対象は同じでこうも大賞(候補)が変わるのか | IWGB

対象は同じでこうも大賞(候補)が変わるのか

2017.03.16.Thu.23:43
萌えゲーアワード2016」の年間ランキングが発表されてましたね(・ω・)

「ワガハイ」の1位は正直まったくの想定外でした( ̄▽ ̄;)ゞ

今の型式になった2014年以降、
ユーザー支持賞に輝いた「あおかな」「サクラノ詩」が
そのまま大賞を取ってますし、
それ以前に同賞を獲得した「グリザイアの迷宮」「神採り」が
銀賞になっていますから
「ワガハイ」の準大賞以上は確実な印象です。

とは言えね(・ω・)

これが2016年の代表作か?と聞かれれば・・・
個人的にそこまでの評価はしてなかったせいか
「え?もっといくらでもあるっしょ?」ってのが正直な第一印象( ̄▽ ̄;)ゞ

上からみたいで自分でもどうかと思うのですが、
2位の「まいてつ」ならまだ納得できたんです(;´▽`)y-~~
相当にオンリーワンな作品でしたし。

また「戦国†恋姫X」の3位も納得なんですが
「あけいろ」「シンソウノイズ」のシルキーズが携わった
サスペンス2本の強さもかなり意外に思えましたね。

ワタシ的にはげっちゅでの「美少女ゲーム大賞2016」のランキングが
千桃以外は割と順当に思えたので
今回は「え?なんでこれがここ?」みたいに
思わず2度見やガン見したところが多かった感じ(ノ∀`)

あと、これもほぼ毎度思ってますけど
「ゆずと8月は相変わらず得票伸びねぇなー」とw

どちらも固定客がいないわきゃないと思うんですけど
メジャーすぎる分、投票作業には興味ないライト層も多い、
ってことなんでしょうかね。

げっちゅのランキングのほうでは、ゆずの「千恋」は1位。8月の「千桃」は3位。
ちなみに「ワガハイ」は18位
前作で見てもゆずは「サノバ」が2015年の2位で
8月の「大図書館」は2013年の1位。

それが「萌えゲーアワード」なると、設立された2006年以降
ゆずは「サノバ」がキャラクターデザイン賞を獲っただけで
8月に至っては部門賞も無冠。
もう無視されまくり感がハンパない(;´▽`)y-~~

少なくともこの2つよりグラフィックが良いブランド、って
数えるほどしかない気がするんですけどねぇ。

げっちゅはそもそもがショップですが
「萌えゲーアワード」にしてもDMMが主体になってるのは一目瞭然で
ゆず作品のDL版販売はDMMが独占してるだけに
スポンサー絡みと言う話も考えにくい。

・・・あれこれ考えてみましたけど、
やっぱ双方が両極端に偏る理由はよくわかりません( ̄▽ ̄;)ゞ

ああ、ちなみにげっちゅでは投票ではなく
実際の売上本数による年間ランキングも発表してます。
これはアワードのような「プレイして面白かったかどうか」ではなく、
「売るための訴求力があるかどうか」って視点での順位になるワケですが
まぁ当然ですが、一番信用度の高いランキングな気がしますね(ノ∀`)
Comment

管理者にだけ表示を許可する