むしろ気になるところが増えたワケですが | IWGB

むしろ気になるところが増えたワケですが

2017.03.10.Fri.02:35
「スイギン」、1周目のマリア√終了しました。

とりあえず、昨日確信したとおり、
秋野さん出演されてましたー(≧∇≦)b

や、違う名義だったらどうしようかと思って
あえてお名前は書いてなかったんですけど
スタッフロールにお名前あったのでいいか、とw

まぁここんとこのハイレベル(あっぷりけ&暁WORKS)作品は
同じ声優さんをリピート起用する傾向が目立ってましたから
「はなのの」「緋のない~」で出演された秋野さんが
起用されてないほうがむしろおかしいやろ、
ってところではあるんですが(ノ∀`)

で、その秋野さんが演じられてる役が
他の√ではどうなるのか、凄く気になるところなんですよね。
これまでの森崎作品考えたらハッピーエンドにしてくると思うだけに。

ただ、1周終えた現段階での印象は
森崎さんの割りに展開がちと雑だなぁ、と感じるところもいくつかあって。
まずこの√のラスボスのことを哲生達が気付けなかった理由と
このラスボスが最期を迎えた理由が矛盾してるように見えること。
そしてもう展開そのものが、伏線なしで次から次へと
(主人公にとって)受動的に物語が展開してく様に
ご都合的ならしくない印象を受けてしまいまして。

これが他√の伏線になってるならまだ良いんですけど
まぁその辺りは他√を見てから判断したいと思います。

とは言え、ぶっちゃけるところと回りくどく言うところの
メリハリが利いた会話の応酬はやっぱり森崎作品だなぁ、
と思わせてくれますし
「ハロレ」の「ハロー」や「るい智」の「呪い」ような
日野作品にも通ずる設定、
そこから友情やら人との絆でピンチを乗り越える展開は
「ものっそい暁WORKSらしい作品だなぁ」と思わせてもくれました。
やはり真価は最後までやってみないとわからない作品っすね。

この後は・・・
とりあえずトップはロリから、といういつもの法則に従いましたが
2周目はソレに逆らって青香√に行こうと思います。

や、見た目だけならラストに回すコなんですが
シナリオ上、いざながラスボスで桃さんもキーマンだろうな、
と思えるので必然的に青香が2番バッターということに。
Comment

管理者にだけ表示を許可する