唐突ですが菊の予想 | IWGB

唐突ですが菊の予想

2016.10.22.Sat.23:45
「タユタマ」プレイ中とは言え、
積みゲがなくなったおかげで多少時間が出来てしまった今日この頃。

今はほとんどやってないんですが、
毎週競馬やってた頃は一番好きなレースは菊花賞でした。

ええ、今年の菊は明日です。
このタイミングで時間が空くとどうしても予想しちゃいますよねぇ。
そしたら馬券も買っちゃいますよねぇ(;´▽`)y-~~

と言うわけでエロゲ一本分というか抱き枕カバー1枚分をブッ込んで
これを100枚分にしようという無謀なチャレンジに吶喊(ノ∀`)

延々能書き垂れますので以下追記に放り込んでおきます。
ご興味のない方はスルーしてやってください( ̄▽ ̄;)ゞ
.

本命は2頭。
まず春の安定勢力エアスピネル。

距離不安からか善戦と言えど二強に完敗してるせいか
さほどの人気になってないこの馬。

しかしワタシの目から見ると、この馬のどこに距離不安があるのかと。
昨年マイルのデイリー杯で圧勝して、春に2000m以上のレースで
3・4着に残るレースが続いてるせいで不安説が流れてると思うんですけども。

デイリー杯は相手が弱すぎただけでしょ、と。
朝日杯も弥生賞も皐月賞もダービーも切れるディープ3頭と
リオンに屈しただけで他の馬には負けてません。
直線の切れで負けてはいますけど、
スピネル自身バテた訳ではありません。

そして前走神戸新聞杯では格下の馬に初めて負けましたけど
この時はいかにも試走で初めて後ろに控えてレースしました。
これは距離不安で控えた訳ではなく
タメたらどこまで切れるかを試したのだと思います。
しかしタメてもまったく切れずに5着止まり。

つまりこの馬に切れはまったく期待出来ません。
しかしバテない脚はあります。

こうなればもう戦法は1つ。
4コーナー先頭のロングスパートです。
京都外回りはそれがハマるコース形態。
ユタカ騎手も前走でそれは十分に承知してると判断し本命の一角にします。

お母さんと同じくユタカが乗り続けて春善戦後
秋の最後の一冠で花開く、という流れに期待。

もう1頭の本命はジュンヴァルカン。
前走の走りが素晴らしいですね。
阪神2200を3番手で追走して2.10.8で押し切る、
ってのはスピードの持続力を証明してると思います。

もともとタイムの出やすい日でしたが、
これはつまり高速馬場への適性も示しています。
今の京都の馬場でも十分に対応できるでしょう。

脚質も実に菊向き。
ユタカが早めスパートしたら、デムーロもソレに合わせてマッチレース
みたいな展開になると踏んでます。

ユタカのG1勝ちを空気読まないイタリア人がさらってく、
という昨年も見たシーンの再来もあるかなと。

またデムーロとお父さんのネオユニが果たせなかった菊制覇を
息子が成し遂げ親子三冠ってストーリーもアリかなぁと。

この2頭の馬連に資金半分ブッ込みます(`・ω・´)ノ
ちなみに23時現在で230倍ありますぜ(ノ∀`)

相手にはまず二強のサトノダイヤモンドとディーマジェスティ。
本線が穴目だけにヒモは堅いところも押さえておきます。

また、阿寒湖特別勝って神戸新聞杯4着のカフジプリンスは
前々走が余計な気がしますが、枠もヤネも血統もすべて向いてる印象。
岩田得意のイン突きがハマれば勝ちまであると思います。

あとは昨年勝った北村騎手のシュペルミエール。
どんな競馬場でもどんな展開でも上がり1位を繰り出す末脚は安定感抜群。
スタミナはまったく問題ないと思うので課題は時計勝負に対応できるか。
一応押さえておきます。

そして爆穴はマウントロブソン。
春はベリーという短期免許の外人騎手を乗せてましたが・・・
お世辞にも上手いとは。・゚・(ノ∀`)・゚・。
それで春二冠が6・7着なら悪くないかと。

前走も7着でしたが明らかにデブデブ仕様だったので
今回絞れれば十分巻き返しはあると思います。

前走はシェイプアップの調教代わりと見れば
人気急落の今回はむしろ買い。


そんな訳で購入馬券はこうなりました↓
216kiku.png

23時のオッズで見れば馬連13-17で決まれば115万円ですな(ノ∀`)

ちなみに一番高配当になるのは1着17→2着13→3着18の時。
前述の馬連のほかに3連複3775倍を400円買ってるので約150万
3連単に至っては34250倍を200円買ってるのでこれだけで685万になりますwww

これで合計950万円www
100枚どころか抱き枕カバー1000枚まで可能になってきますな(;´▽`)y-~~
Comment

管理者にだけ表示を許可する