絵柄と違って結構硬派w | IWGB

絵柄と違って結構硬派w

2014.07.07.Mon.00:20
「ハーヴェストオーバーレイ」を終えました。
(ソレまでの感想記事はコチラ→1

ラスト縛りのゆうかルートでソレまでの伏線が
一気に回収される作りなので、
ラストまでのプレイは必須でしょうね。

なにせソレまでの3ルートが思った以上に硬派w
キャラデザは結構華やかなんですが、
お話はそれなりにシリアスな本筋を追うことに集中しすぎていて
各ヒロインの魅力を描こうという気があまりないように見受けられます。
おかげで絵以上にあまり萌えないというか。
故にちょっと物足りない印象もありまして。
まぁその本筋はそれなりにまとまってると思うんですけどね。

で、ラストのゆうかルートも萌え成分は結構薄め。
前作「あのオレ」からするとだいぶ方向転換したなぁ、と。
そして、クライマックスに向けてサブもゆうか以外のメインも
それぞれ見せ場を用意したのが良かったね、と。

これまであまりキャラの魅力を描写してこなかったのに
ここでそれをぶっ放しますか、とw
都子とマルヴィナの本気もなかなかのギャップ萌えでしたが
ローレライと澄は更においしいとこ持ってったなぁと。
澄自身のルートよりよっぽど魅力的に見えましたわ。

そんなキャラ達の後押しを受けて放った主人公のセリフも
平凡なゲーマーだからこそ説得力のある言葉で
そこは字面以上に熱い物を感じましたね。

そしてARモノでMMORPGをモチーフとした設定ながら、
その舞台は常に現実だったというその意味を
最後まで通したなぁ、という印象も持ちました。
ここはこれまで比較の対象としていた「サキガケ」にはない
大きな柱だと思います。

とここまで褒めてみましたが。

やっぱり萌え描写が少ないなーとw
そしてそれがためか、ヒロイン達の魅力を受ける側である
主人公も全然魅力的に見えないという事態にw

ここが一番もったいないと思ったところ。
あとはシナリオで引っかかったところもいくつか。

まず、冒頭も含めて人魚関連の描写がだいぶおざなり。
ソレ以外の伏線に関する描写はくどいくらいに丁寧なのに。
あれじゃ、過去の事故の原因もイマイチピンと来ない。

あと最大の疑問は共通のラスト近くの都子の言葉。
ゆうかを「ゆうちゃん」と呼んで他人の空似とした場面。
見た目は違いますし、この時点では「ゆうちゃん」はまだ登場してません。
似てるとした根拠はなんだったんでしょ?
ミスリード目的のセリフかと思いますが、
その回収ができてないように思いました。

絵は「あのオレ」同様。
エロシーンになると立ち絵のラインがだいぶ崩れるところが
また目立ちますね。
小町で顕著でしたが、ただでさえ丸い顔が更に丸くなって、
目というか瞼の描写は極端に線が減ってかなり雑に見えましたね。
この辺ももったいないなぁと。

とここまでgdgdぶちまけたところで恒例の採点表投下。
harvest.jpg
期待値=「キスアト」の80は遠かったw

や、マイン覚悟で臨んだら相当な良作に見えると思うんですがw
エロシーンの絵と、シナリオの萌え描写が及第点以上にあれば
たぶん70の壁を軽く突破して期待値以上も有り得たと思うんですけどねー。

ただまぁ前作「あのオレ」との比較なら相当に良化したと思います。
・・・こうなると別のラインですが「パサージュ」の取捨に悩みますな。
Comment

管理者にだけ表示を許可する