2016年IWGB的ベストエロゲ2 | IWGB

2016年IWGB的ベストエロゲ2

2017.01.20.Fri.02:43
前記事の総括の続きです。

まず前記事の総得点に続いて
各カテゴリのトップを振り返ります。

【シナリオ】
「千恋」「シンソウノイズ」が9でトップ。
2015年は10を叩き出した「サクラノ詩」がありましたけど
アレも7年ぶりの10でしたからね。
9の数では2015年が4本で2014年が3本。
やはりここが不調だと全体が不調になりますね。

【音】
トップは10の「凍京NECRO」「銀色、遥か」「Liber_7」の3本。
「銀はる」はヴォーカル曲で、「Liber_7」はBGMで稼いで
「凍京NECRO」はどちらでも稼いだ印象。
9は6本ありますので、ここは例年並みですかね。

【絵】【キャラ】
意図してなかったんですが、絵で満点を叩き出した5作品は
いずれもキャラ評価でも満点でした。
そしてキャラ満点はその5作品しかない、ってコトで同時発表w

「千恋*万花」「まいてつ」「枯れない世界と終わる花」
「千の刃濤、桃花染の皇姫」「僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち!」

この2つで満点ってことはイコール「キャラゲーとして満点」ってことです。
シナリオが少しアレだったとしても十分に元は取らせていただきました、っていう。

ちなみに9評価は絵で13本・キャラで12本。
どっちも9だったのは以下の4作品
「オトメ*ドメイン」「お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?」
「聖鍵使いの命題」「ネコぱら vol.2」

90以上のベスト6のうち、4本がともに9以上にある、
ってのが非常にわかりやすい傾向ではあります。
満足度を90中盤に押し上げるのはシナリオの力が不可欠ですが
90前後までは絵とキャラだけでイケる、っていう証左かなと。

ちなみに3位タイの「乙彩」についてはB地区の塗りさえマトモなら
絵評価9でしたからねー(ノ∀`)
で、残る「シンソウノイズ」はシナリオ9で上位に食い込んだ、
ってコトですね。

あと特徴的なところでは、絵・キャラともに9以上ある9本のうち
雪仁氏シナリオの作品がなんと3本あります。
いずれもシナリオ評価は6か7なのにキャラ評価は9か10、
ってところがらしさ全開な気もしますね。


残る2部門は追記にて
.

【エロゲソング】
1位:be confidence(タラレバ)
2位:Assemble(凍京NECRO)
3位:恋ひ恋ふ縁(千恋*万花)
4位:時雨Dictionary(キミトユメミシ)
5位:れみぜら!(ワールド・エレクション)
6位:館廻り(死に逝く君、館に芽吹く憎悪)
7位:レイルロマネスク(まいてつ)
8位:夢の記憶(キミトユメミシ)
9位:Secret Liqueur(働くオトナの恋愛事情)
10位:シンソウノイズ(シンソウノイズ)
番外:Traveler's tale(ISLAND)

こんなところ。
意外なコトに、10位以外は歌手の人が見事なまでにバラけました。
Ducaさんが1位でKOTOKOさんが3位ってのは
ワタシとしては至極順当ではあるのですが、
それぞれ1曲のみ、ってことがまず意外でしたね。

またPeak a Soul+に続いてついにSolfaの曲もランク外に。
ワタシ的に一時はこの2つだけで上位を席巻してたんですけどねぇ。

で、ワンツーは上半期からそのままスライドでした。
「恋ひ恋ふ縁」はフルサイズ聴かなきゃ良かった、
という典型例。・゚・(ノ∀`)・゚・。

4位は自分でもビックリなんですけどね。
あの巫山戯た歌がここでいいのか、とw
しかしわざわざMP3に落として自分が聴いた再生回数なら
「Assemble」も抜いて2位ですからやっぱここかな、と(ノ∀`)
あの歌詞をあっけらかんとズバ抜けた歌唱力で歌える
民安さんの健在ぶりも光ってましたw

5位はプレイしてないですが、これは上位に来るよなぁと。
6位も洗脳力は相当で何度リピートしたか。
何気に2曲目のランク入りの「キミユメ」ですが
音を丸投げせずに自作してこのクオリティは凄いと思うんですよね。
中でもこの曲はCeuiさんの2016年の中でも一番良かったかなと。

番外は作品がエロゲじゃないからですね(ノ∀`)
聴いた時はeufoniusの曲かと思ったら
作曲がElements Gardenの藤田氏、と知ってちと驚いた次第。
イントロのピアノからまるで違和感がないw
ベスト10にねじ込むなら5~6位辺りになりますかねぇ?
・・・って「時雨Dictionary」が自分の中でやたら強いことに自分でビックリw


【俺の嫁】
1位:雛衣ポーレット(まいてつ)
2位:柊すみれ(はにかみCLOVER)
3位:朱鷺坂七緒(フロフロ)
4位:更科睦美(千桃)
5位:常陸茉子(千恋)
6位:氷上ゆりの(初恋サンカイメ)
7位:レン(枯れない世界と終わる花)
8位:夏目あかり(乙女が彩る恋のエッセンス)
9位:大垣ひなた(オトメ*ドメイン)
10位:黒木未知(ノラとと)

ポーレットが上半期に続いて王座を死守。
自分でも驚き・・・と思いかけたのですが(・ω・)

ぶっちゃけ2016年で一番抜いたヒロインなので
むしろここしか有り得ない(ノ∀`)

その意味では上半期2位だったあかりさんは
アレな塗りのおかげでエロシーンで
まったく点数稼げなかったのが痛かったですねぇ。

で、2位に成り上がったのは上半期3位のすみれ(ノ∀`)
彼女の場合、緑茶の次作「なつこい」で
光という比較対象がいたことが大きかった気がします。

光も良いコなんですけど、同じ秋野さんが演じられた
すみれのほうがツボに来るな、と常に比較してた感じなので
むしろ下半期組を差し置いて順位が上がってしまったというw

で、前記事で言ったとおり、もしここに
「オトメ*ドメイン」の歩君をねじ込むなら3位になりますね(ノ∀`)

4位はなにもそこでなくても、と自分でも思うんですが( ̄▽ ̄;)ゞ
や、滸でも古杜音でも結構好きだったじゃないか、
と思うのですが、やはり千桃の中で一番抜けたのが(ry

それにしても10人も並べたのに、意外なコトに歌手同様
中の人も結構バラけました。
複数ランクインしたのは秋野花さんの2人(すみれ・レン)だけ。

個人的に2年連続MVPだった遥そらさんは
2016年ますます活躍されてましたけど
俺的上位作品での出演作は何気に「千恋」だけ。

そのほかの出演作は遙さんが演じられたヒロインより
他のヒロインのほうが好み、という意外な現象が続き
気付けばランクインは10位の未知だけというまさかの事態。
・・・別に飽きたワケではないですから
2017年でまた傾向が戻る可能性も高いとは思いますけどね。

また次なる女王候補も五指に余る状況なので
今年どうなるかはワタシもさっぱりわかりません(ノ∀`)

候補を挙げるなら、やはり昨年も挙げた
秋野さん・くすはらさんに小鳥居さん。

出演数が増えた橘さんと手塚さんは
むしろツボに来るヒロインが減った感じで
↑の4人よりは一歩後退なイメージですが
まぁ一発で取り返せるレベル。

ただ、そこよりは猫村さんの下克上に期待したくなりますね。
2016年の出演作は3本だけですが、(千桃・そらつく・初恋サンカイメ)
その質と役が新人離れしてましたから
なんらかのプラス材料はお持ちな感じ。
それが表名義の実績なのか事務所の力なのか別の要因なのかはわかりませんが
それだけに出演数が増えれば一気に来るようなイメージがあります。

まぁそんなワケで昨年のMVPは該当者なしですが
強いて挙げるなら↑で述べた通り、
キャラ評価で高評価を連発した雪仁さんですかね。


ということでだいぶ長くなりましたがここで締めさせていただきます。
クソ長い記事にここまでお付き合いいただきありがとうございました。
次回は7月に2017年上半期の総括を行います。

1~3月だけで28本(購入数は30本)ありますから
下手すると上半期だけで2016年と同じ数をこなす可能性も
あるんですかねぇ?( ̄▽ ̄;)
Comment

管理者にだけ表示を許可する