期待以上半分・もったいなさ半分 | IWGB

期待以上半分・もったいなさ半分

2016.10.05.Wed.22:42
「魔女パレ」残りのアリサ→早紗ルートも終わりました。
(前回感想分はコチラ

いや-、前回2人分で十分に読ませられてましたけど
やっぱ真打ちはこの2人かー、という感じでした。

アリサ(と先輩)のシリアスな背景はちょっと卑怯な気もするんですが
まぁベタな分非常にわかりやすいので
彼女達の思考はそらそうなるよねー、という説得力もありました。
またアリサルートでの終盤、マムのさり気ない一言
「通り過ぎたものや違うと思っていたものが正解だった」ってのも
このルートの意図をハッキリと感じさせるもので
簡単ながら上手いやり方だなぁと。

そして早紗ルートはもうブッちぎったクオリティでしたね。
各ルートの見せ場になる個別終盤はもちろんのこと、
個別序盤で幸人が誰を嫁にするか宣言してからの流れも
非常に見応えがありました。

あの手のやりとりを嫌って
主人公が誰か一人を選んだら
他の人達はおとなしく引っ込む作品が多い中で
よくそこまで描いてくれたな、と。

あそこまで描かなきゃ、
みんな本気じゃなかったんだ、とも受け取れてしまいますし
前半のドタバタもウソっぽく見えてしまったと思うんです。

各個別をプレイしていればフラれた3人の葛藤も非常によくわかりますし
そうなる展開にも説得力がありました。
個人的にはこの作品で一番見応えがあった場面だと思います。

そしてそこからの流れも良かったなぁと。
ユリスが背負ってきたモノをちゃんと描きつつ
そこをヘヴィにさせずノリ良く進めてるのは
レベルの高さを感じましたね。

終盤のあからさまなフラグ構築からのフェイクも決まってましたし
お約束をつつくところと裏切るところのバランスもなかなかだったと思います。
このルートだけならシナリオ9以上は付けたいデキでした。

絵については前回分で述べてますがB地区の塗りがちと残念でした。
ソレ以外、特におっぱいや腹の塗りなんかは
かなり丁寧に塗られてた気がするのでより勿体なく思いますね。

あとはHシーン以外のイベントCGのデキにちと違和感がありました。
全般的に顔が違うというか。
立ち絵のほうがズバ抜けてデキがよく見えちゃいました。
HシーンのイベントCGだとそんなギャップは感じなかったんですけどね。

というか立ち絵のデキは実際良かったと思います。
画質も表情・ポーズの変化も目パチのタイミングも多彩で
その演出もかなり練られてるなぁと。

あと特筆できるのは音。
さり気にレベル高いっす。

ヴォーカル曲3曲もそうですが、BGMがかなりツボでした。
ピアノ曲が多くて特にヴォーカル曲「My Sweet Darling!」の
ピアノバージョンは破壊力ありました、涙腺の。

そんなこんなで採点表↓
majopare-.jpg
オール8と全体的にも各カテゴリで見てもバランスが取れてて
欠点の少ない作品で楽しめたのですが・・・

早紗ルートだけで+15点くらいの破壊力がありましたが
あともう一押しなにか武器があれば90点台だったかなぁ、と。
B地区の塗りがマトモなら武器になり得たかなぁ?
Comment

管理者にだけ表示を許可する