これは結構楽しめた | IWGB

これは結構楽しめた

2014.07.02.Wed.02:51
途中のプレイ記うpを一切放置して突貫プレイの結果
どうにか「サキガケ」をクリアしました。

前作「プリ◇コレ」と比較すると、笑えるシーンはキープしつつ
中だるみがなくなって全般的にかなり楽しめましたね。

各ヒロインの萌え描写もかなりハイレベルで
ニヨニヨが止まらないのはこっちもだ、とw

そして各ルートのクライマックスに通じるネタバレも
ルート間でブレがないように気を遣いつつ
各ヒロインの個性に沿った終わり方をしてたのは
前々作「カミカゼ」のようで完成度も高かったなと。

あとはエロシーンが1シーンずつが長い上に
用意されたイベントCGも1回で3~4枚あるのがさすがの一言。

個人的にクロシェット作品で一番高評価してるのは
「カミカゼ」なんですが、そこにだいぶ近づいた作品でしたね。

カミカゼ以上に感じたのはヒロイン同士の仲の良さを通じてのキャラ描写。
杏音と桜花、璃々子と友梨亜の描写はお互いの良さを引き出し合ってて
更にお話的な深みも出していたように思います。

と能書きはこんなところで恒例の採点表投下。
sakigake.gif

全体的なレベルの高さと完成度の高さはありましたけど
インパクトにはやや欠けた気がしたのでこんな感じに。

とりあえず、ちっぱいはおま○こネタ担当って流れができつつある気がしましたが
今回はソレの投下のタイミングが酷すぎて草

あとは璃々子の「いあ、いあ」って言葉がクセになりそうでしたけど
本人のルートではまったく聞かれなかったのはナゼだろう?w
Comment

管理者にだけ表示を許可する