今年のオレ的期待作 | IWGB

今年のオレ的期待作

2017.01.01.Sun.01:31
まず前の記事で並べた1月~3月の30本の中では
唯一Sを付けた「アイカギ」がダントツ。

キャラデザと背景・舞台設定でほぼ一撃でやられました。
これはかわえええぇええええ(;゚∀゚)=3ハァハァ

あとはひさまさんが一部原画を担当された
「ヒットミー」「甘夏」の2本も絵的に期待度がかなり高め。
ヒットミーの倉澤さん・ねこにゃんさん。甘夏のひつじさんと
相方の絵師さんも文句なしですし。

この2本は仮にシナリオが壊滅的でも十分元は取れるかな、
という感じの期待の仕方です(ノ∀`)

そのほかではシナリオ・絵・中の人のバランスが一番良いのは
「緋のない~」だと思っているのですが
ミドルプライスの尺でその良さをきちんと出せるのかが
一番ポイントになる気がします。
個別の対象以外にもう1人Hシーンがある、というキャラは
結局、桐子じゃなかったですから、
その時点で割と期待ハズレな感もぶっちゃけあったり


4月以降の作品では「9ここいろ」「はにデビ」「サイコロ」辺りが期待度Aですね。
「9ここいろ」はシナリオ次第ですが、前作並ならもうつばすさん逃げて、としか(;´▽`)y-~~

「サイコロ」は「ものののあはれは彩の頃。」の略称ですが
正直本家の角砂糖よりこちらに期待したくなります。
シナリオの冬茜氏は「マジチャ」「運命線上のφ」と
角砂糖で一風変わったゲームシステムの作品を手掛けた人なので
今回もあれこれやってくれるんじゃないか、という期待感があります。

現状そんなところですが、こうやって振り返って見ると
ワクワクするような期待作、ってのは現状なさそうですねぇ。

今年は昨年下半期に新作を出したばかりの
YUZU・サガプラ・8月辺りが新作出さない可能性もありますしね。

というかYUZU以外の期待作が軒並み不発に終わってからのー
っていう流れで今年に入って来てるので
イマイチ盛り上がってこないところはあります。
盛り上がってないのに30本はどうなんだ?とは自分でも思いますが(;´▽`)y-~~

昨年頭の時点では期待値の高かった「ノラとと」「ワガハイ」は
今年それぞれ続編が出ますけど、個人的な期待度はそれほどでもない感じ。

そこならま~まれぇどの新作や
ぼちぼち新作が出て欲しい3rdeyeに期待かなぁと。

あくまでワタシの感覚ですが、
本命は下半期にありそうな年かなぁという印象です。
Comment

管理者にだけ表示を許可する