。
や、ワタシ、本編で80~90台付けても
FDだと平気で70前後にすることもよくあるのでw

FDとしてはほぼ満点評価だと思います。

あとは・・・作品の設定的&オマケでの中の人への質問から
もう1作くらい続編作りそうな空気感を感じましたけど
もし実現したら、さすがに満足度は並に落ちそうな予感(;´▽`)y-~~
Comment

管理者にだけ表示を許可する