エロゲよりアニメに向いてる気も | IWGB

エロゲよりアニメに向いてる気も

2017.03.05.Sun.00:27
ちょっと日を置いていた「しゅがてん!」の感想を。
(前回感想分はコチラ

なんで採点記事書くのに時間掛かったか、というと
総合的判断が難しい、ってコトに尽きます。

しらたまさん初の単独原画だったワケですが
その特徴的なふわふわロリな絵柄オンリーでどんな作品になるのか、
っていう興味がプレイ前からありました。
で、やってみた感じは前回感想の通りです。

エロさはまったく感じませんでしたけど、とにかくかわええぇえwww
絵柄と作品の設定、世界観も凄いマッチしてましたね。
ファンタジー色強めで欧風ちっくな舞台、薄めな塗り、
そこにぱれっと作品でおなじみのBURTON氏のBGM。
更にロリならお手の物な杏子さん・くすはらさん・ウサさんのキャスティング。
そのお三方のボイスで変換される萌え度満点なセリフ達。

や、すべてのレベルが高くてしかも親和性も抜群で
とにかくとんでもないシンクロ率してたなぁと。
これらの一体感が序盤から圧倒的で
プレイ後すぐにこの世界観にのめり込んでしまいました。

おそらくしらたまさんの絵を活かすべく、
あれこれできる限りのテを尽くされたと思うんですけど
その目論見は凄まじいまでに当たってましたね、と。

あまりにロリロリしいのは苦手なワタシですが
そこらは関係なく惹き込まれる魅力がありました。

そして世界観的にも設定的にもファンタジー色を強めに展開しながら
時折やたらロジカルだったりシニカルだったり
また某ヒロインを少しリアリストにさせてみたり、
とアクセントを付けておいて最後はやっぱりファンタジーで締めて、
っていうシナリオもレベル高かったと思います。

絵や音はもう前述のとおり。
多少捕捉するなら、「エロさは感じない」と言った絵でも
思ったよかおっぱいおっきめなめるに、美尻なショコラは
やっぱりエロさは感じなかったんですけど
「かわいい」だけでない「キレイ」さを感じました。

まぁとにかくどこにも文句の付け所がないんですよね。
カテゴリ別に見てもどれも結構高いレベルで揃ってます。

ではどんな判断が難しかったか、というと。
や、↑でファンタジーにリアリティのあるアクセントがあってレベル高い、
と言いましたが。

この絵柄でそうやる必要があったかなぁ、と。
普通の絵柄の作品ならたぶんプラス方向に働いた部分だと思うんです。
ただ、この作品の場合なにせ絵柄がかなり独特で、
しかもそれを引き立てるための演出もズバズバ決まってたワケですよ。
前回感想の通り、序盤から中盤に掛けてはとにかく和みましたし
とにかくかわえええぇええとニヤニヤしっぱなしでしたし。

正直この作風ならむしろ、ストーリーはベッタベタでも
割り切ったキャラゲーとして出してくれた方が
個人的には満足度が高くなってたよなぁ、と。

例えば某手術の生々しさとか必要だったかな、と。
ライターさんの基本的テキスト力はかなりあると感じましたけど、
なまじ書ける分、これも書きたいあれも入れときたいと
ちょっとシナリオの自己主張が強めに見えて、
それまでの演出とのバランスを欠いたように見えたのが
満足度が当初思ってたところまで伸びなかった原因かと思われます。

そんなところで採点表↓
sugartem.jpg
まぁシナリオ部分にムリヤリ難癖は付けましたが、結論としては
「しらたまさんの絵とキャラをひたすら愛でる作品としては申し分なし」
なのは確実だと思います。

これでリアル描写を軽めにしてエロもなしでアニメ化したら
たぶん更に完成度の高い作品としてまとまるんじゃないかなぁ、
と思えるくらい、画面映えと雰囲気はズバ抜けてたと思いますね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する