想像以上に楽しめましたが、あともうちょいあれば | IWGB

想像以上に楽しめましたが、あともうちょいあれば

2017.06.17.Sat.23:00
数日前にクリアしていた「おじょます」の感想を。

ワケあって女装して女学園で寮生活を送る、
ってのはensembleの「乙女シリーズ」の定番ではありますが
この作品では主人公が裏社会の組織に属していることと
冒頭でいきなりメインヒロインとヤッてしまうところが
大きく違う点でしょうかw

また共通時点で4人のサブヒロインにもサービスシーンがあるなど
基本据え膳は迷わずいただく主人公なところは
ネクストンのブランドらしいところだなぁと。

ということで、エロ要素も強めに織り交ぜながら展開するお話なワケですが
ソレ以外の中身については丁寧な描写が光っていたように思います。

ヒロインのセリフや主人公の言動に説得力を持たせるような
具体的な描写が説明的にならないようにちりばめられていますので
サクサク読めつつ中身も伴った読後感でしたね。

各個別に分岐後も、ペコ・紅緒√では
「一度落としてからの上げ」という王道パターンながら
いずれもキャラの設定に合わせた飽きさせない展開で
かなり楽しめました。
この2√終了時点ではシナリオ8評価以上は堅いかな、
くらいには思ってました。

思ってたのですが。
個人的にラストに回したメインのアリカ√で
少し評価が落ちた感じです。
途中までは同様に楽しめたのですが、クライマックス後の展開が
それまでの丁寧さと打って変わってちと雑だったかなぁと。

そしてラストの着地点もルート途中で想像させた内容より
だいぶ手前で終わっちまったなぁ、という印象で。
ちょっとこの辺がガッカリで評価7に落ち着いた次第。

あとはやはり主人公のありすぎるスキルに
かなりご都合さは感じてしまいますね。

家事力・女子力の高さ、というのは
このテの作品の主人公の必須スキルではありますが
ソレに加えてことあるごとに「組織で訓練を受けていた」ということで
護衛でも武道でもなんでもパーフェクトにこなしちゃいますからね。

とは言え、マジメにいくところとユルくいくところの
メリハリが利いた作品なので
そこらの強めのデフォルメ設定も
ある程度薄まるところが上手いとこだったかなと。

もう1点気になるところがあるとすれば。
某個別でもう1人のサブにもHシーンがあるので
都合サブ5人にサービスシーンがあるというのに。
サブの中でも抜群のヴィジュアルを誇るりおんと千咲に
そのシーンがないのはなんででしょう?(´・ω・`)
特にりおんなんて中の人にわざわざS音様を配してますからね。

アリカ√が中途半端な終わり方だったことも含めて
これは続編かFD化前提だったのかなぁ、と
願望込みで都合良く解釈してますが、
これで打ち止めならかなり残念っすね。


続いて絵の方では。
キャラデザといい塗りといい
個人的にはかなりツボに来る絵柄でした。

若干ケツかフトモモのバランスが崩れるところがありましたが
そこはムチムチさを前面に押し出したからこそ生じたものだと思いますし、
ワタシ的にはむしろGJな描き方でした。

あとは下向いて垂れた時のおっぱいの描写が実に秀逸w
女性上位の時の破壊力はいずれもなかなかでしたねw

音については、中の人のボイスは安心して聴けましたし
さり気にBGMもレベル高かったので結構高評価です。

EDにヴォーカル曲がないところが意外でしたが、
そこに金掛けるなら絵やキャストに金掛けるわ、
というスタンスにも見えましたし、この作品の場合は
さほど気にならなかったですね。

そんなところで採点表投下↓
ojomasu.jpg
アリカ√が他√レベルにあれば余裕で90越えしてたと思います。
またりおん・千咲√があってもそこは越えたかなぁと。

アリカ√の終盤は
裏設定のいくつかをオープンさせただけに見えましたし、
千咲さんについては思わせぶりにしといて
ほとんどナゾなキャラのまま終わっていたので
これはきっと次の布石だ、と勝手に期待してますw

というかこのキャラとこの世界観とこの絵柄は
ここで終わらすには惜しい、というのが率直な印象です。
Comment

管理者にだけ表示を許可する