更に絵が進化しとる(・∀・;) | IWGB

更に絵が進化しとる(・∀・;)

2017.05.31.Wed.03:12
「ネコぱらVol.3」終わりました。
(過去作の感想はコチラ→Vol.1Vol.2

いきなり絵の話からしてしまいますが、
もともと画質がハンパないクオリティにあった作品ですが
今回はエロシーンでのアニメの動かし方もかなり研究してきた印象。
単調というか若干機械的に思えた動きがだいぶ滑らかになって
おっぱいの揺れ方なんかもかなりエロくなったなぁと感じましたね。

画力・塗り・画質の時点でかなり抜けたクオリティしてましたが
同人作品で更にそこまで追求するのかと。
外注の背景は本来普通レベルなハズなんですが
そこがちとチープに見えてしまうくらい
キャラのデキがズバ抜けてましたね。

ということで、背景云々は承知の上で、
絵の評価は10を付けました。
や、改めてこの画質でこの動きは凄えなと。

で、シナリオその他ですが。

シリーズ作を追えば追うほど
製作の縛りがどんどんキツくなるように見える作品ですが
今回もよく乗り切ったなぁとw

今回ヒロインの2人を主役にしつつ、前2作の4人の見せ場というか
エロシーンも作らねばならないですからね。
それらを短い尺に収めきってる辺りホントさすがだな、と。

プレイ前はラスボスに近い存在だったメイプルのデレが
今作の最大の見せ場かな、と思ってたのですが
やってみると小倉さんの特性をめっさ活かした見せ場があったんですね。
そのチョイスも渋いとこつきつつ、上手いとこ落としたな、という印象。

それに加えて今回の歌はDucaさんということで
絵以外のとこでも更に予算を注ぎ込んで
どんどんクオリティアップを図ってるなぁ、と。

売れてるから出来る芸当なんでしょうけど、
このクオリティがあるから売れるんだ、
って側面もあると思うんですよね。
手を抜かない姿勢は素直に称えたいところ。

というところで採点表↓
nekopara3.jpg
ロープライス作品としては、ほぼ満点に近いとこまで来てるかなと。
シリーズを追う毎に目に見えて良化してますから
まぁここまで来るのも必然ではあったのですが。

次回作もあるとのことなので、
どこまで点数を伸ばすのか楽しみにしたいと思います。
Comment

管理者にだけ表示を許可する